Translate(翻訳):

【ソフトバンクホークス】ロッテ内竜也から柳田悠岐が逆転サヨナラ2ラン!サファテの黒星も消して鹿児島でチームは8連勝!

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

では、さっそく。

スポンサーリンク

試合結果

1 2 3 4 5 6 7 8 9
2 0 0 2 0 0 1 0 1 6 12 0
0 2 0 0 0 0 1 2 7 13 0

勝 : サファテ(1勝0敗5S)

負 : 内竜也(0勝1敗2S)

【本塁打】

ロ : 藤岡裕 1号(7回表ソロ)

ソ : デスパイネ 3号(2回裏ソロ)、中村晃 2号(2回裏ソロ)、柳田 2号(9回裏2ラン)

【投手陣】

ロ : 酒居(7回)、松永(1/3回)、シェッパーズ(2/3回)、内(1/3回)

ソ : 中田(6 2/3回)、嘉弥真(1/3回)、加治屋(1回)、サファテ(1回)

【私の総評】

最終的には点の取り合いとなったゲームとなったが、柳田選手の逆転サヨナラ2ランホームランによりホークスが試合を決めた。敗れはしたもののマリーンズは今年は違うというのは見ていて感じる試合であった。積極的な走塁が目立ち9回にも足でサファテ投手から1点をもぎ取ったのは見事だった。ここまで対戦カード一回りを終えて上位にいるのはわかる内容だった。



試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

先発の中田投手は四球がこの試合では

ことごとく失点に繋がったのが

痛かったですね。

いつもは粘り強さがあるだけに

この試合ではそれが見られなかったので

次回の登板では修正してほしいですね。

嘉弥真投手と加治屋投手は

よく投げてくれましたね。

特に加治屋投手は無死一塁の場面で登板して

無失点で抑えてくれたので、

後から振り返ると大きかったです。

サファテ投手は同点の場面では

結構失点することはあったのですが、

この試合では足を上手く使われましたね。

こういうこともあるとは思いますが、

同点の場面でもセーブ機会と同じように

投げてくれたらいいですね。

野手陣

攻撃の方は酒居投手は打てそうで

なかなか打てなかったですね。

ただ、終盤の粘り強さというのは

さすがに王者ですよね。

8回の同点の場面ではラッキーなヒットや

風に後押しされた感もありますが、

強いて言えばここで勝ち越して

9回表で終わりたかったですね。

今宮選手の打球も悪くなかったんですが、

調子が悪い時は不思議と

打球が正面にいきますよね。

ちょっと打撃の状態が悪すぎるので

今宮選手は心配です。

ただ、それらを全て帳消しにしたのが

柳田選手の逆転サヨナラ2ランホームランです。

内川選手とデスパイネ選手が交代していたので

柳田選手は敬遠されるかと思いましたが、

勝負してくれて良かったです。

同点タイムリーを望んでいましたけど、

まさかホームランを打つとは…笑

さすがでしたね。

ホント頼りになる選手ですよ。

このような勝ち方ができるってことは

やっぱり強いチームの野球ですから、

明後日からも期待ですね!

明後日(4月17日)の予想先発

火曜日はヤフオクドームで18時から

イーグルスとの4回戦が

予定されています。

ホークスは東浜投手、

イーグルスは岸投手が予想先発です。

これはなかなか厳しい試合になりますね。

岸投手はここまで内容が良く

失点もほとんどしてないですからね。

東浜投手は連敗中で

イーグルスの打線も目を覚ましかけてるので

粘り強く投げてほしいですね。

打線は今日の試合のように

終盤まで粘り強く得点を挙げて

何とか勝ちたいですね。

というわけで、今回は以上になります。

次回は明後日にホークスの記事は

更新しますのでお楽しみに!

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。

【ソフトバンクホークス】予告先発は東浜巨と岸孝之!楽天戦はエース同士の緊迫した投手戦が予想される!?【プロ野球 パリーグ】
今回はソフトバンクホークスの試合がないので 明日の試合の予告先発や展望予想を 書いていきますね。...