Translate(翻訳):

【ソフトバンクホークス】石川柊太が4勝目!涌井秀章を攻略して柳田悠岐の殊勲打で今季初の同一カード3連勝!【プロ野球試合結果(対千葉ロッテマリーンズ4回戦)】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

前回の試合結果と振り返りは

下記から参照してください。

では、さっそく。

スポンサーリンク

試合結果

1 2 3 4 5 6 7 8 9
1 0 0 0 0 0 4 0 0 5 8 3
0 2 0 0 0 1 0 0 0 3 5 0

勝 : 石川柊太(4勝1敗0S)

負 : 涌井秀章(2勝3敗0S)

S : 森唯斗(0勝0敗5S)

【本塁打】

ソ : 柳田 7号(1回表ソロ)

ロ : 菅野 1号(2回裏2ラン)

【投手陣】

ソ : 石川(6回)、嘉弥真(1/3回)、二保(0/3回)、モイネロ(1 2/3回)、森(1回)

ロ : 涌井(6 1/3回)、松永(0/3回)、田中(1 2/3回)、大谷(1回)

【戦評】

1回表にホークスは二死走者なしから柳田選手のソロホームランで1点を先制する。2回裏にマリーンズが二死一塁から菅野選手の2ランホームランで逆転する。6回裏にマリーンズは無死一、三塁から井上選手のタイムリーヒットで1点を追加する。7回表にホークスは一死一、二塁から上林選手のタイムリーヒット、一死一、二塁から今宮選手のタイムリーヒットで同点、一死一、二塁から柳田選手の2点タイムリースリーベースで一挙4点を奪い逆転に成功する。マリーンズは9回裏に粘りを見せるも、終盤の集中打でチャンスをモノにしたホークスが今季初の同一カード3連勝、マリーンズ戦は今季負けなしの4連勝を飾った。



試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

石川投手は悪くはなかったですが、

完全に風に狂わされましたね。

四球が多くてらしくなかったです。

失点の仕方も効率が良かったせいで

上手く点数を取られてしまいましたね。

菅野選手に浴びたホームランも

風に乗って運ばれたホームランでしたから。

こういうこともあると思うので、

今回は味方打線のおかげで勝利投手ですし

次回はまた好投してもらいましょう。

嘉弥真投手は菅野選手相手だけでしたが

さすがの内容でした。

二保投手は荻野選手相手にヒットを打たれて

打者一人相手で降板をしましたけど、

次回は頑張ってもらいましょう。

モイネロ投手はあの強風の中、

1 2/3回をパーフェクトリリーフでした。

開幕当初は不安定でしたけど、

去年のいい時に戻ってきましたね。

後ろの2人がいない中で

モイネロ投手が調子を取り戻してきたのは

非常に大きいし頼もしいです。

これを続けてくれると助かるので

継続してほしいですね。

森投手はよく抑えましたね。

9回に失策と四球が絡んでのピンチでしたが、

本当によく抑えてくれました。

森投手はサファテ投手の偉大さを

身を持って体感したと思います。

今日はピンチを作りましたけど、

まだクローザーを務めてからは

ヒットは打たれてないですからね。

よくやってくれています。

テレビ中継を見ていると

森投手のことを『代役』と言いますけど、

『代役』なんて言わせない投球を

これからも続けてほしいですね。

野手陣

野手陣は6回までは涌井投手相手に

抑えられていましたけど、

7回の逆転劇は見事でしたね。

特に代打で出てきた高田選手のヒットと

福田選手の四球の繋ぎが大きかったです。

上林選手と今宮選手も

追い込まれてからのタイムリーは

素晴らしかったです。

2番の今宮選手が繋げると

この後の柳田選手の逆転タイムリーみたいに

ビッグイニングに繋げられますからね。

貴重な同点タイムリーでしたし、

大きな一打でしたね。

柳田選手は本当にさすがですし

頼りになりますね(笑)

個人的に気になった点としては、

強風の球場ではありますが

この3連戦で失策が6個と多いのは

ちょっと気になりましたね。

特に今日は失策が絡んで9回に

余計なピンチが生まれましたからね。

ホークスは失策は少ないチームなので

もう一度気を引き締めてもらいましょう。

内川選手は今日ノーヒットでしたが、

明日からのヤフオクドームでの3連戦で

決めてもらいましょう。

できれば勝ちゲームで達成してほしいですね。

明日(5月4日)の予告先発

金曜日はヤフオクドームで18時から

バファローズとの7回戦が

予定されています。

ホークスは東浜巨投手

バファローズは西勇輝投手が予告先発です。

前回と同じマッチアップですね。

東浜投手は前回は敗れはしましたが、

完投をして8回3失点と内容は悪くなかったです。

ただ、ここまで全試合で本塁打を浴びていて

そこが気になるところですね。

今回はヤフオクドームでの試合なので

内容は良くなってきているだけに

より注意して臨んでところです。

相手先発は西投手ということで

開幕戦といい前回といい抑えられています。

元々西投手は苦手な投手ではありますが、

そろそろ攻略していきたいですよね。

バファローズはこの9連戦は

ホークスとライオンズという上位相手に

勝ち越してきています。

明日からの3連戦は同じ投手との対戦が

見込まれているだけに、

前回負け越したわけでやり返す必要があります。

ホークスの打線は調子は上がってきたので

今回はホームで勝ち越したいですね。

まずは東浜投手の好投に期待です!

そして、勝ちゲームでの

内川選手の2000本安打達成を見たいですね!

というわけで、今回は以上になります。

明日は私の都合により試合が見れないので

明後日の夜にホークスの記事は

更新しますね!

では☆

PS.次回の試合の記事はこちら。