Translate(翻訳):

【プロ野球】2018年4月8日の試合結果と次回の予想先発と展望【セリーグ パリーグ】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は本日行われた試合結果と振り返り、

次回の試合の展望などについて

書いていきますね。

前回の記事は下記から参照してください。

【プロ野球】2018年4月7日の試合結果と次回の予告先発と展望【セリーグ パリーグ】
今回は本日行われた試合結果と振り返り、 次回の試合の展望などについて 書いていきますね。 ...

では、さっそく。

スポンサーリンク

本日(2018.04.08)のプロ野球の試合結果

本日は6試合行われたので、

それぞれの試合結果を書いていきます。

東京ヤクルトスワローズ vs 読売ジャイアンツ(巨人)(13:00 神宮)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 1 3 0 0 0 0 0 4 8 0
1 0 3 0 0 1 2 0 × 7 9 1

勝 : 中尾輝(1勝0敗0S)

負 : 野上亮磨(1勝1敗0S)

S : カラシティー(0勝0敗3S)

【本塁打】

巨 : 大城 1号(3回表ソロ)

ヤ : バレンティン 3号(3回裏2ラン)

【投手陣】

巨 : 野上(5 0/3回)、澤村(2回)、宮國(1回)

ヤ : 山中(4回)、中尾(3回)、石山(1回)、カラシティー(1回)

【私の総評】

この試合も両先発が乱調となるゲームとなった。ただ、中継ぎ投手陣の差が結果的に現れたと思う。ジャイアンツは連日中継ぎ投手陣がこのような形で打たれてしまっては厳しい。ジャイアンツの打線も先発投手陣を崩すまではいいがその後が続かないのでそこは何とかしたいところ。

阪神タイガース vs 中日ドラゴンズ(14:00 京セラD大阪)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 1 0 4 0 0 4 0 9 13 0
0 0 1 0 0 0 5 0 1 7 11 1

勝 : (勝敗S)

負 : (勝敗S)

S : (勝敗S)

【本塁打】

中 :

神 :

【投手陣】

中 : 笠原(6回)、又吉(1回)、鈴木(1回)、田島(1回)

神 : 能見(4 1/3回)、石崎(1/3回)、岩崎(2 1/3回)、マテオ(1/3回)、高橋(2/3回)、藤川(1回)

【私の総評】

ドラゴンズの先発の笠原投手は6回1失点と試合を作ったものの、中継ぎ投手は両チームかなり炎上した試合となった。結果的にはマテオ投手の4失点が響いた形にはなったが、正直こういうゲームを繰り返していると両チームとも上位に行くのは厳しいと感じる。特に阪神は中継ぎ投手陣が鉄壁という評価ではあったが、中継ぎ投手が打たれて負けているゲームが多いだけにこれでは厳しい。両チームとも中継ぎ投手陣がしっかりしていかないと今後の闘いが厳しくなるので何とかしたいところ。

広島東洋カープ vs 横浜DeNAベイスターズ(13:30 マツダスタジアム)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
D 0 0 0 0 0 2 3 0 0 5 11 0
0 0 0 0 0 0 2 1 0 3 8 0

勝 : 京山将弥(2勝0敗0S)

負 : 大瀬頼大地(1勝1敗0S)

S : 山崎康晃(0勝0敗3S)

【本塁打】

D : 筒香 1号(6回表2ラン)、筒香 2号(7回表3ラン)

広 : 丸 4号(8回裏ソロ)

【投手陣】

D : 京山(5 2/3回)、砂田(1/3回)、三上(2/3回)、エスコバー(1/3回)、井納(1回)、山崎(1回)

広 : 大瀬頼(5 2/3回)、中田(1/3回)、九里(1回)、一岡(1回)、アドゥワ(1回)

【私の総評】

投げては先発の京山投手が6回途中無失点の好投で、中継ぎ陣を総動員して逃げ切ったゲームとなった。打線は筒香選手の本塁打2本の得点のみであったが、効果的な場面で待望の本塁打が出た形となった。広島は大瀬頼投手も試合は作ったが、中継ぎの九里投手が打たれた3ラン本塁打が効いてしまい追い上げも及ばず痛いカード負け越しとなった。

北海道日本ハムファイターズ vs 千葉ロッテマリーンズ(14:00 東京ドーム)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 3 5 9 0
1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 2 8 0

勝 : 益田直也(1勝1敗0S)

負 : 井口和朋(0勝1敗0S)

【本塁打】

ロ :

日 :

【投手陣】

ロ : 酒居(5 2/3回)、田中(1/3回)、南(1/3回)、松永(2/3回)、シェッパーズ(1回)、内(1回)、益田(回)

日 : 加藤(7回)、トンキン(1回)、石川(1回)、宮西(0/3回)、西村(1回)、井口(1回)

【私の総評】

両チームミスなどもあったが、結果的に田村捕手がミスも全て帳消しにするタイムリーを放って試合を決めた。ロッテは投手陣が粘っていた結果がこの勝利を呼んだ。ファイターズは攻撃の方で言えば、中田選手の二度の併殺打が痛かった。どちらかで一打が出ていればファイターズが勝っていたゲームとなっていたと思う。元々中継ぎ投手陣の層が薄いファイターズの弱点が出た形となった。

東北楽天ゴールデンイーグルス vs 福岡ソフトバンクホークス(13:00 楽天生命パーク)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 0 1 0 4 0 5 9 0
0 0 0 0 0 0 0 3 1 4 7 0

勝 : 中田賢一(1勝0敗0S)

負 : 池田英隆(0勝2敗0S)

S : サファテ(0勝0敗3S)

【本塁打】

ソ :

楽 :

【投手陣】

ソ : 中田(7回)、森(1/3回)、石川(2/3回)、サファテ(1回)

楽 : 池田(6回)、高梨(1/3回)、釜田(2/3回)、福山(1回)、濱矢(1/3回)、菅原(2/3回)

【私の総評】

5回までは両先発投手が無失点で抑えていたが、6回にホークスが確実に先制をできたのは大きかった。結果的に8回に福山投手から4点を奪えたことはかなり大きい試合になった。逆に楽天は池田投手が6回1失点と試合を作ったものの福山投手で崩れたのは痛かった。楽天打線は森投手から3点を奪い、9回にはサファテ投手から1点を奪いなおも二死満塁まで攻めたが、最後はさすがのサファテ投手のストレートだった。

埼玉西武ライオンズ vs オリックスバファローズ(13:00 メットライフ)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
1 0 0 0 1 0 0 0 2 4 8 1
西 0 0 0 0 1 0 6 0 × 7 9 2

勝 : 武隈祥太(1勝0敗0S)

負 : 山岡泰輔(0勝2敗0S)

【本塁打】

オ :

西 :

【投手陣】

オ : 山岡(6 0/3回)、吉田(1/3回)、比嘉(2/3回)、澤田(1回)

西 : ウルフ(6回)、高木(1/3回)、武隈(2/3回)、野田(2/3回)、平井(1/3回)、ワグナー(1/3回)、増田(2/3回)

【私の総評】

6回までは山岡投手に苦労していたライオンズ打線ではあったが、さすが開幕7連勝中だけあってちゃんと7回に捉えてきたという印象。山岡投手は前回のホークス戦同様に満塁のピンチをこの試合でも凌ぐことはできなかった。ライオンズは逆転した後も畳み掛けて一気に6点を奪うなど集中打も素晴らしかった。唯一ワグナー投手が不安定ではあったが、この開幕8連勝は納得の試合内容だったように思う。



明日以降のこと

明日は移動日で試合がありませんね。

開幕してから試合のことを書いてきましたが、

明日以降はちょっと変えるかもしれません。

まだ詳細は決めていないですが、

また決めた際には書いていきますので

お楽しみに!

というわけで、今回は以上になります。

次回は詳細が決まったら更新しますね。

では☆

PS.ホークスの試合結果と振り返りはこちら。

【プロ野球】2018年4月8日 ソフトバンクvs楽天 試合結果と振り返り【3回戦】
今回は12球団とは別に私の贔屓チームである ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを していき...

スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアもして頂けると嬉しいです!