Translate(翻訳):

大竹耕太郎が6回1失点と好投も森唯斗が打たれて敗戦。打線は上林誠知や中村晃、今宮健太など拙攻の連続で連勝ストップで借金1。【プロ野球試合結果(ソフトバンクホークス対日本ハムファイターズ18回戦)】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

今回は私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

前回の試合結果と振り返りは

下記から参照してください。

では、さっそく。

試合結果

123456789
000010002380
001000000191

勝 : トンキン(4勝2敗12S)

負 : 森唯斗(1勝4敗19S)

S : 浦野博司(2勝1敗4S)

【本塁打】

日 : アルシア 12号(5回表ソロ)

ソ : 牧原 3号(3回裏ソロ)

【投手陣】

日 : マルティネス(6回)、宮西(1回)、トンキン(1回)、浦野(1回)

ソ : 大竹(6回)、スアレス(1回)、加治屋(1回)、森(2/3回)、嘉弥真(1/3回)

【戦評】

3回裏にホークスは無死走者なしから牧原選手のソロホームランで1点を先制する。5回表にファイターズは無死走者なしからアルシア選手のソロホームランで同点に追いつく。9回表にファイターズは一死満塁から田中選手の2点タイムリーヒットで勝ち越す。ホークスは打線がチャンスを生かせず森投手が打たれてまた借金生活となった。

試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

大竹投手は6回1失点と試合を作りました。

勝ち星は付きませんでしたけど

十分な内容でした。

今日は前回よりは制球が甘くて

相手に助けられた感はありました。

それでも初対戦ということと

持ち前の投球で試合を作ってくれて

ルーキーとは思えない内容でした。

大竹投手に関しては全てが経験なので

今日は勝ち星はつきませんでしたけど、

これからどんどん先発で投げてもらって

勝てる投球を覚えていってほしいですね。

スアレス投手は2016年以来の登板でしたが

ナイスピッチングでした。

同点の場面で今季初登板でしたが

少し心配はありましたけど、

さすがのピッチングでした。

四球は一つありましたけど、

あの速球と落ちるボールは

かなりチームにとって大きいですね。

非常に心強い投手が戻ってきたので

これから戦力になってほしいですね。

加治屋投手は同点の8回で上位打線相手に

三者凡退はお見事でした。

西川選手に粘られても打ち取る辺りは

今年たくさん登板してきた自信も

あるんでしょうね。

スアレス投手が復帰したことで

より中継ぎ投手陣は充実してきたので、

加治屋投手も少し心に余裕を持って

これからも投げていってほしいですね。

森投手は久しぶりに打たれましたね。

代役でクローザーをやってる状況ですし、

ファイターズ戦は元々苦手ですからね。

やはりメンタルや球種的にも

抑え向きのタイプではないですからね。

今年はもうしょうがないので

この経験を来年以降に生かしてほしいですね。

嘉弥真投手は打者一人を抑えて

ナイスピッチングでした。

野手陣

今日は森投手が打たれたことよりは

打線の方が問題でしたね。

ただ、これはもう今年は変わらないので

あまりとやかく言いません。

あれだけチャンスを作りながら同点で

森投手を送り出すようでは

勝ち越されるのはわかってましたから。

大竹投手の落ち着きぶりを

もっと野手が感じ取ってほしいですが、

今年は多くは求めません。

残りのシーズンは私個人としては

3位に入らなくてもいいと思いますが、

チームとしてはそうはいかないでしょうから

まぁ、頑張ってください。

明日(8月12日)の予告先発

日曜日はヤフオクドームで13時から

ファイターズとの19回戦が

予定されています。

ホークスは松本裕樹投手

ファイターズは高梨裕稔投手が予告先発です。

松本投手は前回のバファローズ戦で

7回1失点と好投しました。

前回は無四球のピッチングで

唯一ホームランは打たれましたが、

試合を作る投球を見せてくれました。

決め球にはまだ課題がありますが

試合を作る能力は見せてくれたので、

明日の試合でも自分の投球をして

試合を作ってほしいですね。

松本投手という人物については

下記記事を参照してください。

相手の予告先発は高梨投手です。

高梨投手自身の調子が悪いので

打線は早めに攻略したいところです。

高梨投手自身は5回や6回に

いつも崩れている投手なので、

そのイニングはもちろんですが

早めに捉えて攻略したいところですね。

前回は松本投手に援護がなかったので

今季初白星を付けてあげるためにも

打線は奮起してほしいですね。

高梨投手という人物については

下記記事を参照してください。

というわけで、今回は以上になります。

次回また試合を観れた際に更新しますので

お楽しみに!

私的ホークスの選手名鑑一覧はこちら。

では☆

PS.次回の試合の記事はこちら。