Translate(翻訳):

【ソフトバンクホークス】2試合連続完封の武田翔太が大炎上。ミスが重なり今季初の3タテで痛すぎる4連敗。【プロ野球試合結果(対千葉ロッテマリーンズ7回戦)】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

今回は私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

前回の試合結果と振り返りは

下記から参照してください。

では、さっそく。

試合結果

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 1 1 0 2 0 0 4 9 1
1 0 3 0 3 1 0 0 × 8 11 0

勝 : 益田直也(2勝1敗0S)

負 : 武田翔太(2勝3敗0S)

【本塁打】

ソ : デスパイネ 9号(7回表2ラン)

ロ :

【投手陣】

ソ : 武田(5回)、二保(1回)、岡本(1回)、加治屋(1回)

ロ : 土肥(4 2/3回)、益田(1 1/3回)、大谷(1回)、シェッパーズ(1回)、内(1回)

【戦評】

1回裏にマリーンズは一死三塁から中村選手の犠牲フライで1点を先制する。3回裏にマリーンズは無死満塁から藤岡選手の押し出し四球、無死満塁から中村選手の2点タイムリーで3点を追加する。4回表にホークスは二死一、二塁から上林選手のタイムリーツーベースで1点を返す。5回表にホークスは一死二、三塁から柳田選手の犠牲フライで1点を返す。5回裏にマリーンズは二死一、二塁から角中選手の2点タイムリーツーベース、二死二塁から清田選手のタイムリーヒットで3点を追加する。6回裏にマリーンズは二死二塁から加藤選手のタイムリーヒットで1点を追加する。7回表に二死一塁からデスパイネ選手の2ランホームランで2点を返す。マリーンズが効果的に得点を重ねて6年ぶりのホークス相手に同一カード3連勝。ホークスは下位チーム相手に痛すぎる同一カード3連敗で今季初の4連敗となった。

試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

武田投手は内容以前に

自分から崩れてますよね。

牽制悪送球もファーストのエラーですけど

無駄な悪送球でピンチを広げて

先制点も奪われてしまいました。

3回にも何を1点を嫌ったのか

バントをさせればいいところを嫌って打たれて

自らの甘いフィールディングもあり

押し出し四球も絡んでの大量失点です。

チーム状況も今季一番悪い中ですけど

こういう時に止めてくれないと

なかなか信頼を得られないですよね。

2試合連続完封がどうこうより、

良かった試合の次の試合や

チームが苦しい時に救う内容を

求められる投手なわけなんですよね。

ただ、東浜投手とバンデンハーク投手、

そして守備のミスが絡んで連敗の中なので

酷ではありましたけど、

次回は好投を期待したいですね。

二保投手も投げた試合は

失点してるイメージなんですよね。

これもまた厳しい内容ですよね。

昨日の田中投手もですけど

これらの投手たちはチャンスなのに

毎回失点をしているようでは

そのうちチャンスはなくなりますね。

正直、内容どうこうよりは

結果が求められる投手なので、

ランナーは出してもいいので

無失点で抑えることを心がけてほしいですね。

岡本投手はクリーンアップ相手に

三者凡退は素晴らしかったですね。

このピッチングを継続してほしいですね。

加治屋投手も三者凡退でいいですね。

ここまで防御率が0点台と

今季一番安定している中継ぎ投手なので

このまま勝ちパターンにも食い込めるように

頑張ってもらいたいですね。

ナイスピッチングでした。

野手陣

スコアだけを見れば

投手陣が打たれていますけど、

エラーが多かったり記録に残らないミス、

拙攻やあり得ない走塁やスクイズ失敗、

相当野手陣の攻撃がまずいですね。

やることをやって負けてるなら

しょうがない部分もありますけど、

この4連敗中は全試合エラーが出ていて

初回に全て失点をしています。

投手陣の流れも悪いのもありますが

防げるエラーは防がないと

投手陣だって可哀想です。

内川選手が登録を抹消されて

最初は福田選手が活躍しましたが、

今の打線は怖い選手がいませんよね。

内川選手以外はいるんですけど

打線に粘りもないしボール球に手を出すし、

それが打率が2割前半の選手が多いことに

繋がっていますよね。

現状しょうがない部分もありますが

やはり中村選手が上位にいる打線、

これは私は嫌なんですよね。

これは私が感じるここ数年の

ホークスの傾向ではあるんですが、

中村選手を上位に置く時というのは

ホークスの打線が調子が悪い証拠なんですよね。

中村選手はチャンスメイクもできますが

何よりチャンスに強い選手なので

6番に置きたいところです。

7番に松田選手、

8番に上林選手が一番理想です。

内川選手がいれば4番ですし

デスパイネ選手を5番にできます。

1番は個人的には左右関係なく

もう少し川島選手を使ってみても

私はいいと思うんですよね。

ただ、これをやるには今宮選手が

もう少しは打ってくれないと

上位打線が弱すぎるんですけどね。

とまぁいろいろ試行錯誤ですけど

4連敗してもまだ貯金2の3位です。

明後日からはホームで6連戦ですし

和田投手なども下で投げていて

千賀投手は10日で戻ってくると思うので、

交流戦までにもう一度立て直して

首位ライオンズを追って行きたいですね。

明後日(5月22日)の予想先発

火曜日はヤフオクドームで18時から

ライオンズとの7回戦が

予定されています。

ホークスは攝津正投手

ライオンズはカスティーヨ投手が予想先発です。

※違う場合もありますが、ご了承ください。

千賀投手が登録を抹消されたので

代役の先発として攝津投手が予想されます。

かなり痛手なのは間違いないですが

個人的には攝津投手が投げるなら

頑張ってほしい気持ちはありますね。

やはり往年のエース投手ですからね。

正直、まだ老け込まれては困るし

やってほしい投手です。

ホークスの投手の中でも

思い入れのある投手ですから

先発なら頑張ってほしいですね。

しかし、よりによって

チーム状況が最も悪い4連敗の中での登板は

避けさせたかったですけどね。

ただ、それは離脱した千賀投手が悪いと思って

自分のピッチングをしてほしいですね。

相手の予想先発はカスティーヨ投手です。

今季4度目の対戦ですけど

一度も打ち崩せてはいません。

今季は田嶋投手もそうですが

天敵が各チームにいますね。

田嶋投手と並んで

今季最も打ててない投手の一人です。

正直、脆い投手だと思うんですが

いつもホークス打線が助けるんですよね。

ボール球に手を出しすぎなので

もっと冷静にボールを見て

球数を投げさせてほしいんですけどね。

そういうことをやっていかないと

同じ投手に何度もやられますからね。

チーム状況が最悪の中ですし

ここで連敗が伸びるようでは

一気に厳しい状況になっていくので

いい加減打ってほしいですね。

というわけで、今回は以上になります。

次回は明日の夜にホークスの記事は

更新しますのでお楽しみに!

では☆

PS.次回の試合の記事はこちら。