Translate(翻訳):

【プロ野球】2018年4月3日 ソフトバンクvs西武 試合結果と振り返り【1回戦】

シェアもして頂けると嬉しいです!

スポンサーリンク

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は12球団とは別に私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

12球団の試合結果は

下記から参照してください。

では、さっそく。

試合結果

1 2 3 4 5 6 7 8 9
1 1 0 0 0 0 0 0 2 4 7 0
西 0 0 0 0 1 5 0 1 × 7 7 1

勝 : 十亀剣(1勝0敗0S)

負 : 東浜巨(0勝1敗0S)

S : 増田達至(0勝0敗2S)

【本塁打】

ソ : 松田 2号(2回表ソロ)

西 : 山川 2号(6回裏2ラン)、外崎 1号(6回裏2ラン)

【投手陣】

ソ : 東浜(7回)、加治屋(1回)

西 : 十亀(7回)、野田(1/3回)、平井(2/3回)、高木(2/3回)、増田(1/3回)

【私の総評】

昨日の展望予想ではとにかく東浜投手の出来次第と書きましたけど、やっぱりその通りの結果になりましたよね。結果論もあるかもしれませんが、ライオンズの中継ぎ投手陣はハッキリ言って不安定なのは間違いないので、先発が試合を作れば十分勝てるんですよね。東浜投手は山川選手の逆転2ランまではまだ仕方ないですけど、二死から外崎選手の2ランが余計でしたね。これで点差も広がり結果的に追い上げたもののこの2ランが効いて敗戦ですからね。東浜投手も昨年の最多勝投手でローテの中心を担う投手なので、逆転を許しても最小限に抑えてほしいですね。加治屋投手も敗戦処理ではありますけど、そういう展開でこそ無失点で抑えてもっといい場面で投げられるように次回からは頑張ってほしいですね。ライオンズの6回の集中打み見事でした。

試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

投手陣と言ってもほぼ東浜投手で

上記の総評でも書いた通りではあります。

あんだけ東浜投手の出来次第と書きましたが

予想以上に打たれてしまいましたね。

終盤に追い上げもあっただけに

ちょっと6回に打たれすぎです。

山川選手の2ランまでで止めとけば

十分に勝機はあったはずですから。

昨年の最多勝投手ですから

次の登板では修正してほしいですね。

加治屋投手も失点しましたね。

私個人的な考えでは、

あのような完全な敗戦処理でも

無失点で抑えていくことで

更にいい場面で投げさせてもらえるので

できれば無失点でいってほしかったです。

1軍で実績のない中継ぎ投手は

こういう場面で無失点で抑えて

地道にアピールするしかないですから。

次回登板は無失点で切り抜けてほしいですね。

野手陣

1回2回で幸先よく1点ずつ得点を挙げて

先制はしましたけど、

追加点がとれませんでしたね。

東浜投手が5回までは1失点だったので

この間に十亀投手を崩したかったですね。

ただ、十亀投手も尻上がりに良くなったので

チャンスでも凌がれてしまったので

この試合ではうまくやられましたね。

しかし、9回の追い上げはさすがだったので

次の試合では早いイニングから

投手陣を援護してほしいですね。

水曜日(4月4日)の予告先発

水曜日はメットライフで14時から

ライオンズとの2回戦が

予定されています。

ホークスはバンデンハーク投手、

ライオンズはカスティーヨ投手が予告先発です。

両外国人投手の先発ではありますが、

カスティーヨ投手にはオープン戦で

抑えられてるんですよ。

バンデンハーク投手は前回の2軍の試合で

打たれているので、

東浜投手と同じく不安材料はあります。

ライオンズの打線の調子を考えても

なんとか投手陣に3点くらいで抑えてもらって、

打線がカスティーヨ選手を打つしかないです。

この試合はホークス打線がカスティーヨ選手から

どれくらい点がとれるかで

試合の行方は決まるでしょうね。

というわけで、今回は以上になります。

次回は明日の朝にホークスの記事は

更新しますのでお楽しみに!

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。