Translate(翻訳):

【ソフトバンクホークス】塚田正義と市川友也のホームラン2本、攝津正が粘投で大きい逆転勝利!【プロ野球交流戦試合結果(対読売ジャイアンツ(巨人)2回戦)】

シェアもして頂けると嬉しいです!

スポンサーリンク

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

前回の試合結果と振り返りは

下記から参照してください。

では、さっそく。

スポンサーリンク

試合結果

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 7 0
0 1 0 0 2 0 1 0 × 4 6 1

勝 : 攝津正(2勝1敗0S)

負 : 今村信貴(1勝1敗0S)

S : 森唯斗(0勝2敗14S)

【本塁打】

巨 : 岡本 11号(4回表ソロ)

ソ : 塚田 2号(2回裏ソロ)、市川 2号(5回裏2ラン)

【投手陣】

巨 : 今村(6 1/3回)、谷岡(2/3回)、森福(1回)

ソ : 攝津(5 2/3回)、嘉弥真(1/3回)、モイネロ(1回)、加治屋(1回)、森(1回)

【戦評】

2回裏にホークスは二死走者なしから塚田選手のソロホームランで1点を先制する。4回表にジャイアンツは一死走者なしから岡本選手のソロホームラン、二死二塁から陽選手のタイムリーヒットで2点を奪って逆転する。5回裏にホークスは一死一塁から市川選手の2ランホームランで2点を奪って逆転する。7回裏にホークスは一死三塁から上林選手のタイムリー内野安打で1点を追加する。ホークスは投手陣が粘りを見せて打線も要所で追加点を挙げて何とか逃げ切った。

試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

攝津投手は四球は3つありましたけど、

何とか粘りましたね。

陽選手に浴びたタイムリーは

できれば凌いでほしかったですけど、

6回途中2失点なら今の先発投手の中では

十分な内容ですね。

ただ、やはり球数が多いので

もう少しテンポ良く投げてもらえると

助かりますね。

次回はそこの部分を修正して

長いイニングも投げてくれると

よりいいピッチングになるので

交流戦明けも期待したいですね。

嘉弥真投手は打者一人に対して

ナイスピッチングでした。

モイネロ投手と加治屋投手は

共にピンチは作りましたけど、

何とか抑えてくれましたね。

モイネロ投手はストレートは切れてたし

いいボールを投げていました。

疲れているとは思いますが、

交流戦が終わればオールスターまでは

6連戦が全くないので

今週は頑張ってほしいですね。

加治屋投手もヒットは2本打たれましたが

守備にも助けられましたね。

何はともあれ無失点で抑えるのが

中継ぎ投手は大事なので、

次回はピンチを作らずに

無失点で抑えてほしいですね。

森投手は相変わらず劇場でしたが

勝ちきればOKです。

ただ、2点差でも安心できないのは

なかなか胃に悪いですね。

とはいえ、他に選択肢はないので

徐々にクローザーとしての経験を積んで

いいクローザーになってほしいですね。

野手陣

今日は市川選手の攻守に渡る活躍、

そして上林選手の効果的なスクイズと

8回のレーザービームですね。

9回にエラーはありましたけど

攻守に効果的な試合でした。

市川選手は盗塁も刺してくれましたし

逆転2ランホームランは恐れ入りました。

ファイターズ時代から長打力はありますが

本人も自画自賛の素晴らしい一発でした。

ここ最近リードで苦言を呈することが

多くなってはいますけど、

市川選手のリードというのは

今までのホークスの捕手にはいないタイプなので

見ていて新鮮ですし、

結構ハマっているんですよね。

バンデンハーク投手も

市川選手と組んだりしてましたし、

移籍してきた市川選手のリードは

もっと生かしていくべきですね。

改めてそういうのを感じた試合でした。

塚田選手の先制ホームランもお見事でした。

明日(6月14日)の予告先発

木曜日はヤフオクドームで18時から

ジャイアンツとの3回戦が

予定されています。

ホークスは石川柊太投手

ジャイアンツは鍬原拓也投手が予告先発です。

石川投手は前回のスワローズ戦では

7回2失点と好投しました。

ただ、その時はホームランを2本浴びて

もったいない失点の仕方でした。

石川投手はランナーを溜めて

痛打されるというよりは、

もったいない失点が多いので

ホームランや無駄な四球などは

注意して投げていってほしいですね。

試合は作ってくれるでしょうから

期待しています。

石川投手という人物については

下記記事を参照してください。

相手の予告先発は鍬原投手です。

鍬原投手はシンカーが決め球で

奪三振率も高い投手ですね。

勝ち星には恵まれてませんが、

いい投手という印象はあります。

ただ、やはり四球が多くて

それをきっかけに失点してるので、

ボールをよく見て甘い球を

好球必打でいきたいですね。

というわけで、今回は以上になります。

次回は明日の夜にホークスの記事は

更新しますのでお楽しみに!

では☆

PS.次回の試合の記事はこちら。