Translate(翻訳):

【ソフトバンクホークス】上林誠知の3試合連続、松田宣浩の2本のホームランで6連勝!【プロ野球交流戦試合結果(対横浜DeNAベイスターズ3回戦)】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

今回は私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

前回の試合結果と振り返りは

下記から参照してください。

では、さっそく。

試合結果

123456789
D2003000005100
21300010×7130

勝 : 岡本健(1勝0敗0S)

負 : 石田健大(1勝5敗0S)

S : 森唯斗(0勝2敗12S)

【本塁打】

D : 筒香 15号(1回表2ラン)、柴田 2号(4回表ソロ)、神里 3号(4回表2ラン)

ソ : 松田 11号(3回裏ソロ)、上林 6号(3回裏2ラン)、松田 12号(7回裏ソロ)

【投手陣】

D : 石田(2 1/3回)、国吉(2 2/3回)、三嶋(1回)、三上(2回)

ソ : 武田(4回)、岡本(1回)、モイネロ(1回)、二保(2/3回)、嘉弥真(1/3回)、加治屋(1回)、森(1回)

【戦評】

1回表にベイスターズは二死一塁から筒香選手の2ランホームランで2点を先制する。1回裏にホークスは二死一、二塁からデスパイネ選手のタイムリーヒット、二死一、三塁から上林選手のタイムリーヒットで2点を奪い同点に追いつく。3回裏にホークスは一死三塁から西田選手のタイムリーヒットで1点を勝ち越す。3回裏にホークスは無死走者なしから松田選手のソロホームラン、一死一塁から上林選手の2ランホームランで3点を追加する。4回表にベイスターズは一死走者なしから柴田選手のソロホームラン、一死一塁から神里選手の2ランホームランで3点を返す。7回裏にホークスは無死走者なしから松田選手のソロホームランで1点を追加する。ホークスは序盤の6得点、終盤の効果的なホームランで勝利し交流戦6連勝となった。

試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

武田投手は内容は酷いですね。

打線が3回までに6点を挙げて援護したのに

4回5失点ではお話になりません。

筒香選手にビビッて勝負ができてないし

下位打線相手に打たれすぎです。

和田投手の復帰が白紙な今、

武田投手にはしっかり投げてもらわないと

チームとしても困るわけなので、

次回はもっと自分のピッチングを

相手を恐れずにちゃんとしてほしいですね。

岡本投手は四球を出したり

ヒットを1本許しましたけど、

ロペス選手を併殺打に打ち取って

無失点に抑えたのは良かったです。

甲子園での先発登板や

それまでの中継ぎの登板でも

結果を残してくれている投手なので、

このまま好投していってほしいですね。

モイネロ投手は今日は3者凡退で

2つの三振を奪うなどボールを見ても

非常に良かったです。

登板過多で疲れはあるでしょうから

上手く起用していって

モイネロ投手の持ってるボールを

最大限に生かせるようにしてほしいですね。

二保投手は宮崎選手に長打を打たれましたが

筒香選手の打球で素早くサードに送球して

ランナーをタッチアウトにするなど

フィールディングで自分を助けましたね。

二保投手も一時期に比べると、

だいぶ登板数も重ねて

本来のピッチングを徐々に

できるようになってきたので

この投球を続けていってほしいですね。

嘉弥真投手は危ない打球でしたけど

打ち取ってくれたのでOKです。

ただ、かなり危ない球だったので

改めてコントロールは注意してほしいですね。

加治屋投手は完璧な投球でしたね。

ストレートが150km台であのフォークなので

なかなか打てないでしょうね。

昨年までは見られなかったボールを

今年は1軍で見せてくれているので、

岩嵜投手のようになってくれています。

このまま8回のポジションを

ずっと務められるように

安定した投球をしていってほしいですね。

森投手はランナーを許しましたが

無失点で抑えたのは素晴らしいです。

抑えているわけなので

三者凡退はまた次回登板ですね。

野手陣

打線は好調で今日も先に2点を取られましたが

すぐに追いついて勝ち越す辺りは

本当に素晴らしいです。

先発が4回5失点でKOされてるわけなので

本来なら負けてもしょうがないですが、

打線のおかげで助かっています。

上林選手は今日もホームランで

3試合連続ホームランというのは

素晴らしいですね。

甲子園で打てなかった悔しさが

この3連戦でも表れていましたよね。

いずれも左投手からのホームランなので

今年は対左相手にも頼りになります。

左投手が打てるならスタメンを外されないので

このまま打ち続けてほしいですね。

松田選手もスタメンを外されてから

2試合連続猛打賞でホームランも2本と

かなり当たってきています。

バッティングの内容がいいので

本当にいいリフレッシュになりましたね。

甲子園では松田選手も全く打てず

3連勝はしたものの、

投手陣の奮闘があってのでしたけど、

ベイスターズの3連戦は得点5点以上取れて

やはり松田選手が打つと得点力も

アップしますよね。

まだまだ老け込まれては困るので

たくさんの熱男をこれからも

見せていってほしいですね。

西田選手もタイムリーを含む2安打、

今日はノーヒットではありましたが

塚田選手も今週はよく打ってくれたので

非常に内容もある6連勝でしたね。

いい形で次の6連戦も迎えられそうですね。

明後日(6月5日)の予想先発

火曜日は神宮で18時から

スワローズとの1回戦が

予定されています。

ホークスは攝津正投手

スワローズは石川雅規投手が予想先発です。

※違う場合もありますが、ご了承ください。

攝津投手がライオンズ戦以来の先発が

予想されています。

前回はかなりランナーを出しましたが

要所要所を抑えて無失点でした。

前回登板で白星も挙げているので

従来のピッチングを期待したいですね。

相手の予想先発は石川投手です。

石川投手は基本的に2択で

いい時はすごいいいですけど、

悪い時はすごい打てます。

今のホークス打線の状態を考えると、

打てない感じもしないですし

嫌なイメージはないので

早めに得点を挙げて攝津投手を

援護してあげたいですね。

というわけで、今回は以上になります。

次回は明日の夜にホークスの記事は

更新しますのでお楽しみに!

では☆

PS.次回の試合の記事はこちら。