津森宥紀(東北福祉大)のフォームや球種は?彼女やスカウト評価も公開!【ドラフトレポート情報局2019(大学生投手編)】

すみさん

おはこんばんちわ!

すみさんです。

今回は2019年のプロ野球ドラフト会議の注目選手一人一人を私なりの選手名鑑という形で書いていきますね。

前回の記事は下記から参照してください。

すみさん

今回は東北福祉大学津森宥紀投手について書いていきますね。

では、さっそく。

津森宥紀のプロフィール【名前(読み方),生年月日,出身,身長,体重など)

名前(読み方) : 津森 宥紀(つもり ゆうき)

生年月日 : 1998年1月21日

出身 : 和歌山県和歌山市

身長 : 177cm

体重 : 80kg

津森投手は右投げ右打ち投手です。

津森宥紀の経歴(小学校/中学校/高校(和歌山東)/大学)

津森投手は父親の影響で

小学3年生から「楠見野球スポーツ少年団」

軟式野球を始めています。

中学生になってからは

「和歌山ビクトリーズ」でプレーしており、

3年の夏には全国大会に出場しています。

高校は県立和歌山東高校に進学しており、

和歌山東高校の野球部は創部4年目という

実績のない若いチームでした。

津森投手はチームのエースとして

2年秋の和歌山県大会準優勝に導き、

初の近畿大会出場も果たしています。

近畿大会では初戦で8失点完投負けでした。

3年では打球が直撃したことで

右腕の上腕二頭筋を断裂するという

全治1ヶ月半の大怪我も経験しています。

その後、3年夏になって復活をして

和歌山県大会の初戦で完投勝利を挙げましたが、

3回戦で敗れ甲子園出場は叶いませんでした。

大学に進学してからは、

先発や中継ぎとして活躍をしています。

大学3年の春には開幕前に

右手指はく離骨折をしてしまうなどしましたが、

復帰をしてチームの優勝に貢献しています。

その後の全日本大学野球選手権では、

18 2/3回を被安打6無失点で抑えて

チームの優勝に貢献しています。

全日本大学野球選手権では

最優秀投手を獲得する活躍でした。

津森宥紀に彼女はいる?

津森投手の彼女の情報については

特に情報はありませんでした。

大学生なので彼女がいる可能性もありますが、

現状は情報がないので

情報が出たら追記しますね。

津森宥紀のフォームや球種

津森投手の球種としては、

  • ストレート(最速149km)
  • スライダー
  • カーブ
  • シンカー

このようになっています。

フォームはサイドスローなので

球速は速い方ですね。

津森投手のフォームの動画はこちら

サイドスロー特有のシュートするストレートが

最大の武器の投手です。

津森宥紀のスカウト評価

津森投手のスカウト評価については、

以下のようにマリーンズのスカウトが

コメントを出してくれています。

  • 千葉ロッテマリーンズのスカウト : 「サイドからの直球の伸び、変化球のキレは変わらずよかった。長く放っても(ボールが)ブレない」「ブルペンで球がバラついても、マウンドでしっかり結果を出す修正能力もあった」「あとは左打者対策がしっかりできれば。サイドスローは重宝する。来年のドラフト上位候補」

プロからも注目をされているので、

今年のドラフトが楽しみですね。

津森宥紀に一言

津森投手はサイドスローの投手で

なかなか重宝されるタイプの投手です。

マリーンズのスカウトが語っているように

左打者への対策が鍵になってくるので、

そこが課題でしょうね。

今のプロ野球ではサイドスローは

だいぶ少なくなってきているので、

サイドスローというだけでも

かなり大きな武器になります。

プロからも評価をされていますから、

今年更に活躍をして

ドラフトで上位指名されてほしいですね。

全然一言ではありませんでしたね(苦笑)

※追記

プロ入り後については、

こちらからご覧ください。

次回のドラフト注目選手は…

すみさん

今回は東北福祉大学の津森宥紀投手について書きました。

佑唯ちゃん

次回は創価大学杉山晃基投手について書きますのでお楽しみに♪

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。