Translate(翻訳):

【プロ野球】2018.03.24の試合結果と明日の予想先発と展望【セリーグ パリーグ】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

今回は本日のプロ野球の結果について

書いていきたいと思います。

少しデータは古いですが、

12球団の戦力分析と両リーグの順位予想は

下記記事よりそれぞれご覧ください。

前回の記事は下記から参照してくださいね。

昨日の予想先発はかなり外れていましたね…笑

情報不足ですいません()

では、さっそく。

本日(2018.03.24)のプロ野球の試合結果

本日は6試合行われたので、

それぞれの試合結果を書いていきます。

埼玉西武ライオンズ vs 横浜DeNAベイスターズ(13:00 メットライフ)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
D 0 0 4 0 0 2 2 0 0 8 8 0
西 0 0 4 0 0 0 0 0 0 4 7 1

勝 : バリオス(2勝0敗0S)

負 : 多和田真三郎(0勝2敗0S)

【本塁打】

D :

西 : メヒア 2号(3回裏ソロ)

【投手陣】

D : バリオス(6回)、田中(1回)、パットン(1回)、山崎(1回)

西 : 多和田(5 2/3回)、野田(1/3回)、平井(1回)、高橋(1回)、大石(1回)

【私の総評】

両先発投手が開幕に向けて課題を残したと思う。多和田投手は1イニングで大量失点をする傾向があるので、そこは今年も修正しないと厳しいと思う。バリオス投手も4点の援護をもらって守りに入ってしまったのかすぐに同点に追いつかれてしまったので、ここらの意識は変えて臨んでいきたいところ。打線は両チーム打つべき選手が打っているので、開幕に照準を合わせて残りは調整してほしいところ。

福岡ソフトバンクホークス vs 広島東洋カープ(13:00 ヤフオクドーム)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 4 0 0 0 1 0 0 5 12 1
0 0 0 0 0 1 5 0 × 6 9 0

勝 : 古谷優人(1勝0敗0S)

負 : ジャクソン(0勝1敗0S)

S : サファテ(1勝1敗1S)

【本塁打】

広 : 丸 1号(3回表満塁)、メヒア 4号(7回表ソロ)

ソ : 松田 4号(7回裏3ラン)

【投手陣】

広 : ジョンソン(6回)、ジャクソン(2/3回)、中田(1/3回)、中崎(1回)

ソ : 武田(6回)、古谷(1回)、森(1回)、サファテ(1回)

【私の総評】

両先発投手共に四球が多かった印象。特に武田投手は四球をきっかけに丸選手に満塁本塁打を浴びたのでそこは開幕では修正してほしいところ。両チーム打線は好調でカープは上位打線がしっかり機能していた。ジャクソン投手が打たれはしたが、もう一度見直しをすれば問題はないと思う。

北海道日本ハムファイターズ vs 東京ヤクルトスワローズ(14:00 札幌ドーム)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 7 1
1 0 0 1 0 0 0 0 × 2 5 0

勝 : マルティネス(1勝1敗0S)

負 : 石川雅規(0勝1敗0S)

S : 石川直也(0勝0敗2S)

【本塁打】

ヤ : 山田哲 4号(3回表ソロ)

日 : 大田泰 1号(1回裏ソロ)、中田 3号(4回裏ソロ)

【投手陣】

ヤ : 石川(5回)、秋吉(1回)、中澤(1/3回)、近藤(2/3回)、石山(1回)

日 : マルティネス(5回)、井口(2/3回)、白村(2/3回)、上原(2/3回)、トンキン(1回)、石川(1回)

【私の総評】

両先発投手それぞれ試合を作る安定した内容だったと思う。それぞれ失点がすべて本塁打なので開幕してからは一発に気をつけたいところ。中継ぎ投手は両球団のそれぞれの投手が無失点で抑えていて、順調な仕上がりを見せたと思う。

読売ジャイアンツ(巨人) vs 東北楽天ゴールデンイーグルス(14:00 東京ドーム)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 1 0 0 1 0 0 0 0 2 7 0
0 0 0 0 0 2 0 0 0 2 4 0

【本塁打】

楽 : 内田 4号(2回表ソロ)

巨 : 吉川尚 2号(6回裏2ラン)

【投手陣】

楽 : 美馬(6回)、ハーマン(1回)、松井(1回)、福山(1回)

巨 : 田口(3回)、吉川(4回)、澤村(1回)、カミネロ(1回)

【私の総評】

両先発投手が安定した投球内容を見せたと思う。楽天の内田選手、巨人の吉川選手と両球団が今年売出し中の若手選手にも本塁打が出て大きくアピールもできたと思う。中継ぎ投手は両球団共、普段勝ちパターンを担っている投手ばかりだったこともあり開幕に向けてさすがの仕上がりだったと思う。

中日ドラゴンズ vs 千葉ロッテマリーンズ(14:00 ナゴヤドーム)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 3 0 0 0 0 3 10 0
3 0 1 4 0 0 1 0 × 9 11 0

勝 : ジー(2勝1敗0S)

負 : ボルシンガー(1勝1敗0S)

【本塁打】

ロ :

中 : ビシエド 1号(1回裏3ラン)、アルモンテ 4号(4回裏2ラン)、ビシエド 2号(7回裏ソロ)

【投手陣】

ロ : ボルシンガー(4回)、南(1回)、有吉(1回)、益田(1回)、内(1回)

中 : ジー(6回)、谷元(1回)、又吉(1回)、鈴木博志(1回)

【私の総評】

ロッテの先発投手のボルシンガー投手は開幕に不安を残した。四球も絡み本塁打も浴びての大量失点なので、もう一度開幕までに見直したいところ。一方、ドラゴンズはアルモンテ選手、ビシエド選手の両外国人選手が一発を放つなど状態がいい。このまま開幕まで状態をキープしてもらい打線を引っ張ってほしいと思う。

阪神タイガース vs オリックスバファローズ(14:00 京セラD大阪)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 4 0 1 0 0 0 0 1 6 10 2
2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 5 1

勝 : 田嶋大樹(1勝1敗0S)

負 : 能見篤史(0勝2敗0S)

【本塁打】

オ : 吉田正 2号(2回表2ラン)

神 :

【投手陣】

オ : 田嶋(6回)、小林(1回)、黒木(1回)、近藤(1回)

神 : 能見(4回)、伊藤(1回)、モレノ(1回)、桑原(1回)、マテオ(1回)、ドリス(1回)

【私の総評】

タイガースは開幕第2戦の先発候補の能見投手が不安を残した。ここ数年、年齢による衰えが見られる場面もあったり安定感に欠くことが多い印象がある。今回の登板により金本監督がどう判断するか。バファローズの田嶋投手は初回こそ失点をしたが、2回以降はルーキーらしからぬ修正力を見せて開幕2戦目のホークス戦の先発へ向けて順調な仕上がりを見せた。

明日の予想先発と展望

明日は6試合が組まれています。

各カードの予想先発は…

日本ハム(加藤) vs ヤクルト(山中) 13:00 札幌ドーム

DeNA(飯塚) vs 西武(ウルフ) 13:00 横浜

巨人(野上) vs 楽天(岸) 14:00 東京ドーム

中日(松坂) vs ロッテ(二木) 14:00 ナゴヤドーム

オリックス(山岡) vs 阪神(秋山) 14:00 京セラD大阪

広島(大瀬頼) vs ソフトバンク(中田) 14:00 マツダスタジアム

このようになっています。

※違う可能性もありますが、ご了承ください。

オープン戦最後の試合ですし、

開幕3戦目に投げる投手や

2カード目の頭に投げる投手たちの登板が

多そうですね。

オープン戦といえど

最後は勝って終わりたいでしょうし、

この試合が終わればシーズンは

3月30日から開幕ですからね。

各球団の総仕上げとなる6試合

どれも注目ですね!

というわけで、以上になります。

明日は私の都合により更新できないので

次回はシーズンが開幕したら

同じように更新していきたいと思います。

シーズンが開幕する前に

オープン戦の総括はできればするので

そちらもお楽しみに!

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。