Translate(翻訳):

【ソフトバンクホークス】千賀滉大が7回1失点10奪三振で今季初勝利!石川歩に今季初黒星をつけて、内川聖一は2000本安打まであと4本!【プロ野球試合結果(対千葉ロッテマリーンズ2回戦)】

シェアもして頂けると嬉しいです!

スポンサーリンク

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

前回の試合結果と振り返りは

下記から参照してください。

では、さっそく。

試合結果

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 1 0 2 0 0 0 0 0 3 8 0
0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 5 2

勝 : 千賀滉大(1勝1敗0S)

負 : 石川歩(3勝1敗0S)

S : 森唯斗(0勝0敗4S)

【本塁打】

ソ : 内川 2号(4回表ソロ)、松田 6号(4回表ソロ)

ロ :

【投手陣】

ソ : 千賀(7回)、モイネロ(1回)、森(1回)

ロ : 石川(7回)、松永(1/3回)、田中(2/3回)、益田(1回)

【戦評】

2回表にホークスは一死一、三塁から松田選手のタイムリーで1点を先制する。4回表にホークスは無死走者なしから内川選手のソロホームランと松田選手のソロホームランで2点を追加する。4回裏にマリーンズは一死一塁から清田選手のタイムリーツーベースで1点を返すも反撃はここまで。両先発が7回まで投げて試合を作るも、7回1失点と好投した千賀投手が今季初勝利をマークした。

試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

今日は千賀投手が本来の内容で

ピッチングをしてくれましたね。

序盤は球数は多くなりましたが

7回1失点はさすがでしたね。

変化球が抜ける場面もあったのですが

ストレートを上手く使って

凌いでた印象でした。

今季初勝利を挙げてくれたので

次回は敵地の西武戦の登板だと思うので

また勝利に繋がる投球をしてほしいですね。

モイネロ投手と森投手はナイスリリーフでした。

森投手はクローザーになってから

頼もしさが増してるので、

このまま頑張ってもらいましょう。

野手陣

打線は決して多くの得点ではありませんでしたが

序盤から中盤にかけて効果的に

得点を挙げることができましたね。

4回の内川選手と松田選手のホームランは

見事でしたね。

内川選手は2000本安打まであと4本なので

おそらく週末のヤフオクドームで

達成になりそうですね。

守備面で言えば、

初回の甲斐捕手の三塁での封殺プレーと

8回裏の今宮選手のファインプレーは

チームを助けてくれましたね。

明日も効果的な打線の援護と

守備面での好プレーに期待ですね!

明日(5月2日)の予告先発

水曜日はZOZOマリンで18時15分から

マリーンズとの3回戦が

予定されています。

ホークスはバンデンハーク投手

マリーンズは大隣憲司投手が予告先発です。

大隣投手が相手の予告先発ですね。

個人的には大隣投手には思い入れが強いので

できればホークスの試合以外で

投げてほしかった思いもあります。

ただ、対戦相手として立ちはだかるなら

打線は打ってもらうしかないですね。

オープン戦では対戦がありますが、

その時は完璧に抑えられているので

今回は打って恩返ししましょう。

ホークスの予告先発はバンデンハーク投手で

前回はライオンズ戦で10失点しました。

前回登板はボールどうこうより

四球が多くランナーを溜めてしまったので

明日の登板ではそれが少なくなれば

あまり問題なく試合を作ってくれると思います。

マリーンズ打線には相性がいいので

明日は好投を期待してます。

というわけで、今回は以上になります。

次回は明日の夜にホークスの記事は

更新しますのでお楽しみに!

では☆

PS.次回の試合の記事はこちら。