Translate(翻訳):

【ソフトバンクホークス】山岡泰輔に好投されるも9回二死から上林誠知の起死回生の同点タイムリー、延長10回に本多雄一の走者一掃タイムリーで大きすぎる逆転勝利を収める!【プロ野球試合結果(対オリックスバファローズ5回戦)】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

前回の試合結果と振り返りは

下記から参照してください。

【ソフトバンクホークス】西勇輝に7回1失点で完敗。東浜巨は8回完投もまたもホームランを打たれて3敗目。【プロ野球試合結果(対オリックスバファローズ4回戦)】

では、さっそく。

スポンサーリンク

試合結果

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
0 2 0 0 0 0 0 1 1 3 7 10 0
0 2 0 2 0 0 0 0 0 0 4 7 0

勝 : モイネロ(2勝0敗0S)

負 : 吉田一将(0勝1敗0S)

S : 森唯斗(0勝0敗3S)

【本塁打】

ソ : 松田 5号(2回表2ラン)

オ : 安達 1号(4回裏2ラン)

【投手陣】

ソ : 武田(6回)、二保(2/3回)、嘉弥真(2/3回)、加治屋(1 1/3回)、モイネロ(1/3回)、森(1回)

オ : 山岡(6回)、山本(1回)、黒木(1/3回)、増井(1 2/3回)、吉田(1回)

【戦評】

2回表にホークスは一死一塁から松田選手の2ランホームランで先制する。2回裏にバファローズは二死満塁から山崎選手の2点タイムリーで同点に追いつく。4回裏にバファローズは二死三塁から安達選手の2ランホームランで2点を勝ち越す。8回表にホークスは一死二塁から柳田選手のタイムリーで1点を返す。9回表にホークスは二死一、二塁から上林選手のタイムリーで同点に追いつく。10回表にホークスは一死満塁から本多選手の走者一掃のタイムリースリーベースで3点を勝ち越す。ホークスは終盤に粘りを見せて貴重な逆転勝利となった。



試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

武田投手はいつもと変わらず

安定した失点内容でしたね。

先に2点の援護をもらっておいて

すぐその裏に同点にされてしまう辺り、

今シーズンここまで勝てない理由を

物語っていますよね。

背番号を18に変えて心機一転でしたが

今のところはここ数年と変わりません。

今日も安達選手に痛い一発を浴びました。

あーいうところが変わらない限り

今年はなかなか勝てないでしょうね。

2012年のルーキーイヤーや

二桁勝利を挙げた年を知っているだけに

もどかしい気持ちです。

ファンはもちろん首脳陣も

武田投手には期待しているので、

早く復活してほしいですね。

ただ、打線の粘りのおかげで

黒星も消してもらったわけなので、

次回登板に期待しましょう。

二保投手こそは安打を許しましたが、

嘉弥真投手と加治屋投手の中継ぎ投手陣は

それぞれナイスピッチングでした。

加治屋投手は9回はピンチは作りましたが

モイネロ投手のナイスリリーフでした。

加治屋投手はこういう場面も

これから投げていくと思うので、

経験を積んでいってほしいですね。

最終的に延長10回表に勝ち越せたのも

中継ぎ投手陣がほぼ完璧に抑えたからなので

改めて素晴らしい働きでした。

森投手も10回裏を3人で仕留めて

ナイスリリーフでした。

野手陣

打線は7回までは山岡投手と

昨日好投をされた山本投手に苦労して

もやもやする展開でした。

8回に1点差に詰め寄ったものの

福田選手が併殺打でチャンスを潰した時は

正直厳しいかな…と思いました。

ただ、土壇場9回のツーアウトの場面で

上林選手のタイムリーは見事でした。

あの場面で今季初の1番として起用されて

打てる辺りはさすがでしたね。

素晴らしい集中力ですし

今季一痺れたシーンでした。

そして、延長10回表ですよね。

柳田選手からの攻撃でしたし、

バファローズは勝ちパターンの投手を

ほとんど使い切っていたので

点が入る期待はありました。

チャンスを作って一死満塁の場面で

今日は代走からの出場となった

本多選手の一振りは見事でした。

昨日はスタメンで機能しなかっただけに

今日の一打席での集中力は素晴らしかったです。

甘く入ってきたフォークボールとはいえ

犠牲フライでもなく一球で仕留めて

右中間に運ぶ辺りは本当に痺れました。

私もテレビで観戦をしながら

大きな声を挙げて喜びましたからね(笑)

本当にお見事でした。

今日みたいな勝ち方をできるということは

やはり強いチームですね。

明日も楽しみに観たいと思います。

明日(4月30日)の予告先発

月曜日は京セラD大阪で13時から

バファローズとの6回戦が

予定されています。

ホークスは中田賢一投手

バファローズは田嶋大樹投手が予告先発です。

これもまた厳しい試合になりそうですね。

中田投手は前回のファイターズ戦で

8回無失点と好投しました。

中田投手は石川投手と並んで安定していますが

四球が多い投手ではあるので

投げてみないとわからないですね。

ただ、今シーズンは大崩れはしてないので

試合を作ってくれることは大丈夫だと思います。

問題は相手の田嶋投手ですよね。

開幕2戦目でプロ初勝利を献上した相手です。

その時は5回1安打1失点と抑えられて

川島選手のホームランのみのヒットでした。

2回目の対戦ということで

今回は攻略したいところですね。

ただ、田嶋投手は前回のロッテ戦の登板でも

7回無失点で勝利投手になっています。

本格派左腕ということで

苦労はするとは思いますが、

今回は今日みたいな粘りを発揮して

打って勝ちたいですね。

というわけで、今回は以上になります。

次回は明日の夜にホークスの記事は

更新しますのでお楽しみに!

では☆

PS.次回の試合の記事はこちら。

【ソフトバンクホークス】中田賢一が3回5失点KO。田嶋大樹にまたしても白星を献上も見せた打線の粘り。【プロ野球試合結果(対オリックスバファローズ6回戦)】