Translate(翻訳):

【ソフトバンクホークス】大隣憲司が古巣相手に1 2/3回で7失点。内川聖一はマルチ安打で2000本安打まで残り2本で明日にも達成か!?【プロ野球試合結果(対千葉ロッテマリーンズ3回戦)】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

今回は私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

前回の試合結果と振り返りは

下記から参照してください。

では、さっそく。

試合結果

1 2 3 4 5 6 7 8 9
4 3 0 0 0 1 0 0 0 8 12 3
0 0 1 0 0 2 0 0 0 3 6 0

勝 : バンデンハーク(3勝2敗0S)

負 : 大隣憲司(0勝1敗0S)

【本塁打】

ソ : 柳田 6号(1回表2ラン)、デスパイネ 5号(1回表2ラン)、上林 2号(6回表ソロ)

ロ :

【投手陣】

ソ : バンデンハーク(5 0/3回)、嘉弥真(1/3回)、加治屋(1 2/3回)、二保(1回)、岡本(1回)

ロ : 大隣(1 2/3回)、有吉(1 1/3回)、チェン(4回)、南(1回)、益田(1回)

【戦評】

1回表にホークスは一死一塁から柳田選手の2ランホームラン、同じく一死一塁からデスパイネ選手の2ランホームランで4点を先制する。2回表にホークスは無死二、三塁から川島選手の犠牲フライ、二死二塁から柳田選手のタイムリーツーベース、二死二塁から内川選手のタイムリーヒットで3点を追加する。マリーンズは3回裏に一死三塁から藤岡選手の犠牲フライで1点を返す。6回表にホークスは無死走者なしから上林選手のソロホームランで1点を追加する。6回裏にマリーンズは無死一塁から中村選手のタイムリーツーベース、無死一、三塁から鈴木選手の犠牲フライで2点を返す。序盤の7点と上林選手の効果的な1点を守りきってホークスが快勝を収めた。

試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

先発のバンデンハーク投手は

大量リードに守られて最低限の内容でしたね。

今日は雨も降っていたり

風も強かったりしたので、

しょうがない部分もありますね。

ただ、前回多かった四球は1つなので

そこは修正されていて良かったです。

勝ち星もついたわけなので

次回登板は更に内容の方も

いいものにしていってほしいですね。

中継ぎ投手陣は今日もほぼ完璧でしたね。

岩嵜投手とサファテ投手を欠いてる中、

変わらず好投をしてくれています。

ホークスの中継ぎ投手陣は

本当に素晴らしい投手が多いので、

いつも助かっています。

岩嵜投手とサファテ投手がいないことを

むしろチャンスだと思って、

自分のポジションを奪いにいって

更に成長してほしいですね。

野手陣

野手陣は今日は言うことないですね。

相手先発の昨年までチームメイトの大隣投手に

容赦なかったですね。

ほとんど全選手打っていて

素晴らしかったです。

その中で今宮選手が今季初の猛打賞、

デスパイネ選手にもホームランが出たのが

良かったですね。

特に今宮選手はこの9連戦に入ってから

打撃の調子は上がってきてるので、

5月は調子を上げていってほしいですね。

デスパイネ選手ももう少し打率を上げてくれれば

安心できますね。

9回裏に日本ハムファイターズから

金銭トレードで来た市川捕手が

マスクをかぶれたのも良かったですね。

市川捕手も貴重な戦力なので

これは大きかったと思います。

内川選手も5月に入ってから調子良く

2000本安打まで残り2本と

明日か明後日には達成しそうですね。

明後日がヤフオクドームでの試合ですが、

早いうちに達成して楽になってほしいですね。

明日(5月3日)の予告先発

木曜日はZOZOマリンで14時から

マリーンズとの4回戦が

予定されています。

ホークスは石川柊太投手

マリーンズは涌井秀章投手が予告先発です。

石川投手は前回のライオンズ戦で

8回3安打1失点と好投をしています。

今一番安定している投手なので

心配は全くありません。

ただ、QVCの風にだけは注意して

投げてくれれば大丈夫だと思います。

相手先発は涌井投手ですね。

前回はイーグルス相手に完封していて

調子は悪くなさそうです。

ホークスの打線は今振れているので

早い段階で捉えて、

石川投手を援護して

今季初の同一カード3タテをしたいですね!

というわけで、今回は以上になります。

次回は明日の夜にホークスの記事は

更新しますのでお楽しみに!

では☆

PS.次回の試合の記事はこちら。