Translate(翻訳):

【2018プロ野球】各球団の戦力分析から見るパリーグの順位予想決定版!!

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

今回はプロ野球のパリーグの

順位予想を行っていきたいと思います。

その前に、昨年の順位予想と結果や

各球団の戦力分析を確認したい方は

下記記事をご覧になってください。

では、さっそく。

順位予想の基準や項目

ただ、漠然と順位予想をしても面白くないし

せっかく12球団の戦力分析をしてきたので

各球団の項目を設けたいと思います。

それは、

  • 先発投手陣
  • 中継ぎ投手陣
  • 打線の強さ
  • 守備力
  • 機動力
  • 全体的な層の厚さ

これらを☆の5段階で評価した上で

順位予想をしていきたいと思います。

では、パリーグの順位予想を

まずは書いていきたいと思います。

2018年プロ野球パリーグの順位予想

ずばり単刀直入に予想します。

1位 : 福岡ソフトバンクホークス

2位 : 東北楽天ゴールデンイーグルス

3位 : 埼玉西武ライオンズ

4位 : オリックスバファローズ

5位 : 北海道日本ハムファイターズ

6位 : 千葉ロッテマリーンズ

私はこう予想します。

では、ここで各球団の順位を

なぜこう予想したかを、

各項目ごとに5段階評価をしながら

書いていきたいと思います。

1位(優勝)に予想した理由

まずは福岡ソフトバンクホークスを

1位と予想した理由ですが、

各項目の私の評価をしたいと思います。

  • 先発投手陣 : ☆☆☆☆☆
  • 中継ぎ投手陣 : ☆☆☆☆☆
  • 打線の強さ : ☆☆☆☆☆
  • 守備力 : ☆☆☆☆☆
  • 機動力 : ☆☆☆☆
  • 全体的な層の厚さ : ☆☆☆☆

こんな感じです。

投手陣に関しては先発も中継ぎも

文句のつけようがありません。

先発も5枚は確実に揃っているし

6番手の候補の投手もたくさんいます。

中継ぎ投手も抑えのサファテ投手を筆頭に

勝ちパターンの投手も充実しており

磐石になっています。

打線も柳田選手や内川選手を筆頭に

リーグ屈指の好打者が揃っていて

穴がなかなか見当たりません。

守備の面でも今宮選手や松田選手などの

ゴールデングラブ受賞者を筆頭に、

内外野どこの選手も非常に鉄壁で

リーグの中でもエラーが一番少ないです。

唯一機動力が少し劣りますが、

控えの選手で走れる選手も多いですし

チーム全体が走塁への意識が高く

次の塁を狙う姿勢が見られます。

盗塁以外の面では抜け目がなく

機動力も十分使えるチームです。

現状はケガ人が多く、捕手が足りないなど

問題はいくつか出てきていますが、

層の厚さは12球団を見てもトップで

昨年もケガ人が多い中で日本一ですから

ケガ人が返ってくれば層の厚さも

申し分ないですね。

このように、

全体的にもバランスが良く

昨年と比べても今年も十分に強いため

ホークスは1位予想にしました。

私的ホークスの選手名鑑一覧はこちら。

ホークスの戦力分析を細かく見たい方は

下記記事よりそれぞれご覧ください。

2位に予想した理由

まずは東北楽天ゴールデンイーグルスを

2位と予想した理由ですが、

各項目の私の評価をしたいと思います。

  • 先発投手陣 : ☆☆☆☆
  • 中継ぎ投手陣 : ☆☆☆☆☆
  • 打線の強さ : ☆☆☆☆☆
  • 守備力 : ☆☆☆☆
  • 機動力 : ☆☆
  • 全体的な層の厚さ : ☆☆☆

こんな感じです。

先発投手陣に関しては、

3本柱の次に続く投手ですよね。

藤平投手辺り候補ではありますが、

まだまだ不確定要素が多いので

そこが唯一の課題でしょうね。

中継ぎ投手陣に関しては

ホークスと同じくらい充実していて

強力なラインナップだと思います。

抑えから勝ちパターンの投手、

左のワンポイントなどもしっかりしていて

この中継ぎ投手陣がいれば

Aクラスは大丈夫と言えるでしょうね。

打線は破壊力が抜群ですね。

外国人頼みな部分もありますが

昨年はその外国人3人が全員20本塁打以上と

非常によく働きました。

今年もこの外国人に加えて

茂木選手や島内選手などが引っ張れば

非常に強力な打線だと思います。

守備力に関しても悪くないです。

ホークスが鉄壁すぎるだけで

昨年のイーグルスの失策数は

パリーグで2番目に少ないですから。

これは継続してほしいですね。

ただ、イーグルスが弱い部分は

やはり機動力なんですよね。

外国人頼みの打線の影響なのか

走れる選手が少ないのが特徴です。

打てる時はいいのですが、

どうしても打てない時期ってあるので

そうなった時に機動力が使えないのが

昨年のイーグルスの大型連敗にも

影響していたと思います。

茂木選手や島内選手、岡島選手やオコエ選手など

走れる選手はいるので、

今年はこの機動力も活かすことができれば

もっといい打線になって

ホークスに対抗できるでしょうね。

そして、層の厚さに関しても

ちょっと薄いと言わざるをえません。

昨年の夏以降の失速はこの層の薄さが

大きな原因になりましたからね。

主力でケガ人が出ることは必ずあるので

そうなった時に控えの選手が

どれだけ穴を埋められるかが

今年も鍵になると思います。

このように、

投手陣や打線などはいいものの

層の厚さや機動力の面を考えると、

他球団には勝ててもホークスには勝てない

という判断をしたので

イーグルスは2位予想にしました。

私的イーグルスの選手名鑑一覧はこちら。

イーグルスの戦力分析を細かく見たい方は

下記記事よりそれぞれご覧ください。

3位に予想した理由

まずは埼玉西武ライオンズを

3位と予想した理由ですが、

各項目の私の評価をしたいと思います。

  • 先発投手陣 : ☆☆
  • 中継ぎ投手陣 : ☆☆☆
  • 打線の強さ : ☆☆☆☆☆
  • 守備力 : ☆☆
  • 機動力 : ☆☆☆☆☆
  • 全体的な層の厚さ : ☆☆☆

こんな感じです。

ライオンズは先発も中継ぎも含めて

とにかく投手陣が厳しいですね。

先発では野上投手が移籍をして

昨年の二桁勝利投手が抜けました。

中継ぎでは牧田投手とシュリッター投手が

それぞれ抜けたため、

元々厳しい投手陣が更に手薄になったのは

否めません。

ここをどう埋めていくかなんですが、

昨年も岸投手が抜けた穴をなんとかしたので

今年も何とかなると思います。

何よりエースの菊池投手がいるので

大型連敗をする心配もないのも

チームにとっては大きいですからね。

個人的にはそろそろ高橋光成投手には

一本立ちしてほしいですけどね。

打線と機動力に関しては申し分ありません。

打線は上位から下位まで強力で

秋山選手や源田選手、金子選手など

足を使える選手も揃っています。

チャンスで返せる浅村選手や

昨年4番として活躍した山川選手など

勝負強い選手もいますからね。

三振が多いというのが唯一の欠点ですが

機動力も使えるかなりの重量打線なので

リーグ屈指の恐い打線だと思います。

あとは失策数ですよね。

昨年はリーグワーストの失策数で

一つのエラーで負けたというゲームも

いくつか目立ちました。

ここ数年のライオンズは失策数が多いので

これを改善しないと、

いくら打線が良くても厳しいですね。

層の厚さに関しては普通ですね。

投手陣は厳しいことに変わりはないですが、

野手陣は控えも充実しているので

とにかく投手陣の頑張りだと思います

このように、

打線や機動力はリーグ屈指だが、

投手陣の層の薄さや失策の多さが響いて

昨年同様に大事なゲームで勝てず

それでは優勝には届かないということで

ライオンズは3位予想にしました。

私的ライオンズの選手名鑑一覧はこちら。

ライオンズの戦力分析を細かく見たい方は

下記記事よりそれぞれご覧ください。

4位に予想した理由

まずはオリックスバファローズを

4位と予想した理由ですが、

各項目の私の評価をしたいと思います。

  • 先発投手陣 : ☆☆☆☆
  • 中継ぎ投手陣 : ☆☆☆☆
  • 打線の強さ : ☆☆☆
  • 守備力 : ☆☆☆☆
  • 機動力 : ☆
  • 全体的な層の厚さ : ☆☆

こんな感じです。

毎年思うことではあるんですが、

バファローズは投手陣はいいんですよ。

先発も4人はきっちりしているし

5番手以降の投手もいい候補が

たくさんいます。

中継ぎ投手陣も勝ちパターンは確立していて

投手陣も顔ぶれはわるくないです。

守備力を見てもリーグで失策数はワースト3位と

そんなにわるいわけではありません。

この投手陣や守備力がありながら

ここ数年Bクラスに重んじているのは

やはり打線と機動力にあると思います。

打線の顔ぶれ自体はわるくないのですが

機動力が全く持って使えません。

つまり、打つしかないという打線なので

いい投手にぶつかると厳しいんですよね。

バファローズの打線は一人一人は

素晴らしい選手が揃っています。

ただ、それぞれが’個’で働いていて

なかなか’線’にならないんです。

そのいい証拠が昨年のT-岡田選手です。

昨年のT-岡田選手は31本塁打を放ちながら

打点が68しかありません。

いかにランナーがいない場面でのホームランか

よくわかると思います。

このように個で打っているようでは

いい投手との対戦では打てないし、

機動力も使えないので厳しいですね。

層の厚さを見ても特別厚いわけではないので

投手陣でケガ人が出た際などは

苦労している印象が強いですね。

このように、

投手陣はわるくはないものの、

打線が個として打っている状態では

いい投手との対戦の際に打てず、

その中で機動力も使えないと

厳しい闘いになるので

バファローズは4位予想にしました。

私的バファローズの選手名鑑はこちら。

バファローズの戦力分析を細かく見たい方は

下記記事よりそれぞれご覧ください。

5位に予想した理由

まずは北海道日本ハムファイターズを

5位と予想した理由ですが、

各項目の私の評価をしたいと思います。

  • 先発投手陣 : ☆☆
  • 中継ぎ投手陣 : ☆☆
  • 打線の強さ : ☆☆☆☆
  • 守備力 : ☆☆
  • 機動力 : ☆☆☆☆
  • 全体的な層の厚さ : ☆☆

こんな感じです。

ファイターズは

とにかく投手陣が厳しいですね。

大谷選手が移籍をしたということに加え

有原投手が開幕絶望、

増井投手も移籍したことでクローザー不在、

パリーグでは投手事情が一番厳しいのは

否めないですね。

打線は大谷選手が抜けたとはいえ、

大型ルーキー清宮選手の加入や

中田選手の復調、

レアード選手や西川選手が安定していて

近藤選手もいますからわるくはないです。

機動力も盗塁王である西川選手を筆頭に

走れる選手は多いので、

機動力を使った攻撃もできます。

ただ、守備の面では

昨年はリーグワースト2位の失策数なので

これは改善しないと厳しいですね。

層の厚さに関しても薄いというのが

どうしても否めないのが現状です。

このように、

全体的に層が薄く

何より投手陣の計算ができない上に

守備力の面でも難が見られるため、

これでは打線と機動力を使えても

上位進出は難しいと判断したため

ファイターズは5位予想にしました。

私的ファイターズの選手名鑑一覧はこちら。

ファイターズの戦力分析を細かく見たい方は

下記記事よりそれぞれご覧ください。

6位(最下位)に予想した理由

まずは千葉ロッテマリーンズを

6位と予想した理由ですが、

各項目の私の評価をしたいと思います。

  • 先発投手陣 : ☆☆☆
  • 中継ぎ投手陣 : ☆☆☆
  • 打線の強さ : ☆☆
  • 守備力 : ☆☆☆
  • 機動力 : ☆☆☆☆
  • 全体的な層の厚さ : ☆☆

こんな感じです。

投手陣は先発も中継ぎも顔ぶれは

わるくはないんですが、

イマイチピリッしないんですよね。

現に昨年はそうでしたからね。

エースの涌井投手や石川投手、

勝ちパターンに益田投手や内投手など

実績のある投手はいるんですけどね。

どうしても絶対的とは言えず

不安定さが目立ちますよね。

そして、何より得点力の低さですね。

昨年もダントツでリーグワースト1位の

得点力だった打線を何とかしないと

厳しいですね。

マリーンズ打線は長打が少ないため

どうしても対戦している側から見ると

気楽な部分はあるんですよね。

特に大きな補強もしていないので

今年もこの部分は改善されないと思います。

守備力はわるくないですし、

機動力を使える選手も多くいるので

この部分は今年はもっと多様するべきですね。

層の厚さに関しては、

厳しいというのが現状の評価です。

このように、

全体的に層が薄く

投手陣の顔ぶれはわるくないものの

絶対的エースや抑えの不在、

リーグワーストの得点力の打線は

今年も改善されそうにないため

これでは年間通したら厳しいと判断したため

マリーンズは6位予想にしました。

私的マリーンズの選手名鑑一覧はこちら。

マリーンズの戦力分析を細かく見たい方は

下記記事よりそれぞれご覧ください。

次回は…

ここまで長きに渡って

パリーグの順位予想を行ってきました。

最後まで読んでくださった方々

ありがとうございます。

次回は2018年プロ野球の

セリーグの順位予想を同じように行っていくので

お楽しみに!

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。