Translate(翻訳):

【ソフトバンクホークス】石川柊太が好投も藤平尚真の前に打線が沈黙で5連勝でストップ【プロ野球 試合結果(対楽天イーグルス6回戦)】

シェアもして頂けると嬉しいです!

スポンサーリンク

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

前回の試合結果と振り返りは

下記から参照してください。

では、さっそく。

試合結果

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 1 0 1 0 0 0 0 1 3 4 2
0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 4 0

勝 : 藤平尚真(1勝1敗0S)

負 : 石川柊太(2勝1敗0S)

S : 松井裕樹(0勝2敗3S)

【本塁打】

楽 : アマダー 3号(2回表ソロ)、銀次 1号(4回表ソロ)

ソ :

【投手陣】

楽 : 藤平(7回)、ハーマン(1回)、松井(1回)

ソ : 石川(8 1/3回)、二保(2/3回)

【戦評】

イーグルスが2回表と4回表にアマダー選手と銀次選手のソロホームランでそれぞれ1点ずつを挙げる。9回表にイーグルスは四球で出た島内選手が盗塁して一死二塁とした後にウィーラー選手のタイムリーで1点を追加。9回裏にホークスは柳田選手と内川選手の連打で一死一、三塁としてデスパイネ選手のサードゴロの間に1点を返すも反撃はここまで。石川投手が好投をしたが藤平投手の内容が光ったゲームだった。

試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

結果的には負けてしまいましたけど、

石川投手は素晴らしかったです。

ホームランを打たれた2球は

もったいなかったですけど、

9回途中まで3失点で抑えてくれて

中継ぎ投手も休ませることができたので

これは良かったと思います。

プロ最長の9回途中までのピッチングは

素晴らしかったです。

次は勝たせてあげたいですね。

二保投手は1球で併殺打に打ちとって

ナイスリリーフでした。

二保投手は復活してほしい投手なので

まずはこういうビハインドの場面で

きっちり仕事をこなしてほしいです。

野手陣

打線が8回まで得点がとれなかったのが

敗因としか言えません。

ただ、相手の藤平投手とは

レギュラーシーズンでは初対戦でしたね。

昨年のCSで対戦経験がありましたが

先発では初対戦だったので、

あまりデータがなかったかもしれません。

初物はなかなか打てないので

甘いボールが多かったわけなので

この試合でいろいろわかったわけですから

次回は打ち崩してもらいましょう。

5連勝中はよく打ってくれてたので

こういうこともありますから、

明日からのファイターズ戦で

また頑張ってもらいましょう。

明日(4月20日)の予告先発

木曜日は札幌ドームで18時から

ファイターズとの4回戦が

予定されています。

ホークスは武田翔太投手

ファイターズはマルティネス投手

予告先発です。

千賀投手が復帰すると思ってましたが、

あと一週間ほどかかるみたいなので

この3連戦ではお預けです。

武田投手が先週のマリーンズ戦は

雨で登板が流れているので

約2週間ぶりの先発登板ですね。

まだ今シーズン勝ち星がなく

今までの2試合も内容は良くないので

ちょっと不安ではあります。

特に武田投手はファイターズ戦は

結構苦手にしてますからね。

打線が早めに援護して

リードした展開で投げさせてほしいです。

相手はマルティネス投手です。

前回のヤフオクドームで対戦して

ホークスは勝ちはしましたけど、

8回3失点と好投はされました。

勝ったと言っても少ないチャンスを

なんとか得点に繋げての勝利ですからね。

この日はホークスの先発の石川柊太投手が

7回無失点と好投してくれたので

それが大きかったですから。

ファイターズも打線の調子は悪くないので

武田投手の粘りのピッチングに期待です。

というわけで、今回は以上になります。

次回は明日の夜にホークスの記事は

更新しますのでお楽しみに!

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。