プロ野球交流戦2019はいつから?試合数(日程)や賞金と注目選手も公開!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

すみさん

おはこんばんちわ!

すみさんです。

もうすぐ2019年の交流戦が始める時期ですね。

佑唯ちゃん

今回は2019年のプロ野球の交流戦はいつから?という疑問や試合数と日程、賞金や各球団の注目選手も紹介していきますね♪

では、さっそく。

プロ野球交流戦2019はいつから?試合数は?

例年だと5月下旬から6月中旬にかけて

交流戦は行われます。

2019年の交流戦は、

6月4日(火)~6月23日(日)

この約3週間にかけて行われます。

交流戦は各チームが相手リーグのチームと、

3試合×6カード=18試合となっています。

今年も例年通り、

6連戦×3週間という形で行われます。

各チームの試合日程は?時間や球場も!

ここからは各チームの交流戦の日程を

試合開始時間や球場と一緒に載せますね。

まずはパリーグの6チームです。

(※色付きはパリーグの本拠地試合です。)

 埼玉西武ライオンズ福岡ソフトバンクホークス北海道日本ハムファイターズオリックスバファローズ千葉ロッテマリーンズ東北楽天ゴールデンイーグルス
6月4日広島東洋カープ
(メットライフ 18:00)
中日ドラゴンズ
(ヤフオクドーム 18:00)
東京ヤクルトスワローズ
(札幌ドーム 18:00)
横浜DeNAベイスターズ
(京セラD大阪 18:00)
阪神タイガース
(ZOZOマリン 18:15)
読売ジャイアンツ(巨人)
(楽天生命パーク 18:00)
6月5日広島東洋カープ
(メットライフ 18:00)
中日ドラゴンズ
(ヤフオクドーム 18:00)
東京ヤクルトスワローズ
(札幌ドーム 18:00)
横浜DeNAベイスターズ
(京セラD大阪 18:00)
阪神タイガース
(ZOZOマリン 18:15)
読売ジャイアンツ(巨人)
(楽天生命パーク 18:00)
6月6日広島東洋カープ
(メットライフ 18:00)
中日ドラゴンズ
(ヤフオクドーム 18:00)
東京ヤクルトスワローズ
(札幌ドーム 18:00)
横浜DeNAベイスターズ
(京セラD大阪 18:00)
阪神タイガース
(ZOZOマリン 18:15)
読売ジャイアンツ(巨人)
(楽天生命パーク 18:00)
6月7日横浜DeNAベイスターズ
(横浜 18:00)
広島東洋カープ
(マツダスタジアム 18:00)
阪神タイガース
(甲子園 18:00)
東京ヤクルトスワローズ
(神宮 18:00)
読売ジャイアンツ(巨人)
(東京ドーム 18:00)
中日ドラゴンズ
(ナゴヤドーム 18:00)
6月8日横浜DeNAベイスターズ
(横浜 14:00)
広島東洋カープ
(マツダスタジアム 14:00)
阪神タイガース
(甲子園 14:00)
東京ヤクルトスワローズ
(神宮 14:00)
読売ジャイアンツ(巨人)
(東京ドーム 14:00)
中日ドラゴンズ
(ナゴヤドーム 14:00)
6月9日横浜DeNAベイスターズ
(横浜 13:00)
広島東洋カープ
(マツダスタジアム 13:30)
阪神タイガース
(甲子園 14:00)
東京ヤクルトスワローズ
(神宮 13:00)
読売ジャイアンツ(巨人)
(東京ドーム 14:00)
中日ドラゴンズ
(ナゴヤドーム 14:00)
6月10日移動日
6月11日読売ジャイアンツ(巨人)
(メットライフ 18:00)
阪神タイガース
(ヤフオクドーム 18:00)
広島東洋カープ
(札幌ドーム 18:00)
中日ドラゴンズ
(京セラD大阪 18:00)
横浜DeNAベイスターズ
(ZOZOマリン 18:15)
東京ヤクルトスワローズ
(郡山 18:00)
6月12日読売ジャイアンツ(巨人)
(メットライフ 18:00)
阪神タイガース
(ヤフオクドーム 18:00)
広島東洋カープ
(札幌ドーム 18:00)
中日ドラゴンズ
(京セラD大阪 18:00)
横浜DeNAベイスターズ
(ZOZOマリン 18:15)
東京ヤクルトスワローズ
(楽天生命パーク 18:00)
6月13日読売ジャイアンツ(巨人)
(メットライフ 18:00)
阪神タイガース
(ヤフオクドーム 18:00)
広島東洋カープ
(札幌ドーム 18:00)
中日ドラゴンズ
(京セラD大阪 18:00)
横浜DeNAベイスターズ
(ZOZOマリン 18:15)
東京ヤクルトスワローズ
(楽天生命パーク 18:00)
6月14日東京ヤクルトスワローズ
(メットライフ 18:00)
横浜DeNAベイスターズ
(ヤフオクドーム 18:00)
読売ジャイアンツ(巨人)
(札幌ドーム 18:00)
阪神タイガース
(京セラD大阪 18:00)
中日ドラゴンズ
(ZOZOマリン 18:00)
広島東洋カープ
(楽天生命パーク 18:00)
6月15日東京ヤクルトスワローズ
(メットライフ 14:00)
横浜DeNAベイスターズ
(ヤフオクドーム 14:00)
読売ジャイアンツ(巨人)
(札幌ドーム 14:00)
阪神タイガース
(京セラD大阪 18:00)
中日ドラゴンズ
(ZOZOマリン 14:00)
広島東洋カープ
(楽天生命パーク 14:00)
6月16日東京ヤクルトスワローズ
(メットライフ 13:00)
横浜DeNAベイスターズ
(ヤフオクドーム 13:00)
読売ジャイアンツ(巨人)
(札幌ドーム 14:00)
阪神タイガース
(京セラD大阪 14:00)
中日ドラゴンズ
(ZOZOマリン 14:00)
広島東洋カープ
(楽天生命パーク 13:00)
6月17日移動日
6月18日中日ドラゴンズ
(ナゴヤドーム 18:00)
東京ヤクルトスワローズ
(神宮 18:00)
横浜DeNAベイスターズ
(横浜 18:00)
読売ジャイアンツ(巨人)
(東京ドーム 18:00)
広島東洋カープ
(マツダスタジアム 18:00)
阪神タイガース
(倉敷 18:00)
6月19日中日ドラゴンズ
(ナゴヤドーム 18:00)
東京ヤクルトスワローズ
(神宮 18:00)
横浜DeNAベイスターズ
(横浜 18:00)
読売ジャイアンツ(巨人)
(東京ドーム 18:00)
広島東洋カープ
(マツダスタジアム 18:00)
阪神タイガース
(甲子園 18:00)
6月20日中日ドラゴンズ
(ナゴヤドーム 18:00)
東京ヤクルトスワローズ
(神宮 18:00)
横浜DeNAベイスターズ
(横浜 18:00)
読売ジャイアンツ(巨人)
(東京ドーム 18:00)
広島東洋カープ
(マツダスタジアム 18:00)
阪神タイガース
(甲子園 18:00)
6月21日阪神タイガース
(甲子園 18:00)
読売ジャイアンツ(巨人)
(東京ドーム 18:00)
中日ドラゴンズ
(ナゴヤドーム 18:00)
広島東洋カープ
(マツダスタジアム 18:00)
東京ヤクルトスワローズ
(神宮 18:00)
横浜DeNAベイスターズ
(横浜 18:00)
6月22日阪神タイガース
(甲子園 14:00)
読売ジャイアンツ(巨人)
(東京ドーム 14:00)
中日ドラゴンズ
(ナゴヤドーム 14:00)
広島東洋カープ
(マツダスタジアム 14:00)
東京ヤクルトスワローズ
(神宮 14:00)
横浜DeNAベイスターズ
(横浜 14:00)
6月23日阪神タイガース
(甲子園 14:00)
読売ジャイアンツ(巨人)
(東京ドーム 13:00)
中日ドラゴンズ
(ナゴヤドーム 14:00)
広島東洋カープ
(マツダスタジアム 13:30)
東京ヤクルトスワローズ
(神宮 13:00)
横浜DeNAベイスターズ
(横浜 13:00)

続いてセリーグの6チームです。

(※色付きはセリーグの本拠地試合です。)

 広島東洋カープ東京ヤクルトスワローズ読売ジャイアンツ(巨人)横浜DeNAベイスターズ中日ドラゴンズ阪神タイガース
6月4日埼玉西武ライオンズ
(メットライフ 18:00)
北海道日本ハムファイターズ
(札幌ドーム 18:00)
東北楽天ゴールデンイーグルス
(楽天生命パーク 18:00)
オリックスバファローズ
(京セラD大阪 18:00)
福岡ソフトバンクホークス
(ヤフオクドーム 18:00)
千葉ロッテマリーンズ
(ZOZOマリン 18:15)
6月5日埼玉西武ライオンズ
(メットライフ 18:00)
北海道日本ハムファイターズ
(札幌ドーム 18:00)
東北楽天ゴールデンイーグルス
(楽天生命パーク 18:00)
オリックスバファローズ
(京セラD大阪 18:00)
福岡ソフトバンクホークス
(ヤフオクドーム 18:00)
千葉ロッテマリーンズ
(ZOZOマリン 18:15)
6月6日埼玉西武ライオンズ
(メットライフ 18:00)
北海道日本ハムファイターズ
(札幌ドーム 18:00)
東北楽天ゴールデンイーグルス
(楽天生命パーク 18:00)
オリックスバファローズ
(京セラD大阪 18:00)
福岡ソフトバンクホークス
(ヤフオクドーム 18:00)
千葉ロッテマリーンズ
(ZOZOマリン 18:15)
6月7日福岡ソフトバンクホークス
(マツダスタジアム 18:00)
オリックスバファローズ
(神宮 18:00)
千葉ロッテマリーンズ
(東京ドーム 18:00)
埼玉西武ライオンズ
(横浜 18:00)
東北楽天ゴールデンイーグルス
(ナゴヤドーム 18:00)
北海道日本ハムファイターズ
(甲子園 18:00)
6月8日福岡ソフトバンクホークス
(マツダスタジアム 14:00)
オリックスバファローズ
(神宮 14:00)
千葉ロッテマリーンズ
(東京ドーム 14:00)
埼玉西武ライオンズ
(横浜 14:00)
東北楽天ゴールデンイーグルス
(ナゴヤドーム 14:00)
北海道日本ハムファイターズ
(甲子園 14:00)
6月9日福岡ソフトバンクホークス
(マツダスタジアム 13:30)
オリックスバファローズ
(神宮 13:00)
千葉ロッテマリーンズ
(東京ドーム 14:00)
埼玉西武ライオンズ
(横浜 13:00)
東北楽天ゴールデンイーグルス
(ナゴヤドーム 14:00)
北海道日本ハムファイターズ
(甲子園 14:00)
6月10日移動日
6月11日北海道日本ハムファイターズ
(札幌ドーム 18:00)
東北楽天ゴールデンイーグルス
(郡山 18:00)
埼玉西武ライオンズ
(メットライフ 18:00)
千葉ロッテマリーンズ
(ZOZOマリン 18:15)
オリックスバファローズ
(京セラD大阪 18:00)
福岡ソフトバンクホークス
(ヤフオクドーム 18:00)
6月12日北海道日本ハムファイターズ
(札幌ドーム 18:00)
東北楽天ゴールデンイーグルス
(楽天生命パーク 18:00)
埼玉西武ライオンズ
(メットライフ 18:00)
千葉ロッテマリーンズ
(ZOZOマリン 18:15)
オリックスバファローズ
(京セラD大阪 18:00)
福岡ソフトバンクホークス
(ヤフオクドーム 18:00)
6月13日北海道日本ハムファイターズ
(札幌ドーム 18:00)
東北楽天ゴールデンイーグルス
(楽天生命パーク 18:00)
埼玉西武ライオンズ
(メットライフ 18:00)
千葉ロッテマリーンズ
(ZOZOマリン 18:15)
オリックスバファローズ
(京セラD大阪 18:00)
福岡ソフトバンクホークス
(ヤフオクドーム 18:00)
6月14日東北楽天ゴールデンイーグルス
(楽天生命パーク 18:00)
埼玉西武ライオンズ
(メットライフ 18:00)
北海道日本ハムファイターズ
(札幌ドーム 18:00)
福岡ソフトバンクホークス
(ヤフオクドーム 18:00)
千葉ロッテマリーンズ
(ZOZOマリン 18:00)
オリックスバファローズ
(京セラD大阪 18:00)
6月15日東北楽天ゴールデンイーグルス
(楽天生命パーク 14:00)
埼玉西武ライオンズ
(メットライフ 14:00)
北海道日本ハムファイターズ
(札幌ドーム 14:00)
福岡ソフトバンクホークス
(ヤフオクドーム 14:00)
千葉ロッテマリーンズ
(ZOZOマリン 14:00)
オリックスバファローズ
(京セラD大阪 18:00)
6月16日東北楽天ゴールデンイーグルス
(楽天生命パーク 13:00)
埼玉西武ライオンズ
(メットライフ 13:00)
北海道日本ハムファイターズ
(札幌ドーム 14:00)
福岡ソフトバンクホークス
(ヤフオクドーム 13:00)
千葉ロッテマリーンズ
(ZOZOマリン 14:00)
オリックスバファローズ
(京セラD大阪 14:00)
6月17日移動日
6月18日千葉ロッテマリーンズ
(マツダスタジアム 18:00)
福岡ソフトバンクホークス
(神宮 18:00)
オリックスバファローズ
(東京ドーム 18:00)
北海道日本ハムファイターズ
(横浜 18:00)
埼玉西武ライオンズ
(ナゴヤドーム 18:00)
東北楽天ゴールデンイーグルス
(倉敷 18:00)
6月19日千葉ロッテマリーンズ
(マツダスタジアム 18:00)
福岡ソフトバンクホークス
(神宮 18:00)
オリックスバファローズ
(東京ドーム 18:00)
北海道日本ハムファイターズ
(横浜 18:00)
埼玉西武ライオンズ
(ナゴヤドーム 18:00)
東北楽天ゴールデンイーグルス
(甲子園 18:00)
6月20日千葉ロッテマリーンズ
(マツダスタジアム 18:00)
福岡ソフトバンクホークス
(神宮 18:00)
オリックスバファローズ
(東京ドーム 18:00)
北海道日本ハムファイターズ
(横浜 18:00)
埼玉西武ライオンズ
(ナゴヤドーム 18:00)
東北楽天ゴールデンイーグルス
(甲子園 18:00)
6月21日オリックスバファローズ
(マツダスタジアム 18:00)
千葉ロッテマリーンズ
(神宮 18:00)
福岡ソフトバンクホークス
(東京ドーム 18:00)
東北楽天ゴールデンイーグルス
(横浜 18:00)
北海道日本ハムファイターズ
(ナゴヤドーム 18:00)
埼玉西武ライオンズ
(甲子園 18:00)
6月22日オリックスバファローズ
(マツダスタジアム 14:00)
千葉ロッテマリーンズ
(神宮 14:00)
福岡ソフトバンクホークス
(東京ドーム 14:00)
東北楽天ゴールデンイーグルス
(横浜 14:00)
北海道日本ハムファイターズ
(ナゴヤドーム 14:00)
埼玉西武ライオンズ
(甲子園 14:00)
6月23日オリックスバファローズ
(マツダスタジアム 13:30)
千葉ロッテマリーンズ
(神宮 13:00)
福岡ソフトバンクホークス
(東京ドーム 13:00)
東北楽天ゴールデンイーグルス
(横浜 13:00)
北海道日本ハムファイターズ
(ナゴヤドーム 14:00)
埼玉西武ライオンズ
(甲子園 14:00)

プロ野球交流戦2019の賞金は?

今年の賞金については、

  • 勝率1位の球団に『交流戦優勝球団』とし、賞金3000万円
  • 12球団で最も活躍した選手に、『MVP』として賞金200万円

このようになっています。

昨年までは少し複雑で、

  • 勝ち越したリーグの勝率1位チームに1000万円、2位以下にも500万円400万円300万円200万円100万円
  • 12球団最高勝率のチームに500万円
  • MVP選手に200万円

このようになっていました。

いわゆるリーグ同士の闘いという認識で、

勝ち越したリーグのチームは

賞金を獲得していたんですよね。

そういうこともあって、

昨年はヤクルトが勝率1位ながら

パリーグが勝ち越したこともあって、

パリーグ勝率1位のオリックスが

1000万円を獲得する珍事が起きました。

今年の交流戦はそういう心配はなく、

12球団で1位の球団が

3000万円を総獲りできるシステムです。

12球団の注目選手

ここからは私が思う12球団の注目選手を

投手と野手に分けて、

注目ポイントも一緒に紹介します。

  注目選手 
チーム名投手野手注目ポイント
パリーグ埼玉西武ライオンズ今井達也森友哉今井投手はエースとしての期待が大きく、昨年デビューを果たした交流戦で今年はどう活躍できるか。
森選手は今年は炭谷選手が移籍をして完全に正捕手として活躍しているので、交流戦でも注目。
福岡ソフトバンクホークス高橋礼,大竹耕太郎周東佑京高橋投手と大竹投手は共に大卒2年目で交流戦は経験なしなので、どこまで通用するか注目。
周東選手は育成上がりながら自慢の足でアピールをしている。球界トップクラスの俊足でセリーグのチームを驚かせると思われる。
北海道日本ハムファイターズ有原航平大田泰示有原投手は今年は非常に状態がいいので、セリーグの打者にどこまで成績を残せるか期待。
大田選手は安打をコンスタントに重ねており、かつて在籍したセリーグ相手にも安打を量産できるか楽しみ。
オリックスバファローズ山本由伸大城滉二山本投手は高卒3年目ながら素晴らしい成績を残しており、交流戦でも注目が集まる。
大城選手は今年は打撃の状態が良く、ユーティリティープレイヤーを卒業して打てる選手になってきてるので注目。
千葉ロッテマリーンズ二木康太荻野貴司二木投手はあまり注目されないが、時期マリーンズのエース候補なので期待。
荻野選手は今年は状態が良いので、交流戦でも自慢の俊足に注目が集まる。
東北楽天ゴールデンイーグルス古川侑利ブラッシュ古川投手は援護が少ないが好投を続けているので、交流戦では勝てるように期待。
ブラッシュ選手は独特な打撃フォームながら器用でパワーもある。セリーグのチームは色々と驚かされるだろう。
セリーグ広島東洋カープ床田寛樹野間峻祥床田投手はカープにはいなかった日本人左腕先発でブレイクしたので、交流戦でも活躍をできるか注目。
野間選手は丸選手の後釜候補として期待をされており、非常に身体能力も高いので期待。
東京ヤクルトスワローズ原樹理村上宗隆原投手は時期エース候補で今年は好投を続けているので、交流戦でも期待。
村上選手は高卒2年目ながらホームランを量産しており、交流戦ではパリーグの脅威となる選手であろう。
読売ジャイアンツ(巨人)高橋優貴山本泰寛高橋投手はあまり目立ってはいないが好投を続けており、左腕先発が少ないパリーグには面白い存在だと思われる。
山本選手は吉川尚輝選手が離脱後に活躍を続けていて、勝負強い打撃も交流戦でも期待できそう。
横浜DeNAベイスターズ今永昇太神里和毅今永投手は昨年は不本意な成績だったが今年は復活したので、交流戦でも活躍が期待される
神里選手は俊足で打撃が良くホームランも打てる勝負強い打者なので、交流戦でも注目。
中日ドラゴンズ大野雄大阿部寿樹,加藤匠馬大野投手は今年は完全復活をしているので、交流戦ではパリーグ相手でも好投を期待。
阿部選手と加藤選手は今年ブレイクした選手で、阿部選手は打撃、加藤選手は甲斐拓也選手にも劣らない強肩を交流戦でも期待。
阪神タイガース青柳晃洋近本光司,木浪聖也青柳投手は右のサイドスローで球が速く、パリーグ相手には非常に有効な投手だと思われる。
近本選手と木浪選手は共に開幕から1軍で、近本選手は走攻守3拍子、木浪選手は勝負強い打撃を共に期待。

ほんの一部ですが、

これらの選手を選ばせていただきました。

もちろん他にも注目選手はいるので、

各球団の選手が気になる方は

下記からそれぞれご覧ください。

まとめ

すみさん

交流戦は毎年ペナントレースの行方を左右する大事な期間で、ここで調子を上げるチームや調子を落とすチームもあります。

佑唯ちゃん

それくらい大事な期間なので、今年はどうなるか注目ですね♪

では☆