Translate(翻訳):

【プロ野球】2018年4月3日の予告先発と各試合の展望予想【セリーグ パリーグ】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は移動日で試合がないので

明日の試合の展望予想をしてみますね。

昨日の試合結果は下記から参照してください。

【プロ野球】2018年4月1日の試合結果と次回の予想先発と展望【セリーグ パリーグ】
今回は本日のプロ野球の結果について 書いていきたいと思います。 前回の記事は下記...

ホークスの昨日の試合の振り返りはこちら。

【プロ野球】2018年4月1日 ソフトバンクvsオリックス 試合結果と振り返り【3回戦】
今回は12球団とは別に私の贔屓チームである ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを していき...

では、さっそく。

スポンサーリンク

明日(2018.04.03)の予告先発

明日は5試合が予定されていて

すでに予告先発が各球場発表されています。

ヤクルト(原) vs 広島(薮田) 18:00 神宮

中日(柳) vs 巨人(山口俊) 18:00 ナゴヤドーム

楽天(岸) vs 日本ハム(上沢) 16:00 楽天生命パーク

西武(十亀) vs ソフトバンク(東浜) 18:00 メットライフ

オリックス(金子千尋) vs ロッテ(石川) 18:00 

各球場この投手たちが

先発予定となっております。



明日(2018.04.03)の試合の展望予想

では、それぞれの球場の展望予想を

各チームの予告先発とチーム状況から

書いていきますね。

東京ヤクルトスワローズ vs 広島東洋カープ(18:00 神宮)

予告先発では、

スワローズが原投手、

カープが薮田投手、

このようになっています。

開幕戦を2勝1敗と勝ち越したスワローズと

開幕3連勝のカープの対戦ということで

どちらもいいスタートを切れたチーム同士の

試合となりますね。

原投手は前回2軍で9回を完封していて

薮田投手はオープン戦から制球が悪いので、

先発投手の調子としてはスワローズが

優勢かと思います。

ただ、カープ打線は調子がいいし

神宮球場は乱打戦になりやすいので、

チーム状況を考えても五分五分ですね。

両チーム後ろの投手陣は

そこまで駒が揃っているわけではないので、

点差がついたとしてもわからない

面白い試合になりそうですね。

中日ドラゴンズ vs 読売ジャイアンツ(巨人)(18:00 ナゴヤドーム)

予告先発は、

ドラゴンズが柳投手、

ジャイアンツが山口俊投手、

このようになっています。

開幕3連敗を喫したドラゴンズと

2勝1敗で勝ち越した

ジャイアンツの試合ですね。

ドラゴンズも打線が悪くはなかったので

再三言ってますけど先発投手ですよ。

先発が6回3失点くらいやってくれれば

十分勝負になりますから。

ジャイアンツの山口投手は制球に不安があるので

制球に苦しんでいるところを

ドラゴンズはうまくついていきたいですね。

柳投手はオープン戦良かったですし、

ジャイアンツ打線も岡本選手が元気なだけなので

6回くらいまで粘っていければ

五分五分の試合になるでしょうね。

勝ちパターンは両チームともある程度

しっかりしている印象があるので、

中盤までの展開に注目です。

東北楽天ゴールデンイーグルス vs 北海道日本ハムファイターズ(16:00 楽天生命パーク)

予告先発は、

イーグルスが岸投手、

ファイターズが上沢投手、

このようになっています。

開幕1勝2敗で負け越したイーグルスと

開幕3連敗を喫したファイターズの試合ですね。

現状の調子と先発投手を見ると

イーグルスがかなり優勢でしょう。

ファイターズは岸投手がかなり苦手で

開幕3連戦を見ても繋がりを欠いていて

チャンスでも1本が出ませんでした。

今の打線だと岸投手が普通に投げれば

ある程度試合を作られますからね。

上沢投手もいい投手ではあるんですが、

上沢投手が投げる日は打線が打たないという

私の強いイメージがあるんですよね。

上沢投手が好投をすれば接戦になりますが、

イーグルスとファイターズでは

中継ぎ投手陣の層が

全然イーグルスの方が上ですから

ファイターズは厳しいゲームになるでしょう。

なるべく早く岸投手から点をとって

なんとか逃げ切るしかないでしょうね。

埼玉西武ライオンズ vs 福岡ソフトバンクホークス(18:00 メットライフ)

予告先発は、

ライオンズが十亀投手、

ホークスが東浜投手、

このようになっています。

開幕3連勝のライオンズと

2勝1敗で勝ち越してきた

ホークスの試合ですね。

今パリーグで調子のいい2チームで

昨年の1位2位が激突します。

ライオンズの開幕3連戦を見ていると

とにかく打ってましたね。

毎年春先のライオンズはよく打つので

この時期は注意が必要です。

東浜投手が先発をしますが、

オープン戦や2軍の試合でも結構打たれてて

多少の不安はあります。

ただ、そこは昨年の最多勝投手なので

修正してきてくれてることを信じます。

十亀投手に苦手イメージはないし

ホークスも打線は開幕第3戦で爆発しているので

東浜投手の出来次第ではありますが

十分勝機はありますね。

中継ぎ投手はライオンズは不安定なので

ビハインドだとしても3点以内なら

9回まで全然わからないので、

とにかく東浜投手の出来が鍵を握りますね。

オリックスバファローズ vs 千葉ロッテマリーンズ(18:00 京セラD大阪)

予告先発は、

バファローズが金子千尋投手、

マリーンズが石川投手、

このようになっています。

1勝2敗で負け越したバファローズと

2勝1敗で勝ち越したマリーンズの試合です。

金子投手と石川投手

それぞれの出来次第ですね。

昨年は両投手とも良くなかったので

今年はどこまで仕上げてきているかが

まずは注目ポイントです。

バファローズの開幕3連戦を見ていると

3番から6番にかけては一発もあり、

吉田正尚選手やマレーロ選手などは

本塁打も出るなど調子が上がってきたので

1番2番の出塁が鍵ですよね。

ここが開幕3連戦ではあまり良くなかったので。

マリーンズの開幕3連戦を見ていると

ルーキーの藤岡選手と菅野選手が躍動するなど

若い力が目立っています。

1番の荻野選手が元気で2番の藤岡選手が繋ぎ、

3番4番の中村選手と井上選手で返す、

5番にキャプテンの鈴木大地選手がいて

6番で菅野選手が躍動していますからね。

足も使える打線になっていて

少し相手投手には嫌な印象を与えられる

打線になっていた印象ですね。

一発で点をとれるバファローズ打線と

機動力を使って繋ぎに徹するマリーンズ打線、

先発投手の2人が共に制球がいいので

この先発投手2人の制球を

乱せるような攻撃をした方が

勝利に近づくでしょうね。

次回の更新は…

明日は私は5試合それぞれ観れるので、

次回は明日の夜に試合結果と振り返り、

次回の試合の展望予想を書いた記事を

いつも通り書いていきますね。

明日も手に汗握るいい試合を期待ですね!

では☆

PS.次回の試合の記事はこちら。

【プロ野球】2018年4月3日の試合結果と次回の予告先発と展望【セリーグ パリーグ】
今回は本日行われた試合結果と振り返り、 次回の試合の展望などについて 書いていきますね。 ...

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアもして頂けると嬉しいです!