Translate(翻訳):

【プロ野球】2018年4月5日の試合の詳細振り返りと次回の予告先発【セリーグ パリーグ】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

今回は本日行われた試合結果と振り返り、

次回の試合の展望などについて

書いていきますね。

前回の記事は下記から参照してください。

では、さっそく。

本日(2018.04.05)のプロ野球の試合結果

本日は5試合行われたので、

それぞれの試合結果を書いていきます。

東京ヤクルトスワローズ vs 広島東洋カープ(18:00 神宮)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 3 0 1 0 1 5 12 0
0 0 0 0 0 2 0 0 2 4 5 0

勝 : 岡田明丈(1勝0敗0S)

負 : 館山昌平(0勝1敗0S)

S : 中崎翔太(0勝0敗3S)

【本塁打】

広 : 丸 3号(5回表3ラン)、菊池 1号(9回表ソロ)

ヤ : 畠山 1号(9回裏2ラン)

【投手陣】

広 : 岡田(6回)、今村(1回)、ジャクソン(1回)、中崎(1回)

ヤ : 館山(6回)、中尾(2/3回)、近藤(1 1/3回)、風張(1回)

【私の総評】

競ったゲームにはなったが、広島がさすがの粘り勝ちだった。取れる時にちゃんと得点を重ねる辺りは王者らしい野球でしたね。ヤクルトも9回まで粘りを見せたが余計な失点が結果的に響いてしまった。近藤投手が出てきて8球連続のボールで押し出しを与えたり、9回に風張投手が菊池投手に本塁打を許すなどこういう無駄な失点は防いでいかないと広島にはなかなか勝てないし、上位にいくには苦労すると感じたゲームだった。

横浜DeNAベイスターズ vs 阪神タイガース(18:00 横浜)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 1 0 0 0 1 0 2 8 0
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0

勝 : メッセンジャー(2勝0敗0S)

負 : 東克樹(勝敗S)

S : ドリス(0勝0敗2S)

【本塁打】

神 :

横 :

【投手陣】

神 : メッセンジャー(8回)、ドリス(1回)

横 : 東(7回)、砂田(1/3回)、三上(2/3回)、井納(1回)

【私の総評】

白熱した投手戦となったがメッセンジャー投手の貫禄の勝利になった。東投手も7回1失点のハイクオリティースタートでルーキーの初登板とは思えない素晴らしい投球だった。四球も1つで三振を9個も奪うなどこれからが楽しみすぎる投球内容だった。今永投手に似ていると聞いていたが、真っ直ぐも148km前後の球速も出ていてチェンジアップもいい落ちをしていて良かった。ただ、プロ初登板はある意味プロの洗礼を浴びることになった。(訳:7回1失点でも敗戦投手になる)

中日ドラゴンズ vs 読売ジャイアンツ(巨人)(ナゴヤドーム 18:00)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
1 0 2 0 0 0 0 0 0 3 8 1
1 0 0 0 0 1 0 0 0 2 9 1

勝 : 大竹寛(1勝0敗0S)

負 : 松坂大輔(0勝1敗0S)

S : カミネロ(0勝0敗2S)

【本塁打】

巨 :

中 :

【投手陣】

巨 : 大竹(5回)、澤村(1回)、マシソン(1回)、上原(1回)、カミネロ(1回)

中 : 松坂(5回)、伊藤(1回)、祖父江(1回)、岩瀬(1回)、鈴木(1回)

【私の総評】

大注目の松坂投手ではあったが、5回3失点と最低限試合を作ったものの敗戦投手になった。とはいえ、十分試合を作ることはできる内容だったし今後もローテを回っていけると思う。ドラゴンズは失策が絡んでの失点だったりチャンスであと一本が出ないなど十分に勝てる内容だっただけにもったいなかった。6回裏の大野選手の併殺打がこの試合の勝敗の結果を分けてしまった試合になった。

東北楽天ゴールデンイーグルス vs 北海道日本ハムファイターズ(13:00 楽天生命パーク)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 2 0 1 0 0 3 6 0
0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 4 1

勝 : 村田透(1勝0敗0S)

負 : 藤平尚真(0勝1敗0S)

S : トンキン(1勝0敗1S)

【本塁打】

日 :

楽 : オコエ 1号(3回裏ソロ)

【投手陣】

日 : 村田(8回)、トンキン(1回)

楽 : 藤平(5回)、釜田(2回)、福山(1回)、高梨(0/3回)、菅原(1回)

【私の総評】

あっさりとファイターズが楽天を相手に同一カード3連勝を飾った印象。藤平投手は被安打こそ2本であったが、5回までで四球6個ではさすがに厳しいと言わざるを得ない。打線が元気がないので無駄な四球は防ぎたかった。逆にファイターズの先発村田透投手が非常に良かった。8回3安打1失点、四球も1つのみとエース級の活躍だったのは正直驚いた。日本球界に復帰してから間違いなくNo.1の投球だっただろう。楽天打線は打てない時もあるとは思うが、こういう時こそ機動力が使えるとまた違った攻撃になると思うので、その辺りも今後は考えていきたいところ。ファイターズの近藤選手は1打数1安打1打点で4四球と今年も驚異的な数字を残していて改めて素晴らしい選手であることを感じる試合だった。

オリックスバファローズ vs 千葉ロッテマリーンズ(18:00 京セラD大阪)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 1 3 0 0 3 0 2 9 18 0
0 0 0 0 2 0 2 1 0 5 9 1

勝 : 涌井秀章(1勝0敗0S)

負 : ディクソン(0勝1敗0S)

【本塁打】

ロ : 鈴木 1号(9回表2ラン)

オ : マレーロ 3号(8回裏ソロ)

【投手陣】

ロ : 涌井(5 2/3回)、南(1/3回)、有吉(1回)、シェッパーズ(1回)、内(1回)

オ : ディクソン(6回)、金田(1/3回)、山崎(1 2/3回)、小林(1回)

【私の総評】

打ち合いとなったゲームになったが、マリーンズ打線の今年の繋がりが見られたゲームとなった。開幕前には得点力不足が心配をされていたが、それを繋がりでカバーできている印象。オリックスも一時は2点差までして粘ったが中継ぎ投手陣が踏ん張れなかったのが厳しかった。ロッテの勝ちパターンの投手陣も失点はしていたので、両チームとも中継ぎ投手陣は次のカードからは引き締めて投げてほしいところ。

明日の予告先発と展望

明日は6試合が組まれています。

各カードの予想先発は…

ヤクルト(ブキャナン) vs 巨人(菅野) 18:00 神宮

阪神(藤浪) vs 中日(小笠原) 18:00 京セラD大阪

広島(野村) vs DeNA(石田) 18:00 マツダスタジアム

日本ハム(マルティネス) vs ロッテ(ボルシンガー) 18:00 東京ドーム

楽天(則本) vs ソフトバンク(千賀) 18:00 楽天生命パーク

西武(菊池) vs オリックス(西) 18:00 メットライフ

このようになっています。

明日は金曜日ということで、

多くのチームが開幕投手を務めた投手が続々と

2試合目の登板をしてきますね。

12球団で唯一負け知らずのライオンズは

菊池投手が先発ということで

更に連勝を伸ばすんですかね?

西投手も負けはしましたけど、

開幕戦ではホークス相手によく投げてたし

投手戦になるかもしれませんね。

千賀投手と則本投手の投げあいも

好ゲームが予想されますね。

開幕戦で打たれた菅野投手が

鬼門の神宮で今期初勝利を飾れるか、

4点リードをもらいながら乱れた藤浪投手は

今回はどういう投球を見せるかなど、

明日も6試合楽しみですね!

というわけで、今回は以上になります。

次回はまた明日の夜に更新しますね。

では☆

PS1.ホークスの試合結果と振り返りはこちら。

PS2.次回の試合の記事はこちら。