Translate(翻訳):

【プロ野球】2018.03.23の試合結果と明日の予想先発と展望【セリーグ パリーグ】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

本日から私が試合をテレビなどで見れた日や

試合が終わった後にブログを更新できる日は

試合結果や次回の試合の展望などを

書いていきたいと思います。

少しデータは古いですが、

12球団の戦力分析と両リーグの順位予想は

下記記事よりそれぞれご覧ください。

では、さっそく。

本日(2018.03.23)のプロ野球の試合結果

本日は6試合行われたので、

それぞれの試合結果を書いていきます。

今回は初回なので軽く説明を…。

各球場で行われた試合の対戦チーム、

時間、球場名を書きます。

その下にスコア表と勝利投手、敗戦投手、

本塁打を放った選手、

投げた投手の名前とイニング数、

そして、最後に私の客観的な総評

書いていきたいと思います。

埼玉西武ライオンズ vs 横浜DeNAベイスターズ(13:00 メットライフ)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
D 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0
西 3 0 0 0 1 0 0 0 × 4 5 0

勝 : 菊池雄星(1勝0敗0S)

負 : 石田健大(0勝1敗0S)

【本塁打】

D :

西 : 浅村 1号(1回裏ソロ)、山川 2号(1回裏ソロ)、中村 2号(1回裏ソロ)

【投手陣】

D : 石田(6回)、国吉(1/3回)、砂田(2/3回)、パットン(1回)

西 : 菊池(5回)、豊田(1回)、ワグナー(1回)、野田(1回)、増田(1回)

【私の総評】

初回にライオンズに3者連続ホームランが出たものの、それぞれ打線が沈黙。開幕1週間前ということもあり、両チームの投手陣がそれぞれ開幕に向けていい状態だと思う。石田投手は被安打や四球は多くはないものの、被弾での失点が目立つのでそれは修正したいところ。

北海道日本ハムファイターズ vs 東京ヤクルトスワローズ(18:00 札幌ドーム)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
2 0 0 0 0 0 0 1 4 7 14 1
0 1 0 0 0 2 1 2 1 7 15 0

【本塁打】

ヤ : バレンティン 5号(1回表2ラン)、6号(8回表ソロ)

日 : 横尾 4号(6回裏2ラン)、西川 1号(8回裏2ラン)

【投手陣】

ヤ : ブキャナン(3回)、田川(1回)、中尾(1回)、由規(3回)、カラシティー(1回)

日 : ロドリゲス(5回)、宮西(1回)、田中(1回)、公文(1回)、石川(1回)

【私の総評】

両チーム打線は問題なく仕上がってきてると思う。投手陣も共に開幕投手を務めることが濃厚な両外国人投手もまずまず仕上げてきていると思う。由規投手が失点をしていたが、ボール自体はいいボールもあったので、シーズンが開幕したら先発で働けると思う。気になったのはファイターズの石川投手。ストレートはいいものの、カウントの取り方に苦労をしていてストレートを痛打されていた。この辺りは捕手ともう少し組み立てを考えたり、変化球の精度をもう一度確認する必要があるだろう。

読売ジャイアンツ(巨人) vs 東北楽天ゴールデンイーグルス(18:00 東京ドーム)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 0 0 5 0 0 5 12 0
0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 9 2

勝 : 則本昂大(2勝1敗0S)

負 : マシソン(1勝1敗0S)

【本塁打】

楽 : 内田 3号(7回表2ラン)

巨 : 長野 2号(9回裏ソロ)

【投手陣】

楽 : 則本(6回)、濱矢(2/3回)、宋(1 1/3回)、松井(1回)

巨 : 菅野(4回)、戸根(1/3回)、谷岡(2/3回)、澤村(1回)、マシソン(2/3回)、篠原(1/3回)、上原(1回)、高木(1回)

【私の総評】

則本投手、菅野投手共に安定した仕上がりをしていた。特に則本投手は6回に一死満塁のピンチを背負ったものの、しっかりピンチを切り抜ける辺りはシーズン同様の内容だった。ジャイアンツの岡本選手は則本投手と6回に対戦をして三振には倒れたもののいい勉強になったと思う。マシソン投手を連打を浴びたものの、心配は必要ないと思う。楽天の集中打は今年も健在であった。

中日ドラゴンズ vs 千葉ロッテマリーンズ(18:00 ナゴヤドーム)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 1 0 0 0 0 0 0 5 6 8 0
0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 10 0

勝 : 内竜也(1勝1敗1S)

負 : 木下雄介(0勝1敗0S)

【本塁打】

ロ : 加藤 1号(9回表満塁)

中 :

【投手陣】

ロ : 涌井(5回)、阿部(2/3回)、松永(1/3回)、大谷(1回)、内(1回)、シェッパーズ

中 : 小笠原(3回)、笠原(3回)、柳(1回)、祖父江(1回)、木下(1回)

【私の総評】

開幕投手を務めると思われる涌井投手は安定した投球内容だったと思う。小笠原投手は3イニングで四球が3つということで、少しコントロールに課題があると思うので開幕戦では修正をして臨みたいところ。木下投手はこの日に支配下登録されての初登板ではあったが、ストレート以外にカウントをとれる変化球がほしいところだと思う。

オリックスバファローズ vs 阪神タイガース(18:00 京セラD大阪)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 3 0
0 0 0 3 0 0 0 0 × 3 6 0

勝 : 西勇輝(1勝0敗0S)

負 : メッセンジャー(1勝2敗0S)

S : 増井浩俊(0勝0敗3S)

【本塁打】

神 :

オ :

【投手陣】

神 : メッセンジャー(6回)、藤川(1回)、岩崎(1回)

オ : 西(6回)、近藤(1回)、黒木(1回)、増井(1回)

【私の総評】

バファローズは中盤にクリーンアップからの連打で勝負強さを見せてメッセンジャー投手を攻略できたのは良かったと思う。バファローズはここ数年は打線の繋がりが課題だと思うので、今回のように繋がりを見せた攻撃ができると良いと思う。タイガースは投手陣は悪くないものの、打線が低調なのが気になるところ。糸原選手のみが調子が良いので、他の選手も開幕までに調子を取り戻してほしいところ。

福岡ソフトバンクホークス vs 広島東洋カープ(18:00 ヤフオクドーム)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
1 0 0 0 0 1 1 0 0 3 7 0
0 3 1 0 0 1 0 0 × 5 8 0

勝 : 千賀滉大(1勝0敗0S)

負 : 野村祐輔(2勝1敗0S)

S : 岩嵜翔(0勝0敗1S)

【本塁打】

広 :

ソ : 松田3号(2回裏3ラン)、デスパイネ 5号(6回裏ソロ)

【投手陣】

広 : 野村(6回)、今村(1回)、中田(1回)

ソ : 千賀(3回)、石川(2回)、嘉弥真(2/3回)、田中(1/3回)、森(2/3回)、モイネロ(1 1/3回)、岩嵜(1回)

【私の総評】

カープは菊池選手と丸選手が共に2安打で適時打も放ち、ホークスは松田選手とデスパイネ選手がそれぞれ本塁打を放つなど、主軸選手が順調な仕上がりを見せたと思う。野村投手の出来が気になるところではあるが、開幕までにどこまで調整して合わせてこられるか。千賀投手が3回で降板したのが私としては気になるところ。大事でないことを祈る。

明日の予想先発と展望

明日は6試合が組まれています。

各カードの予想先発は…

西武(多和田) vs DeNA(飯塚) 13:00 メットライフ

ソフトバンク(中田) vs 広島(大瀬頼) 13:00 ヤフオクドーム

日本ハム(マルティネス) vs ヤクルト(石川) 14:00 札幌ドーム

巨人(田口) vs 楽天(美馬) 14:00 東京ドーム

中日(ジー) vs ロッテ(二木) 14:00 ナゴヤドーム

阪神(岩貞) vs オリックス(田嶋) 14:00 京セラD大阪

このようになっています。

※違う可能性もありますが、ご了承ください。

個人的に注目は

バファローズの田嶋投手が投げる試合ですね。

開幕2戦目のホークス戦に登板が予想されていて

期待のドラフト1位ルーキーですね。

開幕2戦目の敵地である

しかもヤフオクドームで投げるわけですから

どの程度仕上がっているかは

ホークスファンの私としては注目ですね。

他の5試合も開幕2戦目に投げるであろう

好投手たちが先発をするので、

オープン戦ラスト2試合も注目です!

というわけで、以上になります。

こんな感じで試合をちゃんと見れた日は

結果や総評、次回の試合の展望などを

書いていきたいと思いますのでお楽しみに!

次回は明日の夜にまた更新しますね。

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。