Translate(翻訳):

【2018プロ野球】東京ヤクルトスワローズの戦力分析(野手編)と開幕スタメン予想【セリーグ】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

今回は東京ヤクルトスワローズの

野手陣の戦力分析ということで、

書いていきたいと思います。

投手陣の戦力分析は下記から

それぞれ参照してくださいね。

では、さっそく。

野手陣の分析

考えられる各ポジションの選手たちを

昨年の成績と共に載せたいと思います。

捕手

中村悠平(127試合 打率.243 4本塁打 34打点)

西田明央(37試合 打率.137 1本塁打 7打点)

スワローズの捕手は基本的には

この2人だと思います。

スワローズはほぼほぼ中村捕手が正捕手なので

中村捕手と心中という感じですね。

西田捕手がバックアップとして

入るというイメージですね。

ただ、あまりにも捕手が少なすぎて

中村捕手が離脱をしたらどうするんだろう…

とは思ってしまいますね。

内野手

一塁 : 畠山和洋(15試合 打率.212 2本塁打 4打点)

二塁 : 山田哲人(143試合 打率.247 24本塁打 78打点)

三塁 : 川端慎吾(2017年出場なし)

遊撃 : 廣岡大志(11試合 打率.250 0本塁打 1打点)

藤井亮太(97試合 打率.257 2本塁打 12打点)

大松尚逸(94試合 打率.162 3本塁打 16打点)

荒木貴裕(91試合 打率.207 6本塁打 25打点)

大引啓次(80試合 打率.227 5本塁打 29打点)

西浦直亨(72試合 打率.208 0本塁打 8打点)

武内晋一(66試合 打率.204 0本塁打 5打点)

奥村展征(44試合 打率.239 0本塁打 5打点)

谷内亮太(42試合 打率.198 0本塁打 7打点)

基本的には上記のピンク字の4選手

メインかと思います。

フルでメンバーが揃えば

一塁、二塁、三塁のポジションは

不動だとは思います。

唯一競争が激しいのは遊撃のポジションですね。

ここは現状は廣岡選手としていますが、

大引選や西浦選手、谷内選手など

ライバルはたくさんいますからね。

このポジションに関しては

最後まで決まらずにシーズン中も

争っていると思います。

外野手

レフト : バレンティン(125試合 打率.254 32本塁打 80打点)

センター : 青木宣親(2018年メジャーから帰国し入団)

ライト : 坂口智隆(136試合 打率.290 2本塁打 38打点)

雄平(71試合 打率.306 2本塁打 32打点)

上田剛史(100試合 打率.234 0本塁打 11打点)

山崎晃大朗(59試合 打率.242 1本塁打 13打点)

鵜久森淳志(45試合 打率.209 1本塁打 7打点)

比屋根渉(35試合 打率.217 0本塁打 0打点)

塩見泰隆(2017年ドラフト4位ルーキー)

外野手に関しても、

基本的には上記のピンク字の3選手

メインかと思います。

青木選手が加入したことにより

層の厚さが増しました。

バレンティン選手と青木選手が不動で

ライトのポジションを坂口選手と雄平選手が

争う形になると思います。

どちらも外しがたいんですが、

私はコンスタントに成績を残してくれる

坂口選手を選びました。

この辺りは流動的に変わると思うので

今後に注目ですね。

開幕スタメン予想

野手陣の戦力分析を終えたところで、

現段階での開幕スタメン予想を

していきたいと思います。

(打順 ポジション 名前)

1番 二塁 山田哲人

2番 三塁 川端慎吾

3番 センター 青木宣親

4番 レフト バレンティン

5番 ライト 坂口智隆

6番 一塁 畠山和洋

7番 捕手 中村悠平

8番 遊撃 廣岡大志

9番 投手 小川泰弘

こんな感じです。

開幕投手は小川投手だと思います。

上位打線をどう組むかと思うんですが、

私は山田選手を1番に起用して

青木選手を3番に置きたいですね。

先頭打者で山田選手って相手も嫌だし

出塁すれば足も使えるので

攻撃の幅も広がります。

2番に中村捕手を置くという案もありますが

私はやはり攻撃型2番で川端選手を

2番打者として起用したいですね。

2015年の優勝した時の打線は

首位打者の川端選手が2番にいて

非常に嫌な打線でしたからね。

4番はバレンティン選手を置いて

畠山選手は6番でランナーを返す役割を

担ってもらいたいですね。

5番に坂口選手を置くことで

安定感も増しますからね。

廣岡選手はこの打線なら現状は8番ですね。

次回からは…

東京ヤクルトスワローズに関しても、

3回に渡って戦力分析を行ってきました。

今回で12球団の戦力分析が終わったので

次回からは両リーグの順位予想を

行っていきたいと思います。

その前にもう一度各球団の戦力を見たい方は

こちらからどうぞ。

まずはパリーグの順位予想を

行っていきますので、お楽しみに!

私的スワローズの選手名鑑一覧はこちら。

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。