Translate(翻訳):

【ソフトバンクホークス】バンデンハークが4勝目!松田宣浩が3安打、塚田正義のタイムリーと上林誠知の連日のホームランで5連勝!【プロ野球交流戦試合結果(対横浜DeNAベイスターズ2回戦)】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

今回は私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

前回の試合結果と振り返りは

下記から参照してください。

では、さっそく。

試合結果

123456789
D011001010470
00000230×5100

勝 : バンデンハーク(4勝4敗0S)

負 : エスコバー(1勝2敗0S)

S : 森唯斗(0勝2敗11S)

【本塁打】

D : 筒香 14号(2回表ソロ)、宮崎 10号(6回表ソロ)

ソ : 上林 5号(7回裏2ラン)

【投手陣】

D : 濱口(5 0/3回)、三嶋(1回)、エスコバー(2/3回)、武藤(1/3回)

ソ : バンデンハーク(7回)、モイネロ(0/3回)、加治屋(1回)

【戦評】

2回表にベイスターズは無死走者なしから筒香選手のソロホームランで1点を先制する。3回表に二死二塁から神里選手のタイムリーヒットで1点を追加する。6回表にベイスターズは二死走者なしから宮崎選手のソロホームランで1点を追加する。6回裏にホークスは無死一、三塁から松田選手の2点タイムリーツーベースで2点を返す。7回裏にホークスは二死二塁から塚田選手のタイムリーヒット、二死一塁から上林選手の勝ち越し2ランホームランで3点を奪って逆転する。8回表にベイスターズは一死一、二塁から筒香選手のタイムリーヒットで1点を返す。ホークスは終盤に集中力を見せてなんとか1点差で逃げ切って交流戦5連勝となった。

試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

バンデンハーク投手は7回3失点と

試合は作ってくれましたね。

ただ、ホームラン2本と

二死からのタイムリーと

手痛い失点にはなりました。

チームが逆転してくれたから

敗戦投手にはなりませんでしたが、

やはり注意して投げてほしかったです。

とはいえ、一時期に比べれば

内容は良くなってきているので

次回登板も期待できそうですね。

モイネロ投手はストレートの四球で

降板しましたけど、

こういう使い方をするのは意外でした。

ただ、そのランナーが四球に繋がったので

結果的には痛かったですね。

次は頑張ってもらいましょう。

加治屋投手はタイムリーは浴びましたが

よく1点で凌いだと思います。

あの場面で無失点は厳しいので

あれで十分な働きでした。

どうせ投げさせるなら

8回の頭から投げさせたかったですが

よく投げてくれました。

次回登板も期待しています。

森投手はランナー出しましたが

よく最後は抑えてくれましたね。

なんだかんだ無失点なのは

最近は継続しているわけなので

責められることではないですね。

そろそろ3人で抑えてもらって

安心して9回を見たいですけどね。

次回登板に期待ですね。

野手陣

今日は1番~4番がノーヒットで

特に1番2番でチャンスを潰して

嫌な展開ではありました。

ただ、塚田選手と上林選手が

チームを救ってくれましたね。

塚田選手は長打もありましたし

7回の同点タイムリーはお見事でした。

1軍に上がってきてから

試合に出場した日は

ヒットを必ず1本打ってるので、

今のチームにはありがたい存在です。

塚田選手もそろそろレギュラー奪取を

しないといけない立場ですから

このまま打ってほしいですね。

上林選手は3安打でしたけど

勝ち越しの2ランホームランですよね。

この2試合を見ていると雰囲気があるし

甲子園で打てなかった悔しさを

ぶつけてくれていますよね。

昨年は苦手だった左投手から打ったのは

上林選手の今後を考えても

非常に大きい一打となったと思うので、

明日以降も打ち続けてほしいですね。

そして、松田選手がスタメン復帰で

タイムリーを含む3安打2打点と

素晴らしい働きでした。

昨日のスタメン落ちが

いい刺激を与えることができたでしょうから

明日以降も発奮して打ってほしいですね。

守備の面でも難しい打球もありましたが

動きも良かったですね。

松田選手の活躍というのは

まだまだホークスには必要なので

明日以降も頑張ってほしいですね。

明日(6月3日)の予告先発

日曜日はヤフオクドームで13時から

ベイスターズとの3回戦が

予定されています。

ホークスは武田翔太投手

ベイスターズは石田健大投手が予告先発です。

武田投手は2戦連続完封以外は

ピリッとしない投球が続いています。

ただ、試合は作ってきているので

交流戦は武田投手は強いイメージですし、

DeNA相手には完封もしたことがあるので

明日は思い切って投げてほしいです。

ただ、ピンチを作って

それが効率良く得点に繋がってしまうので

ピンチの場面でちゃんと抑えて

試合を作ってほしいですね。

相手の予告先発は石田投手です。

石田投手は昨年の日本シリーズでは

打っています。

今年は1勝4敗と調子が悪いので

打ち崩していきたいですね。

あまり嫌なイメージはないので

早い段階で武田投手を援護して

試合を優位に進めていって

交流戦6連勝といきたいですね。

というわけで、今回は以上になります。

次回は明日の夜にホークスの記事は

更新しますのでお楽しみに!

では☆

PS.次回の試合の記事はこちら。