Translate(翻訳):

【ソフトバンクホークス】高橋礼は初黒星!中田翔にバースデーホームランを許し二桁失点で大敗。【プロ野球 試合結果(対日本ハムファイターズ6回戦)】

シェアもして頂けると嬉しいです!

スポンサーリンク

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

前回の試合結果と振り返りは

下記から参照してください。

では、さっそく。

試合結果

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 5 0
2 0 1 0 3 3 2 0 × 11 10 0

勝 : 加藤貴之(1勝2敗0S)

負 : 高橋礼(0勝1敗0S)

【本塁打】

ソ :

日 : 中田 6号(5回裏3ラン)、西川 2号(6回裏3ラン)

【投手陣】

ソ : 高橋礼(4回)、飯田(1/3回)、田中(1 2/3回)、二保(1回)、加治屋(1回)

日 : 加藤(6回)、西村(1回)、公文(1回)、玉井(1回)

【戦評】

1回裏にファイターズは無死満塁とした後に中田選手の犠牲フライとアルシア選手のタイムリーで2点を先制。3回裏にファイターズは一死一塁から中田選手のタイムリー二塁打で1点を追加。4回表にホークスは無死一、二塁からデスパイネ選手のタイムリー、その後無死一、三塁からグラシアル選手の併殺打で合計2点を返す。5回裏にファイターズは一死一、二塁から中田選手の3ランホームランで追加点を挙げる。6回裏にはファイターズは一死、一、三塁から西川選手の3ランホームランで追加点を挙げる。7回裏にはファイターズは二死満塁から西川選手のタイムリーと杉谷選手の押し出し死球で追加点を挙げる。ファイターズは本日バースデーの中田選手が4打数2安打5打点と自身の29歳のバースデーを飾った。

試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

今日は全体的に投手陣が

打ち込まれましたね。

プロ初先発の高橋礼投手は

さすがに厳しい内容でしたね。

結果は4回3失点でしたけど、

見ている限りはストレートばかりで

変化球があまり決まってなかったので

これでは厳しいですね。

審判の判定も厳しかったですが、

もう少しストレート以外に

緩急も使えたりすると

ストレートはいいので投球も幅も広がるし

期待できますね。

また2軍で頑張ってもらって

次回登板がきた際に頑張ってもらいましょう。

飯田投手は厳しいですね。

今年初めて見ましたけど、

ここ数年と内容は変わっていません。

飯田投手の場合は内容の前に

相手打者と勝負できてないですからね。

打たれるならまだしも

四球と死球では厳しいとしか言えません。

貴重な左投手だけに期待してるんですが

現状はビハインドの場面で

頑張ってもらうしかないですね。

田中投手はピンチの場面で登板して

中田選手に本塁打を浴びました。

せめて本塁打以外にしてほしかったですが

まだ経験も少ないだけに仕方ないですかね。

ただ、イニング跨ぎでの西川選手の本塁打は

余計でしたよね。

試合展開としてはダメ押しでしたが

田中投手の課題が出ました。

やはり変化球の精度ですよね。

中田選手の場面も変化球が使えれば

結果は違ったと思いますし、

西川選手に打たれたボールは

スライダーが高く浮いたところを打たれました。

いくらストレートが良くても

変化球が使えなければ打たれるので、

田中投手は変化球の精度を

今後もっと高めていってほしいです。

ストレートは素晴らしいので

1軍の試合に投げていく中で

変化球も磨いてもらえたらと思います。

二保投手も今年復帰しましたけど、

前回同様内容は厳しいですね。

明らかな敗戦処理の場面で出てきて

四球や死球を出してるようではね。

勝ちパターンの投手がこぞっていないので

もっとしっかりしてほしいです。

加治屋投手は三者凡退で良かったです。

野手陣

昨日の試合であれだけ打ったので

今日の試合はおとなしいのは想像できました。

大量得点を取った次の日は

そんなに点取らないことが多いですからね。

私が個人的に気になるのは

上林選手と松田選手、今宮選手です。

上林選手は調子が良かったですが

最近は明らかに下降気味です。

しかもボール球に手を出していったり

ちょっと強引さも目立ちます。

上林選手は昨年の終盤に2軍落ちをして

悔しい思いをしてるだけに、

今年は相当な思いを持って取り組んでいます。

ただ、やはり好不調の波が激しいと

レギュラーとしては困ります。

明日は移動日で試合がないので

一度自分のバッティングを

見直して修正してほしいですね。

松田選手と今宮選手は共に

ボール球にも手を出しますし、

打席での粘りが全くないですね。

松田選手は少しずつ年齢的な衰えも

否めない感はありますけど、

まだまだやってもらわないと困るので

何とかきっかけを掴んでもらって

復調してもらいたいですね。

今宮選手は簡単に凡打する姿が目立ちます。

タイプ的には粘ってほしいんですけど

それができないので、

調子が悪いと淡白な打撃になるんですよね。

今宮選手は守備での貢献度が高いですが

やはり打率が.150前後では困るので、

昨年のバッティングを思い出して

調子を上げてもらいたいですね。

明後日(4月24日)の予想先発

火曜日はヤフオクドームで18時から

ライオンズとの3回戦が

予定されています。

ホークスは東浜巨投手

ライオンズは十亀剣投手が予想先発です。

※違う場合もありますが、ご了承ください。

現在4連勝中で首位のライオンズと

今季初のヤフオクドームでの対戦です。

チーム状況を考えると

かなり厳しい3連戦になりますね。

ただ、ホークスは表ローテで

昨年のヤフオクドームでの対戦成績は

11勝1敗ですからね。

ライオンズもヤフオクドームでは

今年こそは勝つという強い思いで

試合に臨んでくるはずです。

まだ春先とはいえ、

ここで負け越してしまうと

ライオンズが独走態勢になりますからね。

前回の2連戦では連敗しましたが

なんとか止めたいところです。

東浜投手と十亀投手の投げあいは

前回もありました。

十亀投手から2点を先制したものの

東浜投手が6回に捕まりました。

前回初勝利を挙げただけに

今回は東浜投手に期待したいです。

打線も調子は悪くないですし

ヤフオクドームでの試合なので、

勢いに乗ってるライオンズを相手に

なんとか先制して逃げ切る形で

勝利を収めたいですね。

というわけで、今回は以上になります。

次回は明日の夜にホークスの記事は

更新しますのでお楽しみに!

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。