Translate(翻訳):

【ソフトバンクホークス】バンデンハークが7回2失点!甲斐拓也の打撃と好プレーで5連勝!【プロ野球 試合結果(対楽天イーグルス5回戦)】

シェアもして頂けると嬉しいです!

スポンサーリンク

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

前回の試合結果と振り返りは

下記から参照してください。

では、さっそく。

試合結果

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 1 0 1 0 0 0 2 7 1
0 3 0 0 0 0 2 0 × 5 8 0

勝 : バンデンハーク(2勝1敗0S)

負 : 辛島航(0勝1敗0S)

S : 森唯斗(0勝0敗2S)

【本塁打】

楽 : アマダー 2号(6回表ソロ)

ソ :

【投手陣】

楽 : 辛島(4 1/3回)、釜田(1 2/3回)、高梨(1/3回)、菅原(1 2/3回)

ソ : バンデンハーク(7回)、モイネロ(1回)、森(1回)

【戦評】

ホークスが2回裏に二死、二、三塁から甲斐拓也捕手のセンターへの2点タイムリーで先制する。更に甲斐捕手が盗塁後の二死二塁から川島選手のタイムリーで1点を追加してこのイニング3点を先制する。4回表にイーグルスが二死一塁からホークスからトレード移籍した山下捕手がタイムリー二塁打を放ち1点を返す。6回表にはイーグルスが二死走者なしからアマダー選手のソロ本塁打で1点差に迫る。7回表にイーグルスは山下選手が出塁した後、この日初スタメンの八百板選手が犠打を失敗して併殺となってチャンスを潰してしまう。7回裏にホークスは先頭の上林選手が四球で出塁、柳田選手がウィーラー選手の失策により出塁、内川選手が死球で満塁とした後にデスパイネ選手のセカンドゴロと松田選手の犠牲フライで2点を追加して逃げ切った。

試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

先発のバンデンハーク投手は

序盤は球数が多くて心配でしたが、

イーグルス打線に助けられましたね。

サファテ投手が登録抹消で

勝ちパターンの投手が離脱している中、

7回2失点は素晴らしいです。

バンデンハーク投手は今までの2試合も

いずれも6回2失点なので、

全試合でクオリティースタートで

安定感抜群です。

強いて言えば、アマダー選手の本塁打は

試合の行方が危なくなるかもでしたので

次回は気をつけてくれたらと思います。

モイネロ投手は安定感が戻ったのか

イーグルス戦は相性いいのもありますが

調子が戻ってきてますね。

サファテ投手が抹消されたわけなので

これはありがたいです。

森投手も今回は1イニングを無失点で

2セーブ目ということで、

代わりなんて思わずに

俺がクローザーだ!

って気持ちで持ち前のスタイルのまま

気迫溢れる投球を続けてほしいですね!

野手陣

この試合は甲斐拓也捕手ですよね。

2回裏のチャンスの場面で

前の明石選手が三振をした場面で、

追い込まれながらアウトローのボールを

センターへ打ち返す先制2点タイムリーは

素晴らしかったです。

川島選手のタイムリーも

二死からだっただけに大きかったです。

そして、7回表の甲斐拓也捕手の

キャッチャー前のバントの打球を

二塁からの一塁送球で併殺にしたのは

非常に大きかったです。

このプレーが出た段階で

この試合はある程度決まったかな

という思いはありましたね。

中村晃選手が登録抹消されて

明石選手が1軍に復帰しましたけど、

内川選手が死球で負傷交代したのは

心配ですね。

当たった場所が膝の伸びる部分で

打ちにいって当たっているのでね…

負傷交代する時に足を引きずってたので

明日以降大事に至らないことを祈ります。

明日(4月19日)の予告先発

木曜日はヤフオクドームで18時から

イーグルスとの6回戦が

予定されています。

ホークスは石川柊太投手

イーグルスは藤平尚真投手が予告先発です。

石川投手は今一番安定している投手なので

明日は普通に勝ちたいですよね。

普通に投げてくれれば

打線は得点を取ってくれているので

十分勝てると思います。

相手の藤平投手は昨年良かったですが、

さすがに高卒2年目で苦しんでますね。

あまり打たれてはいないですが

四球がとにかく多いので、

明日もそのような投球なら

ホークスにチャンスはあるでしょうね。

というわけで、今回は以上になります。

次回は明日の夜にホークスの記事は

更新しますのでお楽しみに!

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。