Translate(翻訳):

【プロ野球】2018年4月4日の試合結果と次回の予告先発と展望【セリーグ パリーグ】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

今回は本日行われた試合結果と振り返り、

次回の試合の展望などについて

書いていきますね。

前回の記事は下記から参照してください。

では、さっそく。

本日(2018.04.04)のプロ野球の試合結果

本日は6試合行われたので、

それぞれの試合結果を書いていきます。

東京ヤクルトスワローズ vs 広島東洋カープ(18:00 神宮)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 0 5 0 0 0 5 4 0
0 0 0 5 0 1 0 2 × 8 13 1

勝 : 秋吉亮(1勝0敗0S)

負 : 九里亜蓮(0勝1敗0S)

S : カラシティー(0勝0敗2S)

【本塁打】

広 : 磯村 1号(6回表ソロ)、エルドレッド 3号(6回表3ラン)、松山 1号(6回表ソロ)

ヤ : バレンティン 2号(4回裏3ラン)

【投手陣】

広 : 高橋(4回)、九里(2回)、一岡(1回)、中田(2/3回)、アドゥワ(1/3回)

ヤ : ハフ(5 1/3回)、秋吉(2/3回)、石山(2回)、カラシティー(1回)

【私の総評】

新外国人のハフ投手が5回までは完璧な投球をしていたが、6回に3本のホームランを許して一気に崩れてしまった印象。被安打は4本だけなので次回は本塁打に注意をして投げてくれればある程度試合を作れる能力はありそう。広島の高橋投手は被安打8で5失点とプロの洗礼を浴びた形になったが、負けがつかなかった辺りは運のある投手なのかもしれない。打線は両チームとも打っていたが、先に崩れた広島が今期初黒星になった。8回裏の青木選手のタイムリーを見ていると、やはり青木選手の存在は精神的な面も含めて改めて大きいと感じる瞬間だった。

横浜DeNAベイスターズ vs 阪神タイガース(18:00 横浜)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 1 0 0 1 0 0 0 0 2 8 2
0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 4 1

勝 : 小野泰己(1勝0敗0S)

負 : 飯塚悟史(0勝1敗0S)

S : ドリス(0勝0敗1S)

【本塁打】

神 :

横 :

【投手陣】

神 : 小野(7 1/3回)、マテオ(2/3回)、ドリス(1回)

横 : 飯塚(6回)、エスコバー(1 2/3回)、三上(1/3回)、砂田(1回)

【私の総評】

阪神の小野投手が素晴らしい投球だった。オープン戦などから含めてずっと無失点ではあったが、その内容通りの素晴らしい内容だった。飯塚投手もよく粘った印象。この試合は筒香選手が2度の得点圏の場面で凡退してしまったことで、阪神が勝利をしたと思う。2番に入っている桑原選手が不調なのも打線の流れを考えると痛い。この2選手のどちらかがチャンスの場面で一本出ていればDeNAが取ってたゲームだった。改めて良くも悪くも筒香選手が打たないと得点が入らないということわかった試合だった。

中日ドラゴンズ vs 読売ジャイアンツ(巨人)(18:00 ナゴヤドーム)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 2 1
1 0 0 1 0 1 1 0 × 4 10 0

勝 : ガルシア(1勝0敗0S)

負 : 吉川光夫(0勝1敗0S)

S : 田島慎二(0勝0敗1S)

【本塁打】

巨:

中 :

【投手陣】

巨 : 吉川(4回)、谷岡(2回)、高木(2回)

中 : ガルシア(6回)、又吉(1回)、鈴木(1回)、田島(1回)

【私の総評】

ドラゴンズがようやく今期初勝利を挙げた。この前の4試合までは先発投手が4失点以上と試合を作れていなかったが、この試合では新外国人投手のガルシア投手が6回1失点とゲームを作ったところで勝利をもぎ取ることができた。ドラゴンズも得点力はないわけではないので、このように先発投手が試合を作れば十分にいい試合はできるはず。圧巻だったのは8回のドラゴンズのドラフト1位ルーキー鈴木投手の投球。1番からのジャイアンツ打線を150kmを超える真っ直ぐを投げながら三者三振に抑えてたのは素晴らしかった。この試合では8回に投げていたが、抑えの田島投手と中継ぎの又吉投手と共に勝ちパターンの一角を担うことができそうなそんな期待を感じた内容だった。

東北楽天ゴールデンイーグルス vs 北海道日本ハムファイターズ(13:00 楽天生命パーク)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 0 0 1 1 3 5 14 1
0 0 0 0 0 0 0 2 0 2 5 0

勝 : トンキン(1勝0敗0S)

負 : 高梨雄平(0勝1敗1S)

S : 石川直也(0勝0敗2S)

【本塁打】

日 :

楽 :

【投手陣】

日 : 高梨(6回)、宮西(1回)、トンキン(1回)、石川(1回)

楽 : 辛島(6 2/3回)、福山(1 1/3回)、高梨(1/3回)、ハーマン(2/3回)

【私の総評】

昨日の試合と同様に終盤の投手陣の勝負となった。一度は2点差を追いついた楽天ではあったが、9回を投げた高梨投手が踏ん張れなかった。昨日の試合も松井投手で敗戦、この試合でも登板した福山投手、高梨投手、ハーマン投手と勝ちパターンの投手陣が打たれて負けていることが気になるところ。ファイターズは開幕3連敗こそ喫したものの、粘りの野球が出来るようになってきて石川直也投手も守護神として働くことができてきていい状態に感じる。

埼玉西武ライオンズ vs 福岡ソフトバンクホークス(14:00 メットライフ)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 6 1
西 1 0 0 1 0 0 0 0 × 2 6 0

勝 : カスティーヨ(1勝0敗0S)

負 : バンデンハーク(0勝1敗0S)

S : 増田達至(0勝0敗3S)

【本塁打】

ソ :

西 : 森 1号(4回裏ソロ)

【投手陣】

ソ : バンデンハーク(6回)、石川(1 1/3回)、嘉弥真(1/3回)、森(1/3回)

西 : カスティーヨ(6 2/3回)、野田(1/3回)、武隈(1回)、増田(1回)

【私の総評】

とにかくホークスの拙攻に尽きる試合だった。カスティーヨ投手には5回まで完全に抑えられてはいたが、6回の満塁のチャンスでの併殺が痛すぎた。本多選手だったので併殺以外なら1点入っていたし、制球に苦しんでいたイニングだったのでもったいなかった。8回表にも今宮選手が牽制死してから2連打などちぐはぐさが目立った。投手陣はホークスは粘りを見せて無失点に抑えたのは良かった。ライオンズの中継ぎ投手陣は再三言ってるが不安定さは目立つもののなんとか切り抜けた印象なので、開幕5連勝は飾ったが今後どうなっていくかは見物。

オリックスバファローズ vs 千葉ロッテマリーンズ(18:00 京セラD大阪)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 4 0
2 0 0 0 0 1 3 1 × 7 7 0

勝 : アルバース(1勝0敗0S)

負 : 二木康太(0勝1敗0S)

【本塁打】

ロ :

オ : 吉田正 2号(1回裏2ラン)

【投手陣】

ロ : 二木(5 2/3回)、南(1/3回)、西野(1回)、益田(1回)

オ : アルバース(6回)、黒木(1回)、近藤(1回)、増井(1回)

【私の総評】

幸先よくロッテが先制をしたもののその裏に二木投手がすぐ吉田選手に逆転2ランを打たれたのが痛かった。次の1点が大事という中盤で先に1点をとってその後の勝ちパターン、更なるダメ押しの追加点をとったオリックスが今日は良かった。アルバース投手は6回3安打1失点に抑える好投だったが、ここ近年新外国人に苦しんでいるオリックスにとってこの好投は明るい兆しになるでしょう。ロッテは後ろの西野投手と益田投手も失点をしていたので、それは今後修正してほしいところ。

明日の予告先発と展望

明日は5試合が組まれています。

各カードの予想先発は…

ヤクルト(館山) vs 広島(岡田) 18:00 神宮

DeNA(東) vs 阪神(メッセンジャー) 18:00 横浜

中日(松坂) vs 巨人(大竹) 18:00 ナゴヤドーム

楽天(藤平) vs 日本ハム(村田) 13:00 

オリックス(ディクソン) vs ロッテ(涌井) 18:00 

このようになっています。

明日はやはり松坂大輔投手の登板が

一番の大注目ですね。

公式戦での先発というのは

本当に久しぶりですからね。

果たしてどんな投球内容になるのか

一野球ファンとして楽しみです。

その他の試合で言えば、

今年優勝候補にも挙げられている楽天が

開幕から調子が悪いんですよ。

明日は高卒2年目の藤平投手が先発で

去年は10連敗と7連敗を止めるなど

連敗ストッパーになっていました。

奇しくもチームは現在4連敗中なので

今年更なる進化をしている藤平投手が

また連敗を止められるか注目ですね。

というわけで、今回は以上になります。

次回はまた明日の夜に更新しますね。

では☆

PS1.ホークスの試合結果と振り返りはこちら。

PS2.次回の試合の記事はこちら。