Translate(翻訳):

【ソフトバンクホークス】松坂大輔に完敗。千賀滉大の誤算と中村晃、柳田悠岐にあと一本が出ず3連敗。【プロ野球交流戦試合結果(対中日ドラゴンズ1回戦)】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

今回は私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

前回の試合結果と振り返りは

下記から参照してください。

では、さっそく。

試合結果

123456789
010000300480
01040000×592

勝 : 松坂大輔(3勝3敗0S)

負 : 千賀滉大(4勝2敗0S)

S : 田島慎二(0勝2敗13S)

【本塁打】

ソ :

中 : 高橋 4号(4回裏3ラン)

【投手陣】

ソ : 千賀(4回)、岡本(1回)、二保(1 0/3回)、嘉弥真(1/3回)、加治屋(1/3回)、モイネロ(1回)

中 : 松坂(5回)、又吉(1回)、岩瀬(1/3回)、祖父江(2/3回)、鈴木博(1回)、田島(1回)

【戦評】

2回表にホークスは一死満塁から塚田選手の際のフィルダースチョイスで1点を先制する。2回裏にドラゴンズは無死二塁から福田選手のタイムリーヒットで同点に追いつく。4回裏にドラゴンズは一死一、二塁から高橋選手の3ランホームラン、二死二塁から京田選手のタイムリーヒットで4点を奪って逆転する。7回表にホークスは無死一、二塁から上林選手のタイムリーヒット、一死二、三塁から川島選手の内野ゴロ、二死三塁からデスパイネ選手のタイムリーヒットで3点を返す。千賀投手の5失点が響いてホークスは3連敗となった。

試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

千賀投手は4連勝してはいましたけど

千賀投手の日は打線の援護がありました。

ただ、今年の千賀投手は制球が悪いです。

オフシーズンに横滑りするスライダーを

習得したんですけど、

菅野投手同様に新たな球種を覚えて

ストレートやお化けフォークの精度が

明らかに落ちてきているんですよね。

お化けフォークをあまり使わないんですが

結果としてスライダーを今日のように

完璧に打たれています。

元々カーブを持っている投手なので

スライダーのせいで他の精度が落ちるなら

新しいスライダーは封印してほしいですね。

元々スライダーで被弾は多い投手なので

そこはもう一度見つめてほしいですね。

岡本投手はとりあえず無失点なので

今日は良かったですね。

二保投手は微妙な内容でしたね。

チームが1点差としたところで

ランナーを2人出して降板というのはね。

これでは僅差の場面では

危なっかしいですよね。

バントは素直にやらせとけば

一死二塁にしかならなかったので

無駄な警戒はしないでほしいですね。

嘉弥真投手は大島選手を相手に

よく三振を奪いましたね。

ナイスピッチングでした。

加治屋投手はアルモンテ選手相手でしたが

よく抑えてくれました。

やはりあのストレートとフォークボールは

大きな武器です。

今一番信頼できる投手ですから

この先も頼りにしたいですね。

モイネロ投手は

今日はナイスピッチングでした。

野手陣

まずは今日も甲斐選手のリードですよね。

最初は千賀投手のストレートばかり要求して

痛打されて狙われてると思ったら

今度は変化球ばかりでそれをホームラン、

素人でもわかるような配球をしてますからね。

今シーズンチームが被本塁打が多いのは

甲斐選手のリードが悪いというのは明らかです。

もっとリードの勉強をしてもらわないと

今年は下手したらBクラスもありますからね。

肩や打撃の方では悪くないですが、

肝心のリードが悪すぎて負けてるので

もっとしっかりしてほしいですね。

あとは今日は打線ですよね。

終わってみれば1点差と粘った感じですが

3回までの拙攻が痛いんですよ。

初回の満塁での松田選手の凡退、

一死満塁で中村選手の三振、

二度の得点圏で柳田選手が2三振、

こういうところが今年1点差が弱い原因です。

結局柳田選手が打たなければ

いけない打線では厳しいですね。

あれだけチャンスを潰せば負けるので

取れる得点はもっと必死に取ってほしいですね。

しかし、6連勝の後に3連敗するところが

今年のホークスの弱さですね。

必死さを感じないので

もっと必死に勝ちにいってほしいですね。

明日(6月9日)の予告先発

土曜日はナゴヤドームで14時から

ドラゴンズとの2回戦が

予定されています。

ホークスはバンデンハーク投手

ドラゴンズはガルシア投手が予告先発です。

バンデンハーク投手は防御率は5点台ですが

ここ数試合は内容が良くなってきています。

ストレートの球威はありますし

前回はナックルカーブも決まってました。

広いナゴヤドームでの試合なので

思い切って投げてほしいですね。

相手の予告先発はガルシア投手です。

ここまで防御率は2点台で6勝と

ドラゴンズの勝ち頭です。

サウスポーの外国人投手は

打たせて取るタイプですから

ホークスは苦手なタイプですね。

昨日のブキャナン投手のように

7回くらいまで投げられてしまうと

不利になってしまいますからね。

粘って球数を投げさせて

早めに攻略していきたいですね。

というわけで、今回は以上になります。

次回は明日の夜にホークスの記事は

更新しますのでお楽しみに!

では☆

PS.次回の試合の記事はこちら。