東妻純平(智弁和歌山)の中学や兄(東妻勇輔)は?彼女や肩(動画)も公開!【ドラフト会議2019注目選手(高校生編)】

すみさん

おはこんばんちわ!

すみさんです。

今回は2019年のプロ野球ドラフト会議の注目選手一人一人を私なりの選手名鑑という形で書いていきますね。

前回の記事は下記から参照してください。

すみさん

今回は智弁和歌山高校東妻純平選手について書いていきますね。

では、さっそく。

東妻純平のプロフィール【名前(読み方),出身,身長,体重など)

名前(読み方) : 東妻 純平(あづま じゅんぺい)

出身 : 和歌山県和歌山市

身長 : 172cm

体重 : 74kg

東妻選手は右投げ右打ち捕手です。

東妻純平の経歴(小学校/中学校/高校)

東妻選手は小学1年生から

軟式野球を始めています。

中学は和歌山市立紀伊中学校に入学し、

中学時代は、「紀州ボーイズ」で

主に遊撃手としてプレーしていました。

中学3年の春には全国大会にも出場しています。

智弁和歌山高校では高嶋仁監督の進めで

遠投125mの強肩を活かすために

捕手に転向しました。

1年夏の和歌山大会からベンチ入りして、

県大会で優勝し

甲子園でも2回戦まで進んでいます。

1年秋の和歌山県大会からは正捕手で、

  • 秋の和歌山県大会優勝
  • 近畿大会準優勝
  • 個人で計11試合で17安打、打率.500、8打点

このような大活躍をしました。

高校2年のセンバツでも打率.316、5打点

チームの準優勝に大きく貢献しています。

2年の夏こそ甲子園の初戦で敗退ですが、

たしかな強肩と打撃でチームを引っ張る

扇の要ですね。

東妻純平の兄(東妻勇輔)

東妻選手には5歳年上の兄がいて、

元日本体育大学の東妻勇輔投手です。

2018年のドラフトでマリーンズに

2位指名をされてプロ入りしました。

東妻勇輔投手がいた日本体育大学は

2017年に明治神宮大会の大学の部で

優勝をしています。

「プロでの兄弟バッテリーを組むこと」

これが東妻純平選手の夢だそうなので、

今年甲子園で活躍をして

まずはプロ入りを達成したいですね。

東妻純平に彼女はいる?

東妻選手の彼女の情報については

特に情報はありませんでした。

現状は情報がないので

情報が出たら追記していきますね。

東妻純平のスカウト評価

東妻選手のスカウト評価については、

コメントがありません。

まだ注目度がそこまで高くないですから、

今年の甲子園で活躍をして

スカウト評価を上げてほしいですね。

東妻純平に一言

まだ注目度はあまり高くないみたいですが、

遠投125mはすごいです。

東妻選手の動画はこちら

プロでもなかなかこの肩の強さはいません。

強肩で且つ強打の捕手ですから、

欲しい球団は絶対にあるでしょうね。

ホークスの甲斐選手がそうですけど、

強肩というだけでチームを救えますから。

リードとかキャッチングとかは

プロ入りしてから練習すればいいし、

バッティングも慣れればいいので

強肩というのはポイント高いです。

去年は「甲斐キャノン」がブレイクしたので、

甲子園では東妻選手の強肩も

見せてもらいたいですね。

そして、ドラフトの時には

もっと注目の選手になることを期待しています。

全然一言ではありませんでしたね(苦笑)

次回のドラフト注目選手は…

すみさん

今回は智弁和歌山高校の東妻純平選手について書きました。

佑唯ちゃん

次回は桐蔭学園森敬斗選手について書きますのでお楽しみに♪

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。

人気の関連記事(一部広告)