勝俣翔貴(国際武道大)の彼女&現在は?経歴&出身高校なども公開!【ドラフトレポート情報局2019(大学生野手編)】

すみさん

おはこんばんちわ!

すみさんです。

今回は2019年のプロ野球ドラフト会議の注目選手一人一人を私なりの選手名鑑という形で書いていきますね。

前回の記事は下記から参照してください。

すみさん

今回は国際武道大学勝俣翔貴選手について書いていきますね。

では、さっそく。

勝俣翔貴のプロフィール【名前(読み方),生年月日,出身,身長,体重など)

名前(読み方) : 勝俣 翔貴(かつまた しょうき)

生年月日 : 1997年7月20日

出身 : 神奈川県箱根町

身長 : 180cm

体重 : 80kg

勝俣選手は右投げ左打ち内野手(三塁手)です。

勝俣翔貴の経歴(小学校/中学校/高校(東海大菅生)/大学)と成績

勝俣選手は小学1年生から

「箱根フリッパーズ」で投手と遊撃手として

プレーしていました。

中学時代は「小田原足柄シニア」で

4番でエースでした。

登板しない日は一塁手としても

出場もしていました。

高校は東海大菅生高校に進学して、

1年夏の西東京大会からベンチ入りしています。

この時は3番ファーストで出場し、

成績は17打数8安打、打率.471、3打点

大活躍でした。

2年夏の西東京大会は4番ファーストで出場し、

成績は23打数12安打、打率.522

結果を残しています。

2年生秋からはエースを任されており、

2年秋の東京都大会で優勝を果たし

明治神宮大会でもベスト4入りを達成しました。

3年春のセンバツでは1回戦で

大阪桐蔭と対戦して、

3 1/3回を6失点でKOされています。

ただ、打者としての評価は高く、

その後のU-18では、

ライトとファーストとして出場して

22打数で12安打、打率.545、12打点の大活躍で

首位打者打点王ベストナイン

獲得しています。

大学に進学してからは、

1年秋のリーグ戦で三塁手としてベストナイン

2年春のリーグ戦では

打率.405、2本塁打、9打点の成績で

首位打者ベストナインを獲得しています。

3年生では日本代表に選ばれるなど

これまでの成績や実績は素晴らしい選手ですね。

勝俣翔貴はなぜドラフトで指名漏れ?

勝俣選手は高校3年の時に

指名漏れを経験しています。

勝俣選手の条件として、

「2位以上でプロ、3位以下なら大学進学」

という条件があったこともあり

指名漏れとなってしまいました。

個人的にはもったいない気もしますが、

「大学で自分を磨けるだけ磨いて、

4年後にはドラフト1位で指名される選手になっていたい」

と勝俣選手が語っていますから、

今年のドラフトは楽しみですね。

勝俣翔貴に彼女はいる?

勝俣選手の彼女の情報については

特に情報はありませんでした。

大学生なので彼女はいる可能性はありますが、

現状は情報がないので

情報が出たら追記していきますね。

勝俣翔貴のスカウト評価

勝俣選手のスカウト評価については、

まだコメントがありません。

今後活躍を続けていって

もっと評価されるようになることを

期待ですね。

勝俣翔貴に一言

まだ注目はあまりされていないですが、

左の強打者の三塁手ですね。

これで50mも5秒6の俊足ですから、

足も使えるタイプです。

個人的には高卒でプロに行けたでしょうが、

条件をつけて大学進学を選んだのは

もったいないと思いますね。

正直、大学とプロでは同じ4年間でも

全然中身が違いますから。

とはいえ、大学進学をして

しっかり成績を残してきている選手なので、

ドラフトまでにどこまで評価を上げるか

楽しみですね。

全然一言ではありませんでしたね(苦笑)

※追記

プロ入り後については、

こちらからご覧ください。

次回のドラフト注目選手は…

すみさん

今回は国際武道大学の勝俣翔貴選手について書きました。

佑唯ちゃん

次回は慶応義塾大学郡司裕也選手について書きますのでお楽しみに♪

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。