Translate(翻訳):

【プロ野球】2018年4月1日の試合結果と次回の予想先発と展望【セリーグ パリーグ】

シェアもして頂けると嬉しいです!

スポンサーリンク

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は本日のプロ野球の結果について

書いていきたいと思います。

前回の記事は下記から参照してくださいね。

では、さっそく。

スポンサーリンク

本日(2018.04.01)のプロ野球の試合結果

本日は6試合行われたので、

それぞれの試合結果を書いていきます。

読売ジャイアンツ(巨人) vs 阪神タイガース(14:00 東京ドーム)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 1 0 1 0 0 0 0 0 2 5 0
0 0 0 3 0 0 0 0 × 3 5 0

勝 : 野上亮磨(1勝0敗0S)

負 : 秋山拓巳(0勝1敗0S)

S : カミネロ(0勝0敗1S)

【本塁打】

神 : 梅野 1号(2回表ソロ)、ロサリオ 1号(4回表ソロ)

巨 : 岡本 2号(4回裏3ラン)

【投手陣】

神 : 秋山(6回)、石崎(2回)

巨 : 野上(5 2/3回)、澤村(1 1/3回)、上原(1回)、カミネロ(1回)

【私の総評】

岡本選手が連日の3ラン本塁打でチームを勝利に導いていて、打席を見ていてもすでに相手投手にオーラを与えるような風格もあった。1試合に1つ四球を出すか出さないかの秋山投手から四球をもぎとった後に、甘いまっすぐとはいえちゃんと捉えている辺りは素晴らしかったと思う。今後は他球団にかなりマークされるとは思うが、それを乗り越えることができれば、村田選手を戦力外にしても問題なかったと思えるだろう。

横浜DeNAベイスターズ vs 東京ヤクルトスワローズ(13:00 横浜)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 7 1
0 0 1 2 0 0 0 0 × 3 6 0

勝 : 京山将弥(1勝0敗0S)

負 : 由規(0勝1敗0S)

S : 山崎康晃(0勝0敗1S)

【本塁打】

ヤ :

横 :

【投手陣】

ヤ : 由規(4回)、山中(2回)、中尾(1回)、近藤(1回)

横 : 京山(5回)、三上(1回)、井納(1回)、パットン(1回)、山崎(1回)

【私の総評】

京山投手が5回1失点と開幕から連敗でプレッシャーのかかる中よく試合を作ったと思う。打線では倉本選手が2安打2打点で今年も得点圏での勝負強さを感じた。スワローズは由規投手は元々制球に難がある投手ではあるが、この試合でも4四球でそれが絡んで失点を重ねてしまったので、今後ローテを守っていくうえではそこの修正をしていきたい。

広島東洋カープ vs 中日ドラゴンズ(13:30 マツダスタジアム)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 2 0 0 0 1 0 3 6 0
0 1 0 1 2 0 4 0 × 8 11 1

勝 : 大瀬頼大地(1勝0敗0S)

負 : 笠原祥太郎(0勝1敗0S)

【本塁打】

中 : ビシエド 1号(4回表ソロ)、平田 1号(4回表ソロ)、ビシエド 2号(8回表ソロ)

広 : 下水流 1号(2回裏ソロ)、丸 2号(4回裏ソロ)、エルドレッド 2号(7回裏3ラン)

【投手陣】

中 : 笠原(6回)、谷元(1回)、鈴木(1回)

広 : 大瀬頼(5 1/3回)、中田(2/3回)、今村(1回)、ジャクソン(1回)、九里(1回)

【私の総評】

広島が開幕3連勝。オープン戦では打線も湿っていたが、さすがに2連覇中の王者らしく開幕にちゃんと合わせてきたという印象。特に打線は丸選手やエルドレッド選手が3戦で2本塁打ずつを放つなど今年も強力打線は健在だという印象。ドラゴンズは本塁打を3本放つもやはり投手陣の粘りか課題ということを痛感した開幕3連戦だったと思う。

北海道日本ハムファイターズ vs 埼玉西武ライオンズ(14:00 札幌ドーム)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
西 0 0 0 0 3 0 0 0 1 4 9 0
0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 9 1

勝 : ウルフ(1勝0敗0S)

負 : 加藤貴之(0勝1敗0S)

S : 増田達至(0勝0敗1S)

【本塁打】

西 :

日 : 中田 1号(8回裏ソロ)

【投手陣】

西 : ウルフ(6回)、武隈(1回)、平井(1回)、増田(1回)

日 : 加藤(5 1/3回)、西村(2/3回)、宮西(1回)、トンキン(1回)、石川(1回)

【私の総評】

ライオンズは好調で開幕3連勝。見る限り打線が好調なのは言うまでもないが、二死になってからもちゃんとチャンスを生かして得点に繋げている印象。逆にファイターズはチャンスは作るも得点圏での一本が出ずに得点を重ねることができていない。投手陣はライオンズも中継ぎはこの先苦労するかもしれない予感はするが、先発が試合を作って打線がこの試合のように効果的に得点を挙げることができれば今年も強いと思う。ファイターズは先発投手陣に加え、抑えを務めている石川直也投手がまだまだ壁にぶち当たっており、今年は苦労しそうな予感を漂わせる開幕3連戦だった。

千葉ロッテマリーンズ vs 東北楽天ゴールデンイーグルス(14:00 ZOZOマリン)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 1 0 0 3 0 0 0 4 9 2
0 0 4 1 0 0 0 0 × 5 9 1

勝 : 酒居知史(1勝0敗0S)

負 : 池田隆英(0勝1敗0S)

S : 内竜也(0勝0敗1S)

【本塁打】

楽 :

ロ : 荻野 1号(4回裏ソロ)

【投手陣】

楽 : 池田(2 1/3回)、濱矢(2 2/3回)、釜田(1回)、高梨(2/3回)、福山(1 1/3回)

ロ : 酒居(5 1/3回)、松永(2/3回)、有吉(1回)、シェッパーズ(1回)、内(1回)

【私の総評】

ロッテ打線、楽天打線共にいい繋がりを見せたが先に5点をとったロッテが中継ぎ投手陣の継投で逃げ切ったなという印象。シェッパーズ投手は開幕戦では8回のリリーフに失敗したが、この試合では完璧なリリーフを見せていて、見逃し三振も2つ奪っていていいボールが多かった。ロッテも勝ちパターンは確立されているので、この試合のように打線が得点を重ねることができればいい闘いができると思う。楽天は初先発の池田投手が3回を持たなかったので次回は試合を作りたいところ。

福岡ソフトバンクホークス vs オリックスバファローズ(13:00 ヤフオクドーム)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 0 2 0 0 1 3 8 0
0 0 0 0 0 4 0 8 × 12 16 0

勝 : 石川柊太(1勝0敗0S)

負 : 山岡泰輔(0勝1敗0S)

【本塁打】

オ : マレーロ 2号(6回表2ラン)、吉田正 1号(9回表ソロ)

ソ : 中村晃 1号(6回裏満塁)

【投手陣】

オ : 山岡(5 1/3回)、小林(2/3回)、金田(1回)、黒木(1/3回)、榊原(0/3回)、松葉(2/3回)

ソ : 中田(5 1/3回)、石川(1 2/3回)、モイネロ(0/3回)、岩嵜(1回)、田中(1回)

【私の総評】

序盤はたくさんのピンチを作ったが中田投手は粘りながら試合を作ったと思う。ただ、先に本塁打で失点というのは今後は減らしてほしいところ。四球が絡みながらもなんだかんだ抑える辺りはさすがの投球だと思う。打線に関しては中村選手の満塁本塁打はもちろんのこと、チャンスを演出した本多選手の繋ぎ、内川選手とデスパイネ選手にも初安打が出て安心材料も多い。石川投手が中田投手がピンチを作った後を凌いだことがこの試合の大きなポイントだったと思うのでナイスピッチングでした。田中正義投手も待ちに待った1軍登板であったが、吉田正尚選手に本塁打を浴びるなど洗礼も受けたが、今後に繋げてほしいと思う。

火曜日の予想先発と展望

火曜日は5試合が組まれています。

各カードの予想先発は…

ヤクルト(原) vs 広島(薮田) 18:00 神宮

中日(柳) vs 巨人(山口) 18:15 ナゴヤドーム

楽天(岸) vs 日本ハム(上沢) 16:00 楽天生命パーク

西武(十亀) vs ソフトバンク(東浜) 18:00 メットライフ

オリックス(金子) vs ロッテ(石川) 18:00 京セラD大阪

このようになっています。

※違う場合もありますが、ご了承ください。

好調のライオンズとホークスの試合は

個人的にはかなり楽しみですね。

春先のライオンズ打線は振れていて

今年もそれは変わらないので、

開幕3連勝してきたライオンズを

なんとか止めたいですね。

開幕を勝ち越したスワローズと

開幕3連勝を飾ってきた広島の試合も

楽しみですね。

スワローズは原投手が今年も良さそうですし

好調の広島打線をどう抑えるか

注目したいと思います。

というわけで、今回は以上になります。

次回はまた火曜日の夜に更新しますね。

では☆

PS1.ホークスの試合結果と振り返りはこちら。

PS2.次回の試合の記事はこちら。



シェアもして頂けると嬉しいです!