Translate(翻訳):

【ソフトバンクホークス】ガルシアに今季初の完封負け。中村晃と柳田悠岐も元気なく散発3安打で4連敗。【プロ野球交流戦試合結果(対中日ドラゴンズ2回戦)】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

今回は私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

前回の試合結果と振り返りは

下記から参照してください。

では、さっそく。

試合結果

123456789
000000000032
10000101×380

勝 : ガルシア(7勝2敗0S)

負 : バンデンハーク(4勝5敗0S)

【本塁打】

ソ :

中 : 福田 5号(6回裏ソロ)

【投手陣】

ソ : バンデンハーク(6回)、嘉弥真(1/3回)、寺原(2/3回)、二保(1回)

中 : ガルシア(9回)

【戦評】

1回裏に二死二塁からビシエド選手のタイムリーヒットで1点を先制する。6回裏に一死走者なしから福田選手のソロホームランで1点を追加する。8回裏に一死三塁から福田選手の犠牲フライで1点を追加する。ホークスは今季初の完封負けを喫して4連敗となった。

試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

バンデンハーク投手は6回2失点と

試合自体はよく作りました。

ただ、いずれも防げる失点でした。

初回も二死までこぎつけて

不用意にカウントを取りにいって

先制タイムリーですからね。

6回もストレートを真ん中に取りにいって

完璧に打たれてますし。

こういうところが勝てない要因ですね。

試合を作っても流れが良くないので

打線が得点を挙げられないんです。

チームの状況が良くないので

あーいう失点の仕方というのは

避けてもらいたかったんですけどね。

次回登板は頑張ってください。

嘉弥真投手は失策があったので

あれはしょうがないですね。

寺原投手は打たれましたけど

ラッキーでしたね。

次は安打を打たれないように

頑張ってほしいですね。

二保投手は同じことの繰り返しですね。

失点しちゃいけない場面で

簡単に得点を挙げられてますからね。

次回登板は頑張ってほしいですね。

野手陣

今日は打線ですよね。

前にも当ブログでは書きましたけど

中村選手の3番ってやめてほしいんですよね。

いい打者なんですけど、

中村選手が3番にいる時の打線は

とんでもなくひどい時なんですよ。

長打があまりない選手なので

今日のような一死三塁でも内野ゴロとか

ある選手ですからね。

中村選手はどんなに悪くても

下位打線に置いてほしいですね。

ただ、予想通りガルシア投手には

全く手も足も出ませんでしたね。

ここ最近のホークスを見ていれば

あのタイプは打てないというのは

容易に想像できますからね。

明日でDHのない試合はほぼ終わりなので

何とか1勝するために

打線は打ってほしいですね。

明日(6月10日)の予告先発

日曜日はナゴヤドームで14時から

ドラゴンズとの3回戦が

予定されています。

ホークスは中田賢一投手

ドラゴンズは大野雄大投手が予告先発です。

中田投手はかつての本拠地での登板ですね。

ナゴヤドームのことは

よく知っている投手ですから

あまり心配はしていません。

ドラゴンズ相手にも好投はしてますし

四球を少なめに抑えて投げてほしいですね。

相手の予告先発は大野投手です。

ここ数年は苦しんでいる大野投手ですが

ホークスはあまりいいイメージはありません。

私個人としては大野投手には

頑張ってほしいと思っていますが、

ホークスもチーム状況を考えると

打ち崩していかないといけません。

大量失点が今シーズンは目立つので

序盤でボールをじっくり見て

好球必打でやっていきたいですね。

というわけで、今回は以上になります。

次回は明日の夜にホークスの記事は

更新しますのでお楽しみに!

では☆

PS.次回の試合の記事はこちら。