Translate(翻訳):

【ソフトバンクホークス】柳田悠岐が3安打も高田知季のエラーが響き森唯斗でサヨナラ負けで連勝は3でストップ。【プロ野球試合結果(対楽天イーグルス9回戦)】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

今回は私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

前回の試合結果と振り返りは

下記から参照してください。

では、さっそく。

試合結果

123456789
1010100003111
10010001481

勝 : ハーマン(1勝1敗1S)

負 : 森唯斗(0勝2敗6S)

【本塁打】

ソ :

楽 : 内田 2号(4回裏ソロ)

【投手陣】

ソ : 中田(5 2/3回)、嘉弥真(1/3回)、加治屋(1回)、モイネロ(1/3回)、森(1回)

楽 : 岸(6回)、高梨(1/3回)、青山(2/3回)、松井(1回)、ハーマン(1回)

【戦評】

1回表にホークスは一死三塁から柳田選手のタイムリーツーベースで1点を先制する。1回裏にイーグルスは一死一、二塁から今江選手のタイムリーヒットで同点に追いつく。3回表にホークスは二死二塁から柳田選手のタイムリースリーベースで1点を勝ち越す。4回裏にイーグルスは一死走者なしから内田選手のソロホームランで同点に追いつく。5回表にホークスは二死満塁から松田選手のタイムリーヒットで1点を勝ち越す。8回裏にイーグルスは一死二塁から嶋選手のタイムリーツーベースで同点に追いつく。9回裏にイーグルスは一死一、二塁から岡島選手のサヨナラタイムリーツーベースで試合を決めた。9回裏の失策が響きホークスの連勝は3で止まった。

試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

今日の中田投手は四球が5個と

ちょっと多かったですね。

ただ、その中では6回途中2失点で

粘りを見せましたね。

被安打が4本なので四球が5個ということで

四球の方が多いのは

中田投手らしいところです。

ピンチは多かったですけど

大崩れすることなく試合を作ったので

十分な働きをしてくれましたね。

相手が岸投手という中で

一度もリードされなかったのは

良かった点ですね。

次回の登板も期待が持てるので

頑張ってもらいましょう。

嘉弥真投手は良くなかったですね。

四球や死球でピンチを作ったり

7回の銀次選手に甘い球を打たれたり

制球が悪かったです。

モイネロ投手が勝ちパターンの今

左キラーは嘉弥真投手だけなので

次は頑張って抑えてほしいですね。

加治屋投手は1点差の無死二塁という

非常に厳しい場面でしたけど、

素晴らしいピッチングでしたね。

相手はクリーンアップだったので

同点は覚悟していた場面でしたから、

無失点に抑えてくれたのは

本当に嬉しい誤算でした。

防御率も0点台ですし岩嵜投手が不在の中、

十分役割を担ってくれていますね。

新人王の権利もある投手ですし

今年は自分のポジションを掴んで

更に中継ぎ投手陣を強固なものに

していきたいところですね。

モイネロ投手はこの3連戦3連投だったので

疲れもあったかもしれませんね。

全体的にボールがバラバラで

ストレートも高かったです。

どうしても後ろがいないので

連投も多くなってしまいますが、

1点差の場面は厳しかったですね。

明日は投げないと思うので

ゆっくり休んで次回の登板から

またいいピッチングを期待ですね。

森投手はモイネロ投手の後のピンチは

よく抑えてくれました。

9回はサヨナラで決められましたけど

あれはしょうがないかなと思います。

打たれたボールは甘かったですが

ダブルプレーが失策になっただけに

さすがに酷でしたね。

次回また頑張ってもらいましょう。

ただ、この試合も

モイネロ投手と森投手で負けたわけなので、

厳しい終盤の継投になりますね。

五十嵐投手が下で投げ始めて

スアレス投手も6月くらいには

戻ってくる可能性があるので、

それまでは頑張ってもらいたいですね。

野手陣

相手が岸投手だけに

さすがに3点が限界でしたかね。

その中で柳田選手はお見事でした。

高田選手は打撃では貢献してましたが

9回の失策は致命的でしたね。

確実にダブルプレーだっただけに

焦ったのかもしれませんが

あまりに痛すぎる失策でした。

次回は失策をするなとは言いませんが

致命的な失策にならないように

堅実な守備を心がけてほしいですね。

今日の試合を見ていても思いますが

今年のホークスは失策や

走塁ミスが目立つんですよね。

今日の試合でも4回表の攻撃で

二死一、二塁から高田選手が

ライト前へヒットを放ったんですが、

ライトは強肩のぺゲーロ選手で

かなり前進で守っていたのにも関わらず

ツーアウトだったからか回して

惜しくもないアウトになりました。

ホームへの返球が逸れれば

好走塁と言われるんでしょうけど、

先週のファイターズ戦の清宮選手へのフライでも

暴走としか思えないんですよね。

結果論ではありますけど、

こういう無駄な走塁でチャンスを潰して

2試合とも負けているわけなので

もう少し三塁コーチャーは

判断をしっかりしてほしいですね。

明日(5月18日)の予告先発

金曜日はZOZOマリンで18時15分から

マリーンズとの5回戦が

予定されています。

ホークスは東浜巨投手

マリーンズは涌井秀章投手が予告先発です。

ホークスの先発投手陣は

千賀投手、石川投手、武田投手が

安定感があります。

ここに昨年の最多勝投手である東浜投手が

加わることになれば、

かなり強力な先発投手陣になります。

明日はマリーンズが相手ということで

一番ホームランが少ないチームなので

明日こそはホームランを打たれずに

試合を作ってほしいですね。

週末のカードは東浜投手が

勝てない影響もあってか、

4週連続で負け越しているので

何とか初戦を取りたいですね。

相手の予告先発は涌井投手です。

前回の対戦では勝利を収めましたが

7回途中まで粘られてしまったので

今回は粘られないように

作ったチャンスは確実にモノにしたいですね。

東浜投手に勝ち星も付けたいし

いいリズムで投げさせるためにも

早めの援護に期待です。

というわけで、今回は以上になります。

次回は明日の夜にホークスの記事は

更新しますのでお楽しみに!

では☆

PS.次回の試合の記事はこちら。