Translate(翻訳):

【ソフトバンクホークス】苦しみながらも東浜巨が初勝利!岸孝之から松田、柳田、福田のホームランが効いた楽天との5回戦!【プロ野球 パリーグ】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

今回は私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

前回の試合結果と振り返りは

下記から参照してください。

では、さっそく。

試合結果

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 1 0 2 0 0 0 3 8 1
0 2 2 0 0 0 1 0 × 5 7 0

勝 : 東浜巨(1勝2敗0S)

負 : 岸孝之(1勝1敗0S)

S : 森唯斗(0勝0敗1S)

【本塁打】

楽 : 今江 2号(6回表ソロ)、岡島 2号(6回表ソロ)

ソ : 松田 3号(2回裏2ラン)、柳田 3号(3回裏2ラン)、福田 1号(7回裏ソロ)

【投手陣】

楽 : 岸(8回)

ソ : 東浜(5 2/3回)、嘉弥真(1回)、加治屋(0/3回)、モイネロ(1 2/3回)、森(2/3回)

【戦評】

2回裏にホークスが松田選手の2ランホームランで2点を先制した。3回裏には銀次選手のエラーで出塁した本多選手を置いて柳田選手の2ランホームランで2点を追加。4回表には一死一、二塁からアマダー選手のタイムリーで1点を返す。6回表には今江選手と岡島選手にそれぞれソロホームランが飛び出し1点差に詰め寄る。7回裏には代打で登場した福田選手が岸投手のカーブを捉えて貴重な1点を追加してそのまま逃げ切った。この試合は終盤はモイネロ投手と森投手の継投でホークスが逃げ切って東浜投手が今季初勝利を挙げた。

試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

東浜投手は結果的には6回途中で

マウンドを降りましたが、

何より今季初勝利は大きいですね。

先発投手は勝ち星が最大の薬なので

内容は良くはなかったですが、

勝ちがついたのをきっかけに

来週以降は復調してほしいです。

今のところ毎試合2被本塁打なのが

気になるところではありますけどね。

次回登板に期待です。

中継ぎ投手はよく投げましたね。

嘉弥真投手は完璧でしたし、

モイネロ投手も1回2/3をよく投げました。

サファテ投手は投げなかったですが、

森投手もしっかり抑えてくれたのは

一安心ではありますね。

加治屋投手は2四球でしたが、

厳しい場面ではあったので

次の登板は頑張ってもらいましょう。

終盤の投手陣の活躍で

東浜投手に勝ちがついたので

本当にナイスリリーフでした。

野手陣

相手が岸投手でしたけど、

打線が援護してくれましたね。

松田選手の2ランホームランは

岸投手のストレートをホームランテラスに

運んでくれましたね。

序盤から制球が不安定だった東浜投手に

この援護はありがたかったです。

それだけでなく3回の柳田選手の

3試合連続のホームランも素晴らしかったです。

柳田選手の球はインコースの難しい球で

かなり上手に打ったホームランでした。

まさか3回までに岸投手から4点というのは

考えていなかったので、

これで試合は有利に進められましたね。

1点差の7回裏に先頭で代打で登場の福田選手の

カーブを上手く捉えたホームランは

終盤だっただけに非常に貴重でした。

これも高谷捕手が今日から復帰しただけに

とることができた代打策なので

高谷捕手にも感謝です。

高谷捕手は8回からの2イニングを守って

投手陣を無失点リレーに導いたので

守備も問題なさそうで安心しました。

タイムリーは出なかったですけど、

効果的なホームラン攻勢で

今日は言うことはないですね。

明日(4月18日)の予告先発

水曜日はヤフオクドームで18時から

イーグルスとの5回戦が

予定されています。

ホークスはバンデンハーク投手、

イーグルスは辛島航投手が予告先発です。

バンデンハーク投手は過去2試合は

6回2失点で試合を作っているので

明日も試合を作ってほしいですね。

打線は得点は取れてきているので

今日の試合のように援護を期待です。

イーグルスは辛島投手が先発ですね。

昨年のCSでは6回1失点に抑えられて

チームは敗れただけに、

明日はリベンジをしたいですね。

ホークスは左腕の変化球投手が苦手なので

明日は右打者が頑張ってほしいです。

というわけで、今回は以上になります。

次回は明日の夜にホークスの記事は

更新しますのでお楽しみに!

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。