Translate(翻訳):

【プロ野球】2018年3月31日の試合結果と明日の予告先発と展望【セリーグ パリーグ】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

今回は本日のプロ野球の結果について

書いていきたいと思います。

前回の記事は下記から参照してくださいね。

では、さっそく。

本日(2018.03.31)のプロ野球の試合結果

本日は6試合行われたので、

それぞれの試合結果を書いていきます。

読売ジャイアンツ(巨人) vs 阪神タイガース(14:00 東京ドーム)

123456789
1030000004121
00200213×8110

勝 : 澤村拓一(1勝0敗0S)

負 : 桑原謙太朗(0勝1敗0S)

【本塁打】

神 : 糸井 1号(1回表ソロ)

巨 : 岡本 1号(8回裏3ラン)

【投手陣】

神 : 藤浪(5 0/3回)、岩崎(1回)、桑原(1回)、藤川(1回)

巨 : 田口(5 2/3回)、谷岡(1/3回)、澤村(1回)、上原(1回)、カミネロ(1回)

【私の総評】

阪神打線は序盤に田口投手を崩したものの、追加点を奪えなかったのが響いた印象。藤浪投手はあの展開で4点リードを守りきれないようだと今シーズンも厳しいなといった印象を持った。ジャイアンツは岡本選手が4安打5打点1本塁打と大暴れの大活躍だった。上原投手が日本復帰後初登板を飾り、澤村投手も復活の登板を飾るなど大きい1勝になったと思う。

横浜DeNAベイスターズ vs 東京ヤクルトスワローズ(14:00 横浜)

123456789
002200100581
010000200370

勝 : 石川雅規(1勝0敗0S)

負 : バリオス(0勝1敗0S)

S : カラシティー(0勝0敗1S)

【本塁打】

ヤ :

横 : 嶺井 1号(2回裏ソロ)

【投手陣】

ヤ : 石川(6 2/3回)、近藤(1/3回)、石山(1回)、カラシティー(1回)

横 : バリオス(4回)、エスコバー(2回)、三上(1回)、砂田(1回)

【私の総評】

バリオス投手は四球も4失点と不安定さを見せた。青木選手に2点タイムリーも出るなど、スワローズは効果的に追加点を挙げたと思う。石川投手はベテランらしい粘り強い投球で試合を作ったと思う。カラシティー投手は9回に四球が2つ絡みピンチを作るなど危なかしい内容ではあったが今回は何とか凌いだなという印象。

広島東洋カープ vs 中日ドラゴンズ(14:00 マツダスタジアム)

123456789
010000010281
00042000×6101

勝 : ジョンソン(1勝0敗0S)

負 : ジー(0勝1敗0S)

【本塁打】

中 : 福田 1号(2回表ソロ)、アルモンテ 1号(8回表ソロ)

広 : 丸 1号(5回裏2ラン)

【投手陣】

中 : ジー(6回)、又吉(1回)、田島(1回)

広 : ジョンソン(7回)、一岡(1回)、中崎(1回)

【私の総評】

カープ打線が初対戦となるジー投手を四球を絡め集中打と本塁打で9安打を浴びせてノックアウトした。ジョンソン投手は7回を6安打、福田選手のソロのみに抑えてさすがの投球内容だったと思う。ドラゴンズはアルモンテ選手に来日初本塁打、京田選手が3安打猛打賞に2盗塁など躍動した。打線は昨日も書いたように悪くないので、先発投手陣が試合を作って接戦に持ち込みたいところ。

北海道日本ハムファイターズ vs 埼玉西武ライオンズ(14:30 札幌ドーム)

123456789
西0000111047110
000000020270

勝 : 多和田真三郎(1勝0敗0S)

負 : マルティネス(0勝1敗0S)

【本塁打】

西 : 浅村 1号(6回表ソロ)、山川 1号(9回表ソロ)

日 :

【投手陣】

西 : 多和田(6回)、武隈(1回)、高橋(0/3回)、平井(1回)、増田(1回)

日 : マルティネス(6回)、公文(0/3回)、田中(1回)、井口(1回)、石川(1回)

【私の総評】

終わってみればライオンズ打線が連日の2桁安打を放って快勝したなという印象。多和田投手が対ファイターズの相性通り6回を無失点に抑えた。ファイターズは西川選手、横尾選手の1番と2番が無安打と3番の近藤選手が好調なだけにもどかしいところ。西川選手が安打を放たない限りはファイターズは得点力が上がらないので、何とか出塁をしてほしいところ。早くも2番横尾選手は考えどころだと個人的には思う。

千葉ロッテマリーンズ vs 東北楽天ゴールデンイーグルス(14:00 ZOZOマリン)

123456789
000001010261
30300000×690

勝 : ボルシンガー(1勝0敗0S)

負 : 美馬学(0勝1敗0S)

【本塁打】

楽 : 島内 1号(8回表ソロ)

ロ : 井上 1号(1回裏ソロ)、中村 1号(3回裏ソロ)、井上 2号(3回裏ソロ)

【投手陣】

楽 : 美馬(2 0/3回)、菅原(3回)、濱矢(2回)、釜田(1回)

ロ : ボルシンガー(6 2/3回)、南(1/3回)、有吉(1回)、内(1回)

【私の総評】

オープン戦では不安定な投球を見せていたボルシンガー投手ではあったが、きっちり開幕して合わせてきた印象。美馬投手は四球こそなかったものの8安打を浴びてノックアウトされた。打線の方では主砲不在と言われていたロッテ打線ではあるが、井上選手が2打席連続で本塁打を放ち、3番の中村選手も本塁打を放つなど、長打力も見せ付けた。

福岡ソフトバンクホークス vs オリックスバファローズ(13:00 ヤフオクドーム)

123456789
0010034008101
100001002471

勝 : 田嶋大樹(1勝0敗0S)

負 : 武田翔太(0勝1敗0S)

【本塁打】

オ : ロメロ 1号(6回表2ラン)、マレーロ 1号(7回表満塁)

ソ : 川島 1号(1回裏ソロ)、松田 1号(9回裏2ラン)

【投手陣】

オ : 田嶋(5回)、小林(1回)、黒木(1回)、金田(1回)、増井(1回)

ソ : 武田(5 0/3回)、嘉弥真(0/3回)、森(1回)、モイネロ(1回)、加治屋(2回)

【私の総評】

序盤2回まで苦しんでいた田嶋投手を捉えることができずに終わってみれば5回1失点で試合を作られた印象。武田投手はボールは悪くなかったものの、昨年までと変わらないスライダーの失投を見事にやられた印象。嘉弥真投手やモイネロ投手も打たれており、この先に不安の残る敗戦になったと思う。打線は内川選手とデスパイネ選手の中軸2人が無安打なので、明日の試合で1本打って安心したいところ。

明日の予告先発と展望

明日は6試合が組まれています。

各カードの予想先発は…

巨人(野上) vs 阪神(秋山) 14:00 東京ドーム

DeNA(京山) vs ヤクルト(由規) 13:00 横浜

広島(大瀬頼) vs 中日(笠原) 13:30 マツダ

日本ハム(加藤) vs 西武(ウルフ) 14:00 札幌ドーム

ロッテ(酒居) vs 楽天(池田) 14:00 ZOZOマリン

ソフトバンク(中田) vs オリックス(山岡) 13:00 ヤフオクドーム

このようになっています。

私個人としては、

酒居投手と山岡投手に注目です。

酒居投手は昨年の終盤から活躍をして

ロッテの中では安定した投球内容でした。

山岡投手も8勝12敗ではありましたが、

ルーキーながら昨年は

規定投球回に到達しましたからね。

この2年目の両投手がジンクスにハマらずに

今年も活躍できるかどうか、

最初のスタートとなる明日の登板を

楽しみに見たいと思います。

というわけで、今回は以上になります。

次回はまた明日の夜に更新しますね。

では☆

PS.ホークスの試合結果と振り返りはこちら。