Translate(翻訳):

【プロ野球】2018年4月3日の試合結果と次回の予告先発と展望【セリーグ パリーグ】

シェアもして頂けると嬉しいです!

スポンサーリンク

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は本日行われた試合結果と振り返り、

次回の試合の展望などについて

書いていきますね。

前回の記事は下記から参照してくださいね。

では、さっそく。

本日(2018.04.03)のプロ野球の試合結果

本日は5試合行われたので、

それぞれの試合結果を書いていきます。

東京ヤクルトスワローズ vs 広島東洋カープ(18:00 神宮)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
2 0 0 0 0 4 0 0 0 6 6 1
1 0 2 0 0 0 0 0 0 3 4 2

勝 : 薮田和樹(1勝0敗0S)

負 : 原樹理(0勝1敗0S)

S : 中崎翔太(0勝0敗2S)

【本塁打】

広 :

ヤ : バレンティン 1号(3回裏2ラン)

【投手陣】

広 : 薮田(5回)、一岡(1回)、今村(1/3回)、中田(2/3回)、ジャクソン(1回)、中崎(1回)

ヤ : 原(5 1/3回)、近藤(2/3回)、中尾(1回)、田川(1回)、風張(1回)

【私の総評】

若い2投手の投げあいになりましたけど、結果的には6回表のスワローズのエラーで試合の行方は決まりましたね。一塁のベースカバーだったんですけど、坂口選手のトスと原樹理投手の連携が合わなかったんですよね。坂口選手はチーム事情で一塁に回っているので責められないですが、連携ミスの後に捕手が一塁側のバックアップに回っていたので本塁ががら空きになったんですが、これが痛かったです。本塁ががら空きになったことでランナーが2人返って逆転された上に打者走者も三塁まで進んでその後にタイムリー2本ですからね。カープはさすがでしたけど、スワローズはこういうミスを減らしていくなりカバーするなりしないと打線は強力でも今年は厳しい闘いになると感じた試合でしたね。

中日ドラゴンズ vs 読売ジャイアンツ(巨人)(18:00 ナゴヤドーム)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
2 0 0 2 0 0 1 0 5 10 18 0
0 0 0 0 0 3 0 0 0 3 7 0

勝 : 山口俊(1勝0敗0S)

負 : 柳裕也(0勝1敗0S)

【本塁打】

巨:

中 :

【投手陣】

巨 : 山口(6回)、澤村(1回)、上原(1回)、マシソン(1回)

中 : 柳(3 2/3回)、伊藤(1 1/3回)、祖父江(2回)、岩瀬(1回)、谷元(1回)

【私の総評】

やはりドラゴンズは先発投手陣ですよね。開幕4連敗中やすべての先発投手が4失点以上していてこれでは厳しいですよね。ドラゴンズの打線も6回裏に追い上げを見せましたけど、1死三塁の場面で追いつかないといけないですよね。そこで追いつけなかったことで7回表に追加点をとられ厳しくなりましたからね。ドラゴンズは課題が多いと感じる試合でしたね。ジャイアンツは澤村投手と上原投手が共にバースデー登板を完璧なリリーフでしたね。この2人が安定しているとジャイアンツはこの先も強いでしょうね。

東北楽天ゴールデンイーグルス vs 北海道日本ハムファイターズ(16:00 楽天生命パーク)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 6 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 0

勝 : 宮西尚生(1勝0敗0S)

負 : 松井裕樹(0勝1敗0S)

S : 石川直也(0勝0敗1S)

【本塁打】

日 :

楽 :

【投手陣】

日 : 上沢(7回)、宮西(1回)、石川(1回)

楽 : 岸(8回)、松井(1回)

【私の総評】

両先発の素晴らしい投手戦になった。結果的にはファイターズが松井投手を攻めて9回に勝ち越したが、イーグルスは8回裏の1死三塁で得点を挙げることができなかったのが結果的に9回の失点に繋がったと思う。宮西投手の粘りはさすがでしたね。

埼玉西武ライオンズ vs 福岡ソフトバンクホークス(18:00 メットライフ)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
1 1 0 0 0 0 0 0 2 4 7 0
西 0 0 0 0 1 5 0 1 × 7 7 1

勝 : 十亀剣(1勝0敗0S)

負 : 東浜巨(0勝1敗0S)

S : 増田達至(0勝0敗2S)

【本塁打】

ソ : 松田 2号(2回表ソロ)

西 : 山川 2号(6回裏2ラン)、外崎 1号(6回裏2ラン)

【投手陣】

ソ : 東浜(7回)、加治屋(1回)

西 : 十亀(7回)、野田(1/3回)、平井(2/3回)、高木(2/3回)、増田(1/3回)

【私の総評】

昨日の展望予想ではとにかく東浜投手の出来次第と書きましたけど、やっぱりその通りの結果になりましたよね。結果論もあるかもしれませんが、ライオンズの中継ぎ投手陣はハッキリ言って不安定なのは間違いないので、先発が試合を作れば十分勝てるんですよね。東浜投手は山川選手の逆転2ランまではまだ仕方ないですけど、二死から外崎選手の2ランが余計でしたね。これで点差も広がり結果的に追い上げたもののこの2ランが効いて敗戦ですからね。東浜投手も昨年の最多勝投手でローテの中心を担う投手なので、逆転を許しても最小限に抑えてほしいですね。加治屋投手も敗戦処理ではありますけど、そういう展開でこそ無失点で抑えてもっといい場面で投げられるように次回からは頑張ってほしいですね。ライオンズの6回の集中打み見事でした。

オリックスバファローズ vs 千葉ロッテマリーンズ(18:00 京セラD大阪)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 0 0 4 0 0 4 10 0
0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 8 1

勝 : 石川歩(1勝0敗0S)

負 : 金子千尋(0勝1敗0S)

S : シェッパーズ(0勝0敗1S)

【本塁打】

ロ :

オ :

【投手陣】

ロ : 石川(7回)、有吉(1回)、シェッパーズ(1回)

オ : 金子(6 2/3回)、小林(1/3回)、金田(1回)、榊原(1回)

【私の総評】

ここも両先発投手の投手戦ではあったが、0-1で迎えた7回表にマリーンズが集中打を見せた。二死から四球を絡めて3連打で逆転する辺りは、井口監督が監督に就任して昨年までとは変わった姿を見せた。昨年不振だった石川投手も7回まで1失点と復活した姿を見せてくれて大きな1勝になった。

明日の予告先発と展望

明日は6試合が組まれています。

各カードの予想先発は…

ヤクルト(ハフ) vs 広島(高橋昂) 18:00 神宮

DeNA(飯塚) vs 阪神(小野) 18:00 横浜

中日(ガルシア) vs 巨人(吉川光) 18:00 ナゴヤドーム

楽天(辛島) vs 日本ハム(高梨) 13:00 

西武(カスティーヨ) vs ソフトバンク(バンデンハーク) 14:00 

オリックス(アルバース) vs ロッテ(二木) 18:00 

このようになっています。

共に開幕4連勝を飾ったカープとライオンズが

明日も勝てるかどうか注目ですね。

まだ12球団で唯一未勝利のドラゴンズが

明日こそは勝てるかどうかも

見所ではあります。

明日は各球場の先発投手が

若い投手や新外国人投手が多いので、

新戦力が活躍できるかも注目ですね。

というわけで、今回は以上になります。

次回はまた明日の夜に更新しますね。

では☆

PS1.ホークスの試合結果と振り返りはこちら。

PS2.次回の試合の記事はこちら。