Translate(翻訳):

【2018プロ野球】阪神タイガースの戦力分析(先発ローテーション予想)【セリーグ】

シェアもして頂けると嬉しいです!

スポンサーリンク

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は阪神タイガースの投手陣の

戦力分析を行っていきたいと思います。

他球団の戦力分析が気になるという場合は

下記記事から参照してください。

では、さっそく。

タイガースの先発投手陣の戦力分析

まずは、予想される先発投手陣の選手たちを

昨年の成績を含めて載せていきますね。

(◎は当確、○は候補)

◎メッセンジャー(22試合 143回 防御率2.39 11勝5敗)

◎秋山拓巳(25試合 159 1/3回 防御率2.99 12勝6敗)

◎能見篤史(23試合 128 1/3回 防御率3.72 6勝6敗)

○藤浪晋太郎(11試合 59回 防御率4.12 3勝5敗)

○岩貞祐太(18試合 98回 防御率4.96 5勝10敗)

○岩崎優(66試合 71 2/3回 防御率2.39 4勝1敗15H)

○小野泰己(15試合 78 2/3回 防御率4.35 2勝7敗)

○青柳晃洋(12試合 64 1/3回 防御率3.22 4勝4敗)

○才木浩人(2試合 2 2/3回 防御率0.00 0勝0敗1H)

こんな感じだと思います。

私のタイガースの投手陣に関する見解を

書いていきますね。

タイガースの先発投手陣の評価

先発投手陣に関しては、

先発当確投手、候補投手について

それぞれ書いていきたいと思います。

先発ローテーション当確投手

まずは、ピンク字で書いた3選手についてです。

メッセンジャー投手、秋山投手、能見投手

この3投手に関しては

すでに開幕ローテ入りが名言されています。

メッセンジャー投手は現在ノースロー調整で

開幕投手が若干危ないとはいえ、

間違いなくエース投手であり大黒柱です。

秋山投手も昨年12勝で四球が

規定投球回に到達した投手の中で

最も少ないとコントロールも売りにして

ブレイクしました。

当然今年も同じくらいの勝ち星の計算をするので

ローテ入りは当然ですね。

能見投手はここ数年は不安定ですが、

タイガースの元エース投手で数少ない左腕なので

ローテ入りは当然だと思います。

経験豊富な投手ですし、

やはりある程度は計算できますからね。

先発ローテーション候補投手

私が思うに、今年のタイガースの場合は

候補投手が多すぎるのが悩みですね。

あえて穴場投手は設けずに

全員候補投手にしたのは、

どの投手も期待値が非常に高いからです。

その中でも候補投手でいられちゃ困るのが

藤浪投手ですよね。

高卒から3年連続で2桁勝利で

誰もがタイガースのエースになる

そう確信してた投手が

ここ2年は不調で成績を残せていません。

昨年はイップスのような症状が見られ

不安ではありましたが、

今年は映像を見る限りは

だいぶ問題はなくなってきたと思います。

元々ストライクを普通に投げれば

なかなか打たれないボールを持ってるので、

今年は恐れずに打者と勝負をして

一年間投げ抜いてほしいですね。

そういう意味では岩貞投手も同じで

昨年は不調でしたね。

岩貞投手は勝負どころのコントロールが甘く

飛翔しているケースをよく見ました。

一発病を治すためにも低めにボールを集めて

丁寧且つ大胆な投球をしてほしいですね。

岩崎投手は昨年は中継ぎでしたけど、

ルーキーイヤーは先発もやっていて

そこそこ結果を残していました。

中継ぎで実績を十分に残したと思うので

今年は手薄な先発左腕の一角として

働いてくれたらと思いますね。

正直、一年間先発ローテを守れば

二桁は余裕で勝てる投手ですからね。

小野選手はルーキーながら

金本監督に抜擢をされて1軍での経験を

昨年は積むことができました。

なかなか援護に恵まれないこともありますが

長いイニングを投げることを心がけて

今年は更なる飛躍を期待ですね。

青柳投手はボールがどうこうよりは

フィールディングの部分ですね。

四球で出した後のバント処理や牽制で

自分から崩れているイメージがあるので

そこの部分の課題克服が先決ですね。

サイドスローでかなり速い速球を投げるので

課題が克服できたら十分活躍できるはずです。

才木投手は高卒2年目の投手ですが、

今年は金本監督の期待が非常に高いです。

150kmを超えるストレートを持っていて

投げっぷりの良さがあるみたいですね。

小野投手と同じように好きなタイプですが、

オープン戦のアピール次第では

高卒2年目ではありますが十分に

開幕ローテ入りはあると思いますね。

タイガースの中継ぎ投手陣

ここまではタイガースの先発投手陣について

書いてきました。

次回はタイガースの中継ぎ投手陣について

書いていきたいと思います。

私的タイガースの選手名鑑一覧はこちら。

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。