Translate(翻訳):

【2018プロ野球】各球団の戦力分析から見るセリーグの順位予想決定版!!

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

今回はプロ野球のセリーグの

順位予想を行っていきたいと思います。

その前に、昨年の順位予想と結果や

各球団の戦力分析を確認したい方は

下記記事をご覧になってください。

では、さっそく。

順位予想の基準や項目

これは前回のパリーグの順位予想と同様に

  • 先発投手陣
  • 中継ぎ投手陣
  • 打線の強さ
  • 守備力
  • 機動力
  • 全体的な層の厚さ

これらを☆の5段階で評価した上で

順位予想をしていきたいと思います。

パリーグの順位予想が気になる方は

下記記事をご覧ください。

2018年プロ野球セリーグの順位予想

ずばり単刀直入に予想します。

1位 : 阪神タイガース

2位 : 広島東洋カープ

3位 : 横浜DeNAベイスターズ

4位 : 読売ジャイアンツ

5位 : 中日ドラゴンズ

6位 : 東京ヤクルトスワローズ

私はこう予想します。

では、ここで各球団の順位を

なぜこう予想したかを、

各項目ごとに5段階評価をしながら

書いていきたいと思います。

1位(優勝)に予想した理由

まずは阪神タイガースを

1位と予想した理由ですが、

各項目の私の評価をしたいと思います。

  • 先発投手陣 : ☆☆☆☆
  • 中継ぎ投手陣 : ☆☆☆☆☆
  • 打線の強さ : ☆☆☆☆
  • 守備力 : ☆☆
  • 機動力 : ☆☆☆
  • 全体的な層の厚さ : ☆☆☆☆

こんな感じです。

まずは先発投手陣ですが、

ここは毎年言っているように

藤浪投手が鍵です。

今年は例年に比べると順調そうで

開幕ローテには入りそうですね。

普通に投げてくれればまず二桁勝てますし、

他の先発陣も候補がたくさんいるので

わるくはない先発投手陣ですね。

中継ぎ投手陣に関しては言うことありません。

リーグ屈指の中継ぎ投手陣ですから

今年も十分な活躍が期待できます。

打線は期待の大型外国人選手である

ロサリオ選手の加入により

一気に強力になりました。

ベテラン選手がどっしりしていて

若手選手も激しく競争をしているので

今年は打線の得点力も期待できますね。

唯一難点なのが守備面ですね。

元々チーム失策数は多いチームですが

大和選手が移籍したことにより

更に不安な点はあります。

ここはシーズンを通して

何とかしないといけない点ですね。

層の厚さに関しては、

投手陣を見ても野手陣を見ても

十分にあると思いますね。

このように、

全体的にもバランスが良く

鉄壁な中継ぎ投手陣に加えて

先発投手陣の駒も安定して揃っている、

打線も今年は得点力が期待できるため

タイガースは1位予想にしました。

私的タイガースの選手名鑑一覧はこちら。

タイガースの戦力分析を細かく見たい方は

下記記事よりそれぞれご覧ください。

2位に予想した理由

まずは広島東洋カープを

2位と予想した理由ですが、

各項目の私の評価をしたいと思います。

  • 先発投手陣 : ☆☆☆☆
  • 中継ぎ投手陣 : ☆☆☆
  • 打線の強さ : ☆☆☆☆☆
  • 守備力 : ☆☆☆
  • 機動力 : ☆☆☆☆☆
  • 全体的な層の厚さ : ☆☆☆☆

こんな感じです。

先発投手陣は5人揃っていて

豊富ではあります。

ただ、私のイメージではありますが、

絶対的エースがおらず

不安定な投手が多いんですよね。

そして、それは中継ぎも同じです。

毎年勝ちパターンで活躍している投手は

安定をしていますけど、

やはり中継ぎの駒が少ないんですよ。

それが今年は響くと思うんですよね。

打線は言うまでもなく強力です。

機動力も合わせて使える

非常に素晴らしい打線ですね。

守備力に関してですが、

菊池選手や丸選手、鈴木選手のイメージで

鉄壁な印象があると思いますけど、

意外にもチーム失策数はワースト4位です。

この辺りも今年はどうかな?

という部分ではありますね。

層の厚さに関してはわるくはないですね。

ただ、菊池選手や丸選手、鈴木選手などの

代えが利かない選手がケガをすると

さすがに厳しいと思いますね。

このように、

リーグ屈指の打線と機動力を誇るものの

イマイチ安定感のない先発投手陣と

中継ぎ投手陣の駒不足が響き、

今年はタイガースに捲くられると予想したため

カープは2位予想にしました。

私的カープの選手名鑑一覧はこちら。

カープの戦力分析を細かく見たい方は

下記記事よりそれぞれご覧ください。

3位に予想した理由

まずは横浜DeNAベイスターズを

3位と予想した理由ですが、

各項目の私の評価をしたいと思います。

  • 先発投手陣 : ☆☆☆
  • 中継ぎ投手陣 : ☆☆☆☆
  • 打線の強さ : ☆☆☆☆☆
  • 守備力 : ☆☆☆
  • 機動力 : ☆
  • 全体的な層の厚さ : ☆☆

こんな感じです。

先発投手陣は左腕が多いチームで

ある程度駒も揃っていますね。

ただ、ここもカープと同じで

イマイチ不安定感が否めません。

今永投手がエースだとは思いますが、

それ以外の投手にもう少し

安定感が欲しいというのが本音です。

中継ぎ投手陣は勝ちパターンも含めて

駒数は揃っています。

ただ、勝ちパターンや接戦時に投げる投手の

防御率が軒並みで良くないので、

そこは何とかしないといけませんね。

打線は上位打線から下位打線まで

しっかりしている印象です。

中でもクリーンナップが3人揃って

タイトルホルダーなので

今年も心強い打線でしょうね。

守備力はわるくはないんですが、

肝心な場面でやらかす印象が強いですね。

昨年の日本シリーズでも

もろにそれが差となって現れましたし。

今年は肝心な場面での失策を

どのくらい減らすことができるかですね。

機動力に関しては皆無ですね。

ベイスターズの打線も打てないと厳しいので

いい投手と対戦した際に

なかなか崩せないんですよね。

メンバーを見ても機動力を使うのは

今年も厳しいでしょうね。

層の厚さに関しては、

正直あまり厚くはないですよね。

主力がケガした際の控えメンバーだと

一気に格が落ちる感はありますし。

控え組の底上げもないと

シーズンでケガ人が出た際に厳しいですね。

このように、

投手陣はある程度安定していて

打線は強力ではあるものの、

機動力が使えず肝心な場面での守備力には

まだ不安感が否めず、

ケガ人が出た際の層の薄さを考えると

ベイスターズは3位に予想しました。

私的ベイスターズの選手名鑑一覧はこちら。

ベイスターズの戦力分析を細かく見たい方は

下記記事よりそれぞれご覧ください。

4位に予想した理由

まずは読売ジャイアンツを

4位と予想した理由ですが、

各項目の私の評価をしたいと思います。

  • 先発投手陣 : ☆☆☆☆
  • 中継ぎ投手陣 : ☆☆☆☆
  • 打線の強さ : ☆☆☆☆
  • 守備力 : ☆☆☆
  • 機動力 : ☆☆
  • 全体的な層の厚さ : ☆☆☆

こんな感じです。

投手陣はマイコラス投手が抜けたものの、

先発投手では野上投手、

中継ぎ投手では澤村投手が復活しそうです。

上原投手も巨人復帰が濃厚ということで

復帰をしたら中継ぎ陣は強くなりますね。

駒数はジャイアンツはたくさんいるので

それらの投手たちが働くかどうかだけですね。

打線は名前は強いんですけど、

イマイチ繋がらないんですよね。

そして、機動力に繋がってきますが、

走れる選手が打線に少ないです。

ジャイアンツも打つことに頼るしかないので

いい投手がきた際に厳しいんですよね。

これだとやはり年間通すと

苦労すると思います。

守備面に関しては平均的なので

今年もこれを継続でしょうね。

層の厚さに関しては、

ないわけではないんですけど

全体的に働くかは未知数の選手が多いので

何とも評価をしづらいのが本音ですね。

ただ、選手がいないよりはいいので

ちゃんと働くことを祈りたいですね。

このように、

投手陣の顔ぶれは揃ってきているものの

打線が打てない際は機動力が使えず

不調になると長い打線は健在、

昨年の菅野投手とマイコラス投手がいても

リーグ4位という成績に終わったため、

今年は昨年より戦力は落ちていると思うことから

今年も厳しいと思われるため

ジャイアンツは4位予想にしました。

私的ジャイアンツの選手名鑑一覧はこちら。

ジャイアンツの戦力分析を細かく見たい方は

下記記事よりそれぞれご覧ください。

5位に予想した理由

まずは中日ドラゴンズを

5位と予想した理由ですが、

各項目の私の評価をしたいと思います。

  • 先発投手陣 : ☆☆
  • 中継ぎ投手陣 : ☆☆
  • 打線の強さ : ☆☆☆
  • 守備力 : ☆☆☆☆
  • 機動力 : ☆☆☆☆
  • 全体的な層の厚さ : ☆☆

こんな感じです。

ドラゴンズは投手陣がどちらも

駒不足という感じは否めませんね。

正直、ペナントレースは投手陣が大事なので

現段階のドラゴンズの投手陣では

厳しいというのが現状ですね。

打線も上位打線はわるくないですが、

外国人選手の働きと6番7番次第で

得点力が大きく変わってしまうので

計算がイマイチできないんですよね。

ハマればいい打線になると思いますが、

それでは現段階では計算できないですね。

意外にもチーム失策数はリーグで

一番少ないのがドラゴンズです。

機動力も使えるチームではあるので

スモールベースボールを徹底して

行ってほしいですね。

層の厚さに関しては、

正直薄いというのが現状です。

このように、

投手陣の駒が全体的に少なく

打線も確実に計算できる選手が少なく

不確定要素が多い、

年間通すとこれだけ不安要素が多いと

シーズンで上位に入るのは厳しいと思い

ドラゴンズは5位予想にしました。

私的ドラゴンズの選手名鑑一覧はこちら。

ドラゴンズの戦力分析を細かく見たい方は

下記記事よりそれぞれご覧ください。

6位(最下位)に予想した理由

まずは東京ヤクルトスワローズを

6位と予想した理由ですが、

各項目の私の評価をしたいと思います。

  • 先発投手陣 : ☆
  • 中継ぎ投手陣 : ☆☆
  • 打線の強さ : ☆☆☆☆
  • 守備力 : ☆
  • 機動力 : ☆☆
  • 全体的な層の厚さ : ☆

こんな感じです。

正直、どこをとっても厳しいですね。

投手陣の駒数の少なさ、

野手陣もケガ人が出た時の層の薄さ、

これではハッキリ言って

今年も厳しいのは否めないと思います。

打線は青木選手の加入と

ケガ人の復帰により厚くなりましたが、

打線がいいだけでは勝てないですし

実際にいい投手に当たれば打てません。

それよりも機動力を使ったり

リーグワーストの失策数を少なくするなど

課題は山積みだと思います。

このように、

先発中継ぎ両投手陣の駒不足、

打線は良くても機動力が使えない、

チーム失策数がリーグワースト且つ

選手層が12球団1薄いということから

スワローズは6位予想にしました。

私的スワローズの選手名鑑一覧はこちら。

スワローズの戦力分析を細かく見たい方は

下記記事よりそれぞれご覧ください。

今年も熱いペナントレースを期待!

以上で12球団の戦力分析と

両リーグの順位予想を終えました。

これだけガッツリ開幕前に

各球団の戦力分析や順位予想をしたのは

初めてのことだったので、

我ながらよくやったと思います。

でも、自分自身の好きなことなので

なかなか楽しかったです。

3月30日には開幕ということで

私はホークスファンなので

ホークスの応援をしますけど、

今年も熱いペナントレースを期待したいですね!

シーズン中にも書きたいことがあれば

野球のことも書きますし、

シーズンが全て終わった際には

この順位予想が実際に的中したかどうかも含めて

振り返っていきたいと思いますので、

お楽しみに!

では☆