笹川晃平(東京ガス)の出身中学&高校は?彼女&身長なども公開!【ドラフトレポート情報局2019(社会人野手編)】

本日の人気セレクション

すみさん

おはこんばんちわ!

すみさんです。

今回は2019年のプロ野球ドラフト会議の注目選手一人一人を私なりの選手名鑑という形で書いていきますね。

前回の記事は下記から参照してください。

すみさん

今回は東京ガス笹川晃平選手について書いていきますね。

では、さっそく。

笹川晃平のプロフィール【名前(読み方),生年月日,出身,身長,体重など)

名前(読み方) : 笹川 晃平(ささがわ こうへい)

生年月日 :

出身 : 茨城県古河市

身長 : 182cm

体重 : 86kg

笹川選手は右投げ右打ち外野手です。

笹川晃平の経歴(出身小学校,中学校,高校,大学,東京ガス)

笹川選手は諸川小学校出身で、

2年生の時から軟式野球を始めました。

三和北中学校時代は

「小山ボーイズ」に所属しており、

3年春に外野手兼投手として

関東大会優勝を果たしています。

浦和学院では1年秋から

背番号18でベンチ入りしています。

2年春の選抜でライトのレギュラーとして

初戦の鹿実戦でヒットも打ちました。

2年秋からは4番としてチームを引っ張り、

打率.395、1本塁打、14打点の活躍で

神宮大会まで進出しています。

3年春の選抜では

ベスト8入りを果たしています。

3年夏の甲子園大会では、

打率.538、2本塁打の活躍で

プロからも注目される存在になりました。

ただ、プロ志望届は提出せずに

東洋大学に進学しました。

東洋大学進学後は

1年春から2部リーグ戦に出場しています。

2年生でU-21代表メンバーに選出され、

11月にIBAFワールドカップに

出場しています。

2年のオフ期間に左股関節唇の手術をし、

3年春から4年春にかけては

活躍ができませんでした。

その後、4年秋には

打率.417、3本塁打、11打点で

二冠王とベストナインに輝きました。

大学時代は通算101試合で、

打率.287、104安打、

12本塁打、48打点、5盗塁。

東京ガスでは1年目から

ベンチ入りを果たしています。

1年目から4番としてレギュラーで

31試合で打率.268、33安打、4本塁打と

結果を残しました。

国際大会には2017年のアジア選手権、

2018年のジャカルタアジア大会に

それぞれ出場しています。


笹川晃平に彼女はいる?

笹川選手の彼女の情報については

特に情報はありませんでした。

笹川選手の彼女の情報については

情報が出たら追記しますね。

笹川晃平のスカウト評価

笹川選手のスカウト評価については、

以下のように各球団のスカウトが

コメントを出してくれています。

  • オリックスバファローズの中川隆治アマスカウトグループ長 : 「ホームランバッターになれる可能性があります。大学の時から評価していましたし、社会人でも順調に伸びています」
  • 広島東洋カープの苑田聡彦スカウト統括部長 : 「即戦力になりうる外野手です。社会人で打撃も守備も実にのびのびとプレーできるようになりました。ここまで社会人で伸びる野手は珍しいと感じています」
  • ヤクルトスワローズの橿渕聡スカウトグループデスク : 「彼の売りは勝負強さになりますかね。厳しい言い方をすると、特徴がない外野手。10段階評価で6ばかりのイメージです」

厳しい言い方もありますけど、

スカウト評価も上々ではあるので

ドラフトでの指名に期待ですね。

笹川晃平に一言

笹川選手は三拍子揃った選手で、

50m6秒1、遠投120mの強肩も売りです。

バッティングでは逆方向に

強い打球を打てるのも魅力ですね。

少なくとも俊足で強肩というのは

天性な部分もありますから、

これだけでも欲しい球団は

十分にありそうです。

ドラフトで指名された場合には、

今後の成長と活躍にも期待ですね。

全然一言ではありませんでしたね(苦笑)

次回のドラフト注目選手は…

すみさん

今回は東京ガスの笹川晃平選手について書きました。

佑唯ちゃん

次回はJR西日本佐藤直樹選手について書きますのでお楽しみに♪

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。