Translate(翻訳):

【プロ野球】まさかの菅野が炎上!? 千賀のフォークボールが打たれた!? 【2018.04.06試合詳細】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は本日行われた試合結果と振り返り、

次回の試合の展望などについて

書いていきますね。

前回の記事は下記から参照してください。

【プロ野球】2018年4月5日の試合の詳細振り返りと次回の予告先発【セリーグ パリーグ】
今回は本日行われた試合結果と振り返り、 次回の試合の展望などについて 書いていきますね。 ...

では、さっそく。

スポンサーリンク

本日(2018.04.06)のプロ野球の試合結果

本日は6試合行われたので、

それぞれの試合結果を書いていきます。

東京ヤクルトスワローズ vs 読売ジャイアンツ(巨人)(18:00 神宮)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 1
2 1 0 0 1 1 1 0 × 6 10 0

勝 : ブキャナン(2勝0敗0S)

負 : 菅野智之(0勝2敗0S)

【本塁打】

巨 :

ヤ : 山田哲 1号(5回裏ソロ)

【投手陣】

巨 : 菅野(6回)、篠原(2回)

ヤ : ブキャナン(8回)、秋吉(1回)

【私の総評】

菅野投手がまさかの5失点で開幕2連敗となった。今年からシンカーを覚えたことでそれが他の球種も含めてコントロールに影響が出ているのではないかと感じた。とはいうものの、この試合も四球は1なので大きく乱れてはいないが、コースが甘くそれを痛打されている。逆に菅野投手が苦手だったヤクルト打線は上手く攻略をした。ブキャナン投手が8回1失点に抑える好投は素晴らしかった。

阪神タイガース vs 中日ドラゴンズ(18:00 京セラD大阪)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
1 0 0 0 1 0 0 1 0 3 10 0
2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 4 1

勝 : 小笠原慎之介(1勝1敗0S)

負 : 岩崎優(0勝1敗0S)

S : 田島慎二(0勝0敗2S)

【本塁打】

中 :

神 : 糸井 2号(1回裏2ラン)

【投手陣】

中 : 小笠原(7回)、又吉(1回)、田島(1回)

神 : 藤浪(4 2/3回)、石崎(1/3回)、藤川(1回)、岩崎(2回)、高橋(1回)

【私の総評】

結果的には小笠原投手の粘りの投球が逆転勝利を呼んだ。阪神は6回の無死二塁、三塁から無得点に終わったのが結果的に響いた。あーいうところで確実に点を取っておかないとこういう負け方をしても仕方ない。9回裏の一死三塁の場面でのスクイズも正直疑問しかなかった。あれだけ警戒されてる中でわざわざスクイズではなくても梅野選手に代打を出すなどの策もあったと思う。梅野選手は上手く転がしたので責められないが、結果的に首脳陣の采配ミスと言わざるを得ない結果になった。

広島東洋カープ vs 横浜DeNAベイスターズ(18:00 マツダスタジアム)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
D 1 0 0 0 0 1 0 1 0 3 7 1
3 0 0 0 1 1 2 0 × 7 9 0

勝 : 野村祐輔(2勝0敗0S)

負 : 石田健大(0勝2敗0S)

【本塁打】

D :

広 :

【投手陣】

D : 石田(5回)、国吉(1/3回)、エスコバー(2/3回)、三嶋(2回)

広 : 野村(8回)、一岡(1回)

【私の総評】

今の広島の勢いを考えると初回の3点で決まってしまった感が強いゲームとなった。マツダスタジアムでの広島の強さと連敗で打線に元気のないDeNA打線を考えると、初回に先制点をとってもらった後に石田投手が3点を失ったのは痛かった。失策も絡んでいるのでなおさら勢いを広島にあげてしまったので、その段階で試合の行方は決まってしまったかなという印象。

北海道日本ハムファイターズ vs 千葉ロッテマリーンズ(18:00 東京ドーム)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 0 0 0 2 0 2 4 0
0 1 2 0 0 0 0 0 × 3 8 1

勝 : マルティネス(1勝1敗0S)

負 : ボルシンガー(1勝1敗0S)

S : (勝敗S)

【本塁打】

ロ :

日 : レアード 2号(2回裏ソロ)

【投手陣】

ロ : ボルシンガー(6回)、松永(2/3回)、益田(1/3回)、南(1回)

日 : マルティネス(9回)

【私の総評】

マルティネス投手が早くも来日初完投を見せる素晴らしい投球だった。失策も絡み2失点はwしたものの危なげない投球内容だった。四球も1個とコントロールの良さも見られ文句ないピッチングだった。打線も序盤にファイターズが3点を先制して援護するなど理想的な試合運びだった。ボルシンガー投手も悪くはなく試合は作ったとは思うが、この試合はマルティネス投手に尽きた試合だった。

東北楽天ゴールデンイーグルス vs 福岡ソフトバンクホークス(18:00 楽天生命パーク)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 1 0 1 0 0 0 0 2 5 1
2 0 3 1 1 0 0 0 × 7 14 0

勝 : 則本昂大(1勝0敗0S)

負 : 千賀滉大(0勝1敗0S)

【本塁打】

ソ : 上林 1号(5回表ソロ)

楽 : ぺゲーロ 1号(1回裏2ラン)

【投手陣】

ソ : 千賀(3 2/3回)、石川(1 1/3回)、田中(2回)、加治屋(1回)

楽 : 則本(8回)、松井(1回)

【私の総評】

5連敗中の打線とは思えない内容だった。則本投手は8回2失点の安定した内容で雨が降るコンディションの悪い中さすがの投球内容だった。一方のホークスの千賀投手はコンディションが悪い中の投球とはいえ、悪い時の千賀投手だった。フォークボールがすっぽ抜ける場面が多く、それを初回に本塁打されて、3回も二死から連打を浴びて3失点をするなど修正することができなかった。開幕戦では完璧な内容だっただけに残念でならない。毎度思うことではあるが、フォークボールのすっぽ抜けを打たれる場面が多すぎるので、せめて叩きつけるくらいの気持ちで高めには浮かないように意識をしてほしいと見てて感じた試合だった。

埼玉西武ライオンズ vs オリックスバファローズ(18:00 メットライフ)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 2 0
西 0 0 0 1 1 0 1 2 × 5 9 1

勝 : 菊池雄星(2勝0敗0S)

負 : 西勇輝(0勝2敗0S)

【本塁打】

オ :

西 : 浅村 2号(4回裏ソロ)、山川 3号(8回裏2ラン)

【投手陣】

オ : 西(6 0/3回)、黒木(1回)、近藤(1回)

西 : 菊池(8回)、増田(1回)

【私の総評】

ライオンズが開幕6連勝。菊池投手はわずか2安打しか許さずに素晴らしいとしか言い様がなかった。外崎選手の7回のファインプレーからのその裏の先頭の三塁打は非常にチームを助けたプレーと一打になった。攻撃も守備も隙がない野球をしているので現状はかなりいいチーム状況という印象。西投手もよく投げたが、やはり今のライオンズ打線は相手が菊池投手では3失点でも厳しかったかなと思う。



明日の予告先発と展望

明日は6試合が組まれています。

各カードの予想先発は…

ヤクルト(石川) vs 巨人(田口) 14:00 神宮

阪神(秋山) vs 中日(ジー) 14:00 京セラD大阪

広島(ジョンソン) vs DeNA(バリオス) 14:00 マツダスタジアム

日本ハム(斎藤佑樹) vs ロッテ(チェン・グァンユウ) 14:00 東京ドーム

楽天(美馬) vs ソフトバンク(武田) 14:00 楽天生命パーク

西武(多和田) vs オリックス(田嶋) 14:00 メットライフ

このようになっています。

明日は個人的には田嶋投手に注目です。

開幕から6連勝中のライオンズは

ドラフト1位ルーキーの田嶋投手が

止められるかは見物ですね。

ファイターズは斎藤佑樹投手が先発なので

今年はどういう内容なのか

これも気になるところではあります。

開幕から元気がないDeNAも

相手はジョンソン投手ではありますが、

このままズルズル沈んでしまうのか

それとも巻き返してくるのかは注目ですね。

というわけで、今回は以上になります。

次回はまた明日の夜に更新しますね。

では☆

PS1.ホークスの試合結果と振り返りはこちら。

【プロ野球】千賀のフォークボールが浮いたのが痛かった…2018年4月6日試合詳細【ソフトバンクホークスvs楽天】
今回は12球団とは別に私の贔屓チームである ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを していき...

PS2.次回の試合の記事はこちら。

【プロ野球】2018年4月7日の試合結果と次回の予告先発と展望【セリーグ パリーグ】
今回は本日行われた試合結果と振り返り、 次回の試合の展望などについて 書いていきますね。 ...

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアもして頂けると嬉しいです!