武岡龍世(八戸学院)はイケメン!?兄&彼女は?出身中学&読み方も公開!【ドラフトレポート情報局2019(高校生野手編)】

本日の人気セレクション

すみさん

おはこんばんちわ!

すみさんです。

今回は2019年のプロ野球ドラフト会議の注目選手一人一人を私なりの選手名鑑という形で書いていきますね。

前回の記事は下記から参照してください。

すみさん

今回は八戸学院光星高校武岡龍世選手について書いていきますね。

では、さっそく。

武岡龍世のプロフィール【名前(読み方),生年月日,出身,身長,体重など)

名前(読み方) : 武岡 龍世(たけおか りゅうせい)

生年月日 : 2001年5月28日

出身 : 徳島県鴨島町(現・吉野川市)

身長 : 178cm

体重 : 70kg

武岡選手は右投げ左打ち

内野手(遊撃手)です。

武岡龍世の経歴(小学校/中学校/高校)

武岡選手は小学校2年生から

軟式野球を始めています。

小学校6年生からは硬式野球チームの

「徳島ホークス」でプレーし、

全国大会優勝をしています。

中学は吉野川市立鴨島第一中学校に

進学しています。

中学時代は陸上部に所属していて、

100mで県大会2位の実績もあります。

中学1年生の夏には日本代表に選出されて、

カル・リプケン少年野球世界大会に出場し、

準優勝という結果を残しています。

高校は八戸学院光星に進学していますが、

ジャイアンツの坂本勇人選手に憧れて

入学をしたそうです。

1年春からショートでプレーしており、

八戸学院光星の仲井監督は

「こんな早い時期に1年生を試合で使うのはここ数年記憶がない」

と話していました。

1年夏こそベンチ外でしたけど、

トレーニングを重ねて

2年夏にはレギュラーを獲得しています。

2年夏の青森大会には2番ショートで、

チーム最多の12打点を挙げるなどして

2年ぶり9回目の優勝に貢献しています。

甲子園では、1回戦の明石商業高校戦で

5打数2安打2打点と活躍しました。

2年秋から主将に就任して、

その後の神宮大会でも活躍しています。

明治神宮大会は武岡選手にとって

非常に大きな経験となって今に至ります。

武岡龍世に彼女はいる?

武岡選手の彼女の情報については

特に情報はありませんでした。

武岡選手はイケメンな選手ですから、

人気はあるでしょうね。

いずれ彼女の情報が出たら追記しますね。

武岡龍世の兄

武岡選手には3歳年上の兄の大聖さんがいます。

大聖さんは徳島県の生光学園を卒業して、

その後は八戸学院大学でプレーしています。

大聖さんも同じくキャッチャーです。

大聖さんもいい選手だそうなので、

いずれはプロで競演できたらいいですね。

武岡龍世のスカウト評価

武岡選手のスカウト評価については、

以下のように各球団のスカウトが

コメントを出してくれています。

  • 中日の中田アマスカウトディレクター : 「バッティングに魅力がある。しっかり振れる」

すでにプロのスカウトも評価してるので、

これから更に評価を上げてほしいですね。

武岡龍世に一言

武岡選手は50m5秒9の俊足で

遠投も110mを誇る選手です。

バッティングも広角に打ち分けるので、

走攻守揃った遊撃手ですね。

プロ注目の内野手なのは間違いないので、

獲得したい球団はあるでしょう。

甲子園で活躍をしてもらって

更に名前を広げていってほしいですね。

全然一言ではありませんでしたね(苦笑)

※追記

武岡選手のプロ入り後については、

こちらからご覧ください。

次回のドラフト注目選手は…

すみさん

今回は八戸学院光星高校の武岡龍世選手について書きました。

佑唯ちゃん

次回は横浜高校小泉龍之介選手について書きますのでお楽しみに♪

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。