Translate(翻訳):

【プロ野球】2018年03月30日 ソフトバンクvsオリックス 試合結果と振り返り【1回戦】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

今回は12球団とは別に私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきたいと思います。

12球団の試合結果は

下記から参照してくださいね。

では、さっそく。

試合結果

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
0 0 0 0 0 0 0 2 × 2 7 0

勝 : 岩嵜翔(1勝0敗0S)

負 : 西勇輝(0勝1敗0S)

S : サファテ(0勝0敗1S)

【本塁打】

オ :

ソ :

【投手陣】

オ : 西(7 1/3回)、近藤(2/3回)

ソ : 千賀(7回)、岩嵜(1回)、サファテ(1回)

【私の総評】

非常に素晴らしい試合で私が予想した通り、西投手は手ごわかったです。千賀投手もオープン戦までとは違って、開幕に合わせた素晴らしい投球をしてくれていたのでバファローズ打線も打てなかったと思う。西投手の継投のタイミングを誤った可能性は結果論から言うと否めないがそれは仕方がないことだと思う。敗れはしたものの、今年の西投手はいい成績を残すだろうな、とホークスファンの私が見ても感じることができた。最高なナイスピッチングだったと思う。決勝タイムリーの柳田選手は甘いボールを逃さすに初球で仕留める辺りはさすがだったと思う。

試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきたいと思います。

投手陣

あまり振り返るほど良すぎてあれですが、

投手陣は何の文句のつけようのない

素晴らしい投球内容でしたね。

千賀投手はオープン戦を見てて

少し不安ではあったんですけど、

さすが世界の千賀投手でしたね。

岩嵜投手とサファテ投手は

今年も健在でした。

野手陣

相手の西投手がかなり良かったので

かなり苦労をさせられたと思います。

走塁ミスもあったりしたので

そこは反省して次に繋げてほしいです。

とはいえ、さすがに昨年の王者、

8回にようやく捉えてくれましたね。

本多選手も柳田選手も甘いボールを

一振りで捉えてくれる辺りは

さすがだと思いますね。

特に柳田選手には今年も打線を

引っ張ってほしいですね。

明日の予告先発

明日はヤフオクドームで13時から

オリックスバファローズとの2回戦が

予定されています。

ホークスは武田投手、

カープは田嶋投手が予告先発です。

相手がルーキー投手なので

ここは何とかプロの洗礼というやつを

浴びせてほしいですよね。

左投手はホークスは苦手ですが、

今日のように粘り強さを発揮できれば

終盤で得点できると思います。

そのためには先発の武田投手には

先制点を許さないように

慎重に投げていってほしいですね。

というわけで、今回は以上になります。

次回は明日の朝にホークスの記事は

更新しますのでお楽しみに!

では☆

PS1.2軍(ファーム)の試合結果と注目点はこちら。

PS2.次回の記事は下記からどうぞ。