Translate(翻訳):

【プロ野球】ファーム(2軍)の成績と試合結果から見る注目選手【2018年3月30日】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

昨日からプロ野球が開幕しましたけど、

それに伴って2軍(ファーム)のことも

書いていきたいと思います。

今回は2軍(ファーム)の試合結果や

この日の気になった点について

書いていきたいと思います。

1軍の結果は下記から参照してくださいね。

では、さっそく。

昨日(2018年3月30日)のファーム試合結果

昨日はイースタンリーグとウエスタンリーグ

4試合行われましたので、

まずはそれの結果を載せますね。

(2軍は結果がすべてではないので、

詳細は日刊スポーツのリンク先に飛ばします。)

北海道日本ハムファイターズ vs 東京ヤクルトスワローズ(13:00 鎌スタ)

日  3-9  ヤ

勝 : 高橋(1勝0敗)

敗 : 吉田(1勝1敗)

【本塁打】

ヤ : 山川 1号、渡辺 3号

日 : 今井 2号

【私の総評】

スワローズは谷内選手が2安打2打点、村上選手が2安打1打点、山川選手や渡辺選手が本塁打を放つなど活躍した。ファイターズでは今井選手が2安打1本塁打3打点とチームの全打点をたたき出した。投手で言えば、1軍を狙える吉田選手、昨年侍ジャパンに選ばれていた堀投手がそれぞれ4失点、5失点と課題の残る投球内容だったと思う。

【詳細】

プロ野球 : 日刊スポーツ

埼玉西武ライオンズ vs 千葉ロッテマリーンズ(13:00 西武第二)

西  6-3  ロ

勝 : 相内(1勝1敗)

敗 : チェン(0勝1敗)

【本塁打】

ロ :

西 :

【私の総評】

打線の方ではライオンズの戸川選手が3安打2打点の活躍、斉藤選手が2安打1打点、駒月捕手が1安打2打点の活躍を見せた。投手陣ではライオンズの相内投手が6回無失点と好投した。チェン投手は失策は絡んでいるが、そこをカバーする力も今後必要になると思う。ライオンズの松本投手は1回を3失点と課題の残る登板となった。

【詳細】

プロ野球 : 日刊スポーツ

中日ドラゴンズ vs 福岡ソフトバンクホークス(12:30 ナゴヤ)

中  6-5  ソ

勝 : 小川(1勝0敗)

敗 : 古谷(0勝1敗)

S : 佐藤(0勝0敗3S)

【本塁打】

ソ : 長谷川勇 1号

中 :

【私の総評】

ホークスは長谷川選手に一発、谷川原捕手が2安打の活躍を見せた。ドラゴンズは阿部選手、石垣選手、三ツ俣選手が1打点、モヤ選手が2打点を挙げるなど各選手が打点を挙げることができた。投手陣で見れば攝津投手と若松投手がそれぞれ5失点と不安定な投球を見せた。

【詳細】

プロ野球 : 日刊スポーツ

オリックスバファローズ vs 阪神タイガース(13:00 舞洲BS)

オ  6-1  神

勝 : 岸田(1勝0敗)

敗 : 島本(0勝1敗)

【本塁打】

神 :

オ :

【私の総評】

阪神は中谷選手が一人2安打と結果を残した。バファローズはランナーがいる場面で小島選手が3打点と活躍した。投手陣では阪神の才木投手が7回、バファローズの山本投手が6回を投げてそれぞれ1失点と好投した。お互いに9奪三振と素晴らしい内容だったと思う。阪神の島本投手は今後に不安が残った。

【詳細】

プロ野球 : 日刊スポーツ

今回(2018年3月30日)の気になった点

個人的には中日ドラゴンズの

若松投手が気になりますね。

2015年には10勝をした若い投手が

2軍でも苦しんでいるのは

ちょっと悲しいですね。

ドラゴンズは1軍の先発も足りないですし、

この若松投手と大野投手が2軍では

1軍が苦しいのも頷けます。

若松投手は元々制球がいい投手なので

それを生かして何とか復活してほしいです。

そして、阪神の才木投手と

バファローズの山本投手は

どちらも素晴らしい内容でしたね。

両投手とも開幕ローテを争って

最後の最後に落ちてしまいましたけど、

この投球内容なら1軍からも声は

かかることがあるはずですから、

それまでに更に力をつけてほしい

期待の若手選手たちですね。

次回の試合

次回は2018年3月31日に

5試合予定されています。

次回もこのような形で書いていくので

お楽しみに!

では☆