遠藤成(東海大相模)はイケメン!?父&母は?読み方&出身中学も公開!【ドラフトレポート情報局2019(高校生野手編)】

本日の人気セレクション

すみさん

おはこんばんちわ!

すみさんです。

今回は2019年のプロ野球ドラフト会議の注目選手一人一人を私なりの選手名鑑という形で書いていきますね。

前回の記事は下記から参照してください。

すみさん

今回は東海大相模高校遠藤成選手について書いていきますね。

では、さっそく。

遠藤成のプロフィール【名前(読み方),生年月日,出身,身長,体重など)

名前(読み方) : 遠藤 成(えんどう じょう)

生年月日 :

出身 : 秋田県にかほ市

身長 : 178cm

体重 : 82kg

遠藤選手は右投げ左打ち内野手です。

遠藤成の経歴(出身小学校,中学校,高校)

遠藤選手は平沢小学校出身で、

3年生の時に軟式野球を始めました。

仁賀保中学校時代には

「本荘由利シニア」に所属していました。

東海大相模では1年春から

控えとしてベンチ入りしています。

1年秋の地区予選の大和戦では

投手としてデビューをしており、

2年春の選抜初戦の聖光戦では

打者1人を抑えています。

2年夏前に右手指骨折がありましたが、

秋季大会からは1番サードとして

出場を果たしています。

3年春の大会では背番号6番で

ショートで出場をしており、

主に3番と5番を打ち

県大会と関東大会優勝を果たしました。

3年夏の予選では主にショートで、

投手としては2試合の登板でした。

甲子園大会では背番号6番で

野手として出場をしています。

その後はU-18の代表に選出されるも、

打率.188と苦しみました。


遠藤成の家族(父親,母親)

遠藤選手のお父さんは野球経験者で、

2018年の夏の甲子園準優勝の

金足農業高校のOBでした。

遠藤選手のお父さんは元投手として

活躍をしましたが、

ベスト8で敗退をしています。

その後は社会人野球のTDKで

プレーもしました。

遠藤選手は秋田県出身ということで、

東海大相模では寮生活でした。

秋田から出てきたこともあり、

わずか数週間でお母さんの携帯には

「ホームシック」と

メッセージがきたそうです。

それでもお母さんはあえて、

「自分の選んだ道でしょ。」

と送り励ましたそうです。

今プロから注目されるようになったのも、

お母さんの支えも大きかったでしょうね。

遠藤成に彼女はいる?

遠藤選手の彼女の情報については

特に情報はありませんでした。

遠藤選手はイケメンと言われる選手なので、

女子からの人気はありそうですね。

遠藤選手の彼女の情報については

情報が出たら追記しますね。

遠藤成のスカウト評価

遠藤選手のスカウト評価については、

以下のように各球団のスカウトが

コメントを出してくれています。

  • 巨人の長谷川スカウト部長 : 「W杯という舞台で、タイミングが合ったら積極的に振っていけるのは、打者として大事なこと。金属(バット)とスイング軌道もそんなに変わらない」
  • 中日ドラゴンズの中田宗男アマスカウトディレクター : 「強豪校でショートを任されているということで、野球センスが光る。ズバ抜けた部分はないにしても、攻守走でバランスが取れているのでドラフト対象になるということです」

スカウト評価も上々ですから、

ドラフトでの指名にも期待ですね。

遠藤成に一言

遠藤選手は強肩強打の野手で、

ポジションは主にショートで

サードも守れる選手です。

高校通算45本塁打と実績もあります。

投手として見ると、主な球種は、

  • ストレート(最速145km)
  • スライダー
  • フォーク
  • カーブ

このようになっています。

プロからは野手として評価されてるので、

ドラフトで指名された場合には

今後の成長と活躍に期待ですね。

全然一言ではありませんでしたね(苦笑)

次回のドラフト注目選手は…

すみさん

今回は東海大相模高校の遠藤成選手について書きました。

佑唯ちゃん

次回はまた注目選手が出てきたら書きますのでお楽しみに♪

では☆