Translate(翻訳):

【ソフトバンクホークス】バンデンハークが中島卓也に満塁ホームランを浴びて敗戦。またも中軸が不発で痛すぎる連敗。【プロ野球試合結果(対日本ハムファイターズ8回戦)】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

今回は私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

前回の試合結果と振り返りは

下記から参照してください。

では、さっそく。

試合結果

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 5 0 0 0 0 0 0 0 5 4 0
2 1 0 0 0 0 0 0 0 3 12 0

勝 : 有原航平(4勝1敗0S)

負 : バンデンハーク(3勝3敗0S)

S : トンキン(1勝0敗8S)

【本塁打】

日 : 中島卓也 1号(2回表満塁)

ソ : 中村晃 4号(1回裏ソロ)、柳田 10号(1回裏ソロ)

【投手陣】

日 : 有原(5回)、公文(2/3回)、浦野(1/3回)、西村(1回)、宮西(1回)、トンキン(1回)

ソ : バンデンハーク(6回)、中田(3回)

【戦評】

1回裏にホークスは無死走者なしから中村晃選手のソロホームラン、一死走者なしから柳田選手のソロホームランで2点を先制する。2回表にファイターズは一死一塁から石井選手のタイムリーツーベース、一死満塁から中島卓也選手の満塁ホームランで一挙5点を奪い逆転する。2回裏にホークスは一死二塁から中村晃選手のタイムリーヒットで1点を返す。結果的に中島卓也選手の満塁ホームランが効いた。ホークスはまたも中軸が不発で痛い連敗を喫した。

試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

バンデンハーク投手は2回だけでしたね。

何をそんなに意識したのかわかりませんが

下位打線を相手に連打を浴びて

中島選手にホームランも打たれるなど

あり得ない内容でした。

やはり一発病なんですよね。

捕手も含めてバッテリーがもっと

対策をしないといけませんね。

チーム全体でホームランが多いですし。

特にホームランテラスだけでなく

普通にスタンドまで運ばれているので

気になりますね。

バンデンハーク投手は無駄な四球と

次はもっと攻めてほしいですね。

中田投手は3イニングパーフェクトで

素晴らしいピッチングでした。

中田投手は先発で打たれることも

多々あるんですけど、

ベテランの域に達してきて

中継ぎもこなしてくれる辺りは

本当にチームとしては助かります。

次回は先発かと思っていますけど

頑張ってもらいたいですね。

野手陣

今日も内川選手とデスパイネ選手、

松田選手でしたね。

ここが自動1アウトの状態なので

そりゃあ勝てないですよね。

内川選手はまだしも

デスパイネ選手と松田選手については

今後考える必要がありますね。

松田選手のところはグラシアル選手を上げて

起用するのもありです。

松田選手だけに固執する必要ないので。

どう考えても内容が悪いし

ここ数年で劣化してきてるのは否めません。

ホークスの野手陣も高齢化してきてるので

そろそろそういうテコ入れも

考えないといけませんね。

明日(5月13日)の予告先発

日曜日はヤフオクドームで13時から

ファイターズとの9回戦が

予定されています。

ホークスは武田翔太投手

ファイターズは加藤貴之投手が予告先発です。

武田投手は前回完封勝利を収めて

今季初勝利を収めています。

ただ、大事なのはその次の試合なので

明日の試合の内容が大切です。

武田投手にはもっと勝ってもらわないと困るので

明日も好投を期待です。

ファイターズ戦は毎年武田投手は

相性が悪いので、

明日は勝ってほしいですね。

相手の予告先発は加藤投手です。

加藤投手には前回の対戦で敗戦していて

今回はリベンジを果たしたいですね。

得点を取れない投手ではないですが

なんだかんだ6回2失点くらいで

試合を作られているイメージです。

右打者のインコースに攻めてくるので

そこがいつもの如く注意が必要ですね。

ただ、今年は加藤投手はビジターでは

成績がそんなに良くはないので、

ホーム球場の地の利を生かして

勝利を収めたいですね。

というわけで、今回は以上になります。

次回は明日の夜にホークスの記事は

更新しますのでお楽しみに!

では☆

PS.次回の試合の記事はこちら。