Translate(翻訳):

【プロ野球】2018年4月4日 ソフトバンクvs西武 試合結果と振り返り【2回戦】

シェアもして頂けると嬉しいです!

スポンサーリンク

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は12球団とは別に私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

12球団の試合結果は

下記から参照してください。

では、さっそく。

試合結果

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 6 1
西 1 0 0 1 0 0 0 0 × 2 6 0

勝 : カスティーヨ(1勝0敗0S)

負 : バンデンハーク(0勝1敗0S)

S : 増田達至(0勝0敗3S)

【本塁打】

ソ :

西 : 森 1号(4回裏ソロ)

【投手陣】

ソ : バンデンハーク(6回)、石川(1 1/3回)、嘉弥真(1/3回)、森(1/3回)

西 : カスティーヨ(6 2/3回)、野田(1/3回)、武隈(1回)、増田(1回)

【私の総評】

とにかくホークスの拙攻に尽きる試合だった。カスティーヨ投手には5回まで完全に抑えられてはいたが、6回の満塁のチャンスでの併殺が痛すぎた。本多選手だったので併殺以外なら1点入っていたし、制球に苦しんでいたイニングだったのでもったいなかった。8回表にも今宮選手が牽制死してから2連打などちぐはぐさが目立った。投手陣はホークスは粘りを見せて無失点に抑えたのは良かった。ライオンズの中継ぎ投手陣は再三言ってるが不安定さは目立つもののなんとか切り抜けた印象なので、開幕5連勝は飾ったが今後どうなっていくかは見物。

試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

投手陣に関しては中継ぎ投手陣は

本当に素晴らしかったです。

石川投手は回跨ぎでピンチは作りましたが、

そこは嘉弥真投手と森投手の継投で

無失点に抑えてくれたので良かったです。

バンデンハーク投手も6回2失点なので

責めることはできません。

ただ、初回の二死からのタイムリーと

4回のソロホームランは

両方とももったいなかったですね。

とはいえライオンズの森選手が打った球は

両方ともインハイのボール球なので

森選手が上手かったです。

この試合は投手陣はよく投げました。

野手陣

問題はこっちですよね。

ホークスは初物にはとにかく弱く

開幕2戦目も田嶋投手に抑えられので

この試合も心配はしていました。

カスティーヨ投手にはオープン戦で

抑え込まれてましたからね。

試合が始まってみれば5回まで完全、

6回もチャンスを作ったと思えば

初球を打っての併殺打、

8回も一死から今宮選手が牽制死で

そこからチャンスを作ったものの無得点。

相変わらずの春先のホークス打線でした。

再三言ってきてはいますが、

ライオンズは中継ぎが不安定なので

打線が点をとればどうにでもなります。

ただ、さすがにあの拙攻では厳しいですね。

投手陣が頑張って2点に抑えてくれただけに

この試合はフラストレーションが溜まる

そんな試合でした。

とはいえ、6回裏のピンチでの場面、

チャンスで併殺打だった本多選手ですが

あのプレーはさすがでしたし、

打者走者が外崎選手と俊足の選手の中で

併殺を取れるのはさすがホークスの

鉄壁な二遊間でしたね。

これぞプロ!

という惚れ惚れするプレーでした。

ホークスの公式Twitterより

ここに載せときますね。

次はこのプレーをチームの勝ちに

繋げてほしいですね!

金曜日(4月6日)の予想先発

金曜日は楽天生命パークで18時から

イーグルスとの1回戦が

予定されています。

ホークスは千賀投手、

イーグルスは則本投手が予想先発です。

※違う場合もありますが、ご了承ください。

2連敗をしてきた中で試合がなくて

相手は則本投手が予想されるので

厳しい試合になりそうですね。

ただ、千賀投手も開幕戦は良かったので

この試合こそ打線が早く援護して

千賀投手に楽に投げてほしいですね。

楽天打線も調子は良くないと思うし

中継ぎ投手陣も不安定さが目立つので、

打線の援護があれば

千賀投手なら大丈夫でしょう!

というわけで、今回は以上になります。

次回は明日の朝にホークスの記事は

更新しますのでお楽しみに!

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。