【ヤクルトスワローズ2018】中継ぎ投手の戦力分析や予想と手薄な左腕【セリーグ】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

今回は東京ヤクルトスワローズの

戦力分析の中継ぎ投手編ということで

書いていきたいと思います。

前回の記事は下記から参照してくださいね。

では、さっそく。

スワローズの中継ぎ投手陣の分析

まずは、昨年の成績を含めて

今年予想される中継ぎ投手陣を

書いていきたいと思います。

(☆はクローザー、◎は勝ちパターン、○は接戦時、△は中継ぎ候補)

☆秋吉亮(43試合 43回 防御率3.35 5勝6敗15H10S)

◎石山泰稚(66試合 68 1/3回 防御率3.03 3勝6敗27H)

◎カラシティー(2018年新外国人)

○近藤一樹(54試合 55 1/3回 防御率4.72 2勝4敗16H1S)

○松岡健一(37試合 33 1/3回 防御率3.51 0勝1敗8H)

○中澤雅人(28試合 26 1/3回 防御率4.10 0勝0敗0H)

○村中恭兵(13試合 14 2/3回 防御率3.07 0勝0敗0H)

△久古健太郎(6試合 1 2/3回 防御率27.00 0勝0敗1H)

中継ぎ投手陣は

基本的にこんな感じだと思います。

これらを踏まえて中継ぎ投手陣の評価を

していきたいと思います。

スワローズの中継ぎ投手陣の評価

勝ちパターン以上の投手たちと

接戦時などで投げる投手たちに分けて

書いていきたいと思います。

勝ちパターン以上の投手の評価

まず秋吉投手に関してですが、

一番安定している投手ですね。

現状はクローザーだと思いますが、

カラシティー投手の調子次第では

入れ替えていいと思います。

私個人の考えとしては

秋吉投手はセットアッパー向きなのでね。

石山投手は昨年はよく投げました。

チームの中継ぎ陣が厳しい中

頑張っていたと思います。

今年も厳しいことに変わりはないですが

7~8回を安定して任されると思います。

カラシティー投手に関しては

現状は7回や8回だとは思いますが、

シーズン序盤で安定していると判断できれば

クローザーで使いたいタイプですね。

そうすると秋吉投手を中継ぎにできるので

少し勝ちパターンが強くなりますからね。

https://milkychun.net/%e3%83%97%e3%83%ad%e9%87%8e%e7%90%83/post-4244/

接戦時で投げる投手の評価

近藤投手は一昨年にスワローズに

トレードで入団した選手ではありましたが、

昨年は石山投手に次ぐ活躍をしていました。

今年も中継ぎでフル回転が求められますが

更に安定感が増した投球を期待です。

松岡投手もスワローズの中継ぎ投手陣では

安定して投げてくれています。

今年もピンチでの登板などが多いでしょうが

火消し役に期待ですね。

そして、中継ぎ左腕として活躍してほしいのが

中澤投手、村中投手、久古投手ですね。

どうしてもスワローズは左の中継ぎ不足で

相手打線の左の強打者に打たれることが多いので

それは何とかしないといけませんね。

久古投手が一昨年までは

その役割を担ってくれていましたが、

昨年は活躍できませんでした。

タイプ的にも一番対左打者には強いので

久古投手には期待をしつつ、

中澤投手と村中投手も昨年以上の活躍を

してほしいですね。

野手陣の戦力分析

今回までは東京ヤクルトスワローズの

投手陣の分析をしてきました。

次回からは東京ヤクルトスワローズの野手陣を

まとめて分析していきたいと思います。

私的スワローズの選手名鑑一覧はこちら。

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。