Translate(翻訳):

【プロ野球】2018年3月30日(開幕戦)の試合結果と明日の予告先発と展望【セリーグ パリーグ】

シェアもして頂けると嬉しいです!

スポンサーリンク

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今日からプロ野球が開幕しましたね!

本日から私が試合を見れた日は

試合結果と振り返り、

次回の試合の展望などを書いていくので

よろしくお願い致します。

では、さっそく。

スポンサーリンク

本日(2018.03.30)のプロ野球の試合結果

本日は6試合行われたので、

それぞれの試合結果を書いていきます。

読売ジャイアンツ(巨人) vs 阪神タイガース(18:00 東京ドーム)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 2 2 0 0 0 1 0 0 5 13 0
0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 8 0

勝 : メッセンジャー(1勝0敗0S)

負 : 菅野智之(0勝1敗0S)

【本塁打】

神 : 福留 1号(2回表ソロ)、大山 1号(3回表2ラン)

巨 :

【投手陣】

神 : メッセンジャー(7回)、マテオ(1回)、ドリス(1回)

巨 : 菅野(7回)、高木(1回)、谷岡(1回)

【私の総評】

菅野投手から5点を奪った阪神打線は見事でしたね。菅野投手は四球などもなくボールも悪くはなかったとは思いますが、阪神打線が開幕の菅野投手相手に相当対策をしてきた結果だと思います。スタメン野手に全員ヒットが出た阪神打線は良かったです。ジャイアンツもルーキーの大城選手や田中選手が初ヒットを放ったのでそこは収穫でしょうね。

横浜DeNAベイスターズ vs 東京ヤクルトスワローズ(18:30 横浜)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
2 0 3 0 0 0 0 1 1 7 10 0
D 0 0 0 1 0 0 0 2 0 3 7 2

勝 : ブキャナン(1勝0敗0S)

負 : 石田健大(0勝1敗0S)

【本塁打】

ヤ : 川端 1号(3回表2ラン)

横 : ロペス 1号(4回裏ソロ)、宮崎 1号(8回裏2ラン)

【投手陣】

ヤ : ブキャナン(6回)、石山(1回)、秋吉(1回)、カラシティー(1回)

横 : 石田(5回)、三嶋(2回)、国吉(1回)、田中(1回)

【私の総評】

DeNAは初回の大和選手の失策が響いて波に乗れなかったと思います。名手の大和選手ではありますが、開幕戦で移籍してきて最初のゴロは緊張もあったと思います。スワローズ打線はそこをちゃんと逃さずに得点できたのが良かった。川端選手の2ランや青木選手にもタイムリー、坂口選手が4安打を放つなど強力打線の復活を予感させる試合だったと思う。

広島東洋カープ vs 中日ドラゴンズ(18:00 マツダスタジアム)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 1 0 0 0 2 0 0 0 3 6 0
1 0 1 0 0 3 1 0 × 6 10 1

勝 : 野村祐輔(1勝0敗0S)

負 : 小笠原慎之介(0勝1敗0S)

S : 中崎翔太(0勝0敗1S)

【本塁打】

中 :

広 : エルドレッド 1号(6回裏ソロ)

【投手陣】

中 : 小笠原(6回)、祖父江(1回)、伊藤(1回)

広 : 野村(6回)、今村(1回)、ジャクソン(1回)、中崎(1回)

【私の総評】

さすがセリーグを2連覇してるチームの勝ち方だったと思う。一度勝ち越されてもすぐに追いついて追い越す辺りは今年も逆転のカープ健在だと思う。ドラゴンズの小笠原投手はやはり開幕の雰囲気にまだ対応できていなかったと思うが、これを今後に活かしてほしい。ドラゴンズも打線は悪くなかったので、ここぞの一打を増やして得点力をあげていけば、今日のような試合ももっと獲れると思う。

北海道日本ハムファイターズ vs 埼玉西武ライオンズ(18:30 札幌ドーム)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
西 0 1 7 0 0 0 0 3 0 11 15 1
0 0 0 0 0 2 0 0 0 2 4 0

勝 : 菊池雄星(1勝0敗0S)

負 : ロドリゲス(0勝1敗0S)

【本塁打】

西 :

日 : レアード 1号(6回裏2ラン)

【投手陣】

西 : 菊池(7回)、平井(1回)、ワグナー(1回)

日 : ロドリゲス(2 1/3回)、井口(2 2/3回)、上原(2回)、田中(1回)、西村(1回)

【私の総評】

ロドリゲス投手の出来が全てと予想はしていたが、予想以上に崩れてしまったためこの結果でもしょうがないと思う。コントロールが甘かったので、次投げることがあればそこを修正したいところ。四球はなかっただけにもったいない。菊池投手もそこまですごい良さそうには見えなかったが、打線の援護に助けられてさすがの内容だった。レアード選手の寿司は今年も健在だった。

千葉ロッテマリーンズ vs 東北楽天ゴールデンイーグルス(18:30 ZOZOマリン)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 1 3 11 0
0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 2 13 0

勝 : 福山博之(1勝0敗0S)

負 : 益田直也(0勝1敗0S)

S : 高梨雄平(0勝0敗1S)

【本塁打】

楽 :

ロ :

【投手陣】

楽 : 則本(7回)、ハーマン(1回)、松井(1回)、福山(2回)、高梨(1回)

ロ : 涌井(7回)、ジェッパーズ(1回)、有吉(1回)、松永(1回)、内(1回)、益田(1回)

【私の総評】

両エース同士のいい投げあいだったと思う。イーグルスは松井投手はセーブに失敗はしたものの中継ぎ投手陣の層の厚さで取ったゲームだと思う。ロッテの中継ぎ投手陣は無駄な四球からピンチを招き、益田投手はそれから最後に打たれてしまったので、今年上位を狙っていく上ではこういう無駄な四球は減らしていかないと接戦時でも勝てない試合が増えることになるので、そこは意識したいところ。

福岡ソフトバンクホークス vs オリックスバファローズ(18:30 ヤフオクドーム)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
0 0 0 0 0 0 0 2 × 2 7 0

勝 : 岩嵜翔(1勝0敗0S)

負 : 西勇輝(0勝1敗0S)

S : サファテ(0勝0敗1S)

【本塁打】

オ :

ソ :

【投手陣】

オ : 西(7 1/3回)、近藤(2/3回)

ソ : 千賀(7回)、岩嵜(1回)、サファテ(1回)

【私の総評】

非常に素晴らしい試合で私が予想した通り、西投手は手ごわかったです。千賀投手もオープン戦までとは違って、開幕に合わせた素晴らしい投球をしてくれていたのでバファローズ打線も打てなかったと思う。西投手の継投のタイミングを誤った可能性は結果論から言うと否めないがそれは仕方がないことだと思う。敗れはしたものの、今年の西投手はいい成績を残すだろうな、とホークスファンの私が見ても感じることができた。最高なナイスピッチングだったと思う。決勝タイムリーの柳田選手は甘いボールを逃さすに初球で仕留める辺りはさすがだったと思う。

明日の予告先発と展望

明日は6試合が組まれています。

各カードの予想先発は…

巨人(田口) vs 阪神(藤浪) 14:00 東京ドーム

DeNA(バリオス) vs ヤクルト(石川) 14:00 横浜

広島(ジョンソン) vs 中日(ジー) 14:00 マツダスタジアム

日本ハム(マルティネス) vs 西武(多和田) 14:30 札幌ドーム

ロッテ(ボルシンガー) vs 楽天(美馬) 14:00 ZOZOマリン

ソフトバンク(武田) vs オリックス(田嶋) 13:00 ヤフオクドーム

このようになっています。

私個人としては田嶋投手の初登板ということで

ホークスは負けるわけにはいきません。

あとは藤浪投手が復活できるのかは

ちょっと楽しみですね。

15勝はできる投手のはずですし、

藤浪投手が活躍すれば阪神の優勝は

だいぶ堅いものになりますからね。

開幕戦に勝ったチームが連勝するのか、

それとも敗れたチームが五分に戻すのか

それぞれ各球場注目ですね。

というわけで、今回は以上になります。

次回はまた明日の夜に更新しますね。

では☆

PS1.ホークスの試合結果と振り返りはこちら。

PS2.2軍(ファーム)の試合結果と注目点はこちら。



シェアもして頂けると嬉しいです!