郡司裕也(慶応)の彼女&兄弟は?経歴(出身中学&高校)なども公開!【ドラフトレポート情報局2019(大学生野手編)】

本日の人気セレクション

すみさん

おはこんばんちわ!

すみさんです。

今回は2019年のプロ野球ドラフト会議の注目選手一人一人を私なりの選手名鑑という形で書いていきますね。

前回の記事は下記から参照してください。

すみさん

今回は慶應義塾大学郡司裕也選手について書いていきますね。

では、さっそく。

郡司裕也のプロフィール【名前(読み方),生年月日,出身,身長,体重など)

名前(読み方) : 郡司 裕也(ぐんじ ゆうや)

生年月日 : 1997年12月27日

出身 : 千葉県市原市

身長 : 180cm

体重 : 83kg

郡司選手は右投げ右打ち捕手です。

郡司裕也の経歴(小学校/中学/高校/大学)や成績と兄

郡司選手の小学校は

千葉県市原市立水の江小学校でした。

郡司選手は兄の影響で

小学2年生から「ちはら台ファイターズ」で

軟式野球を始めています。

中学校は千葉県市原市ちはら台南中学校で、

中学時代は「千葉市シニア」で

プレーしていました。

3年では日本リトルシニア全国選抜野球大会で

日本一を達成しています。

この大会では捕手で3番で主将という立場で

活躍をしており、

ベストナインも獲得しています。

郡司選手には7歳年上の兄がいて、

兄の拓也さんは慶應義塾高校で

外野手と投手をしていました。

兄の拓也さんに憧れはあったものの、

結果は不合格で仙台育英高校に進学しています。

仙台育英高校では1年からベンチ入りをし、

2年秋からは正捕手となっています。

同級生の佐藤世那投手(元オリックス)や

平沢大河選手(現ロッテ)らと共にプレーし、

  • 東北大会優勝
  • 明治神宮大会を優勝し日本一

それぞれの成績を残しています。

その後はU-18で日本代表に選出されて

準優勝を達成しています。

大学では1年春から正捕手で

リーグ戦にも出場しています。

3年の時には秋と春には

リーグ戦2連覇を達成しており、

夏には世界大学野球選手権大会で優勝して

世界一にも輝いています。

実績に関しては申し分ない選手ですね。

郡司裕也に彼女はいる?

郡司選手の彼女の情報については

情報はありませんでした。

大学生なので彼女がいる可能性もありますが、

現状は情報がないので

情報が出たら追記しますね。

郡司裕也のスカウト評価

郡司選手のスカウト評価については、

まだコメントがありません。

まだまだ注目度は低い選手ですが、

ドラフトまでに活躍をして

もっと評価を上げていってほしいですね。

郡司裕也に一言

郡司選手は遠投は100mの強肩捕手です。

打撃も勝負強い打撃を持っていて

大学でも4番を任されていますね。

強肩というのは捕手では

重視する部分になります。

リード面などは磨くことはできても

肩はなかなか天性な部分がありますからね。

打撃の方でもすでに4番を任されていて

経験や実績も豊富な選手ですから、

捕手不足のチームは欲しい選手ですね。

今年は高校生投手に目が行きがちで

まだまだ大学生捕手は評価が低いので、

これからの活躍で

更にアピールをしてほしいですね。

全然一言ではありませんでしたね(苦笑)

次回のドラフト注目選手は…

すみさん

今回は慶應義塾大学の郡司裕也選手について書きました。

佑唯ちゃん

次回は立教大学藤野隼大選手について書きますのでお楽しみに♪

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。