Translate(翻訳):

【ソフトバンクホークス】石川柊太でBクラス(4位)に転落。岡本和真、阿部慎之助、坂本勇人にホームランを浴び鍬原拓也にプロ初勝利を献上。【プロ野球交流戦試合結果(対読売ジャイアンツ(巨人)3回戦)】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

今回は私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

前回の試合結果と振り返りは

下記から参照してください。

では、さっそく。

試合結果

123456789
010202001691
020011000440

勝 : 鍬原拓也(1勝1敗0S)

負 : 石川柊太(7勝3敗0S)

S : カミネロ(1勝0敗10S)

【本塁打】

巨 : 阿部 5号(2回表ソロ)、岡本 12号(4回表2ラン)、坂本 9号(6回表ソロ)

ソ : 松田 14号(2回裏2ラン)、上林 8号(6回裏ソロ)

【投手陣】

巨 : 鍬原(5 2/3回)、澤村(1 1/3回)、マシソン(1回)、カミネロ(1回)

ソ : 石川(6回)、寺原(1 0/3回)、嘉弥真(1/3回)、加治屋(1 1/3回)、二保(1/3回)

【戦評】

2回表にジャイアンツは一死走者なしから阿部選手のソロホームランで1点を先制する。2回裏にホークスは二死一塁から松田選手の2ランホームランで2点を奪って逆転する。4回表にジャイアンツは一死一塁から岡本選手の2ランホームランで2点を奪って逆転する。5回裏にホークスは二死三塁から高田選手のセカンドゴロを吉川選手の失策で1点を奪い同点に追いつく。6回表にジャイアンツは無死走者なしから坂本選手のソロホームラン、一死三塁から岡本選手のタイムリーヒットで2点を奪って勝ち越す。6回裏にホークスは二死走者なしから上林選手のソロホームランで1点を返す。9回表にジャイアンツは一死二塁から坂本選手のタイムリーヒットで1点を追加する。ホークスは先発の石川投手が3本のホームランを浴びるなど5失点で痛い敗戦となった。

試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

今日の石川投手はとにかく制球が

甘すぎましたね。

交流戦最初の試合でタイガース戦こそ

運良く打線の援護があって

勝ち星はつきましたけど、

ここ交流戦前のライオンズ戦から

ずっと勝負所での制球が甘いです。

しかも、それがホームランになってるので

最悪ですよね。

基本的にはストレートとスライダーに

パワーカーブの構成なので、

どうしても三振が奪いにくいので

制球が悪いと苦しいんですよね。

ずっと頑張ってくれてましたけど

石川投手がこの内容では

ホークスはいよいよやばいので、

交流戦明けは修正してほしいですね。

寺原投手は危なかったですけど

今日は反省してもらいたいですね。

四球も出してヒット2本浴びてますからね。

しかも、リクエストをされれば

確実に失点でしたから。

結果的には無失点でしたけど

次回はもっとしっかりしてほしいですね。

嘉弥真投手も同じです。

肩口からのスライダーを

完璧に痛打されましたから。

ホームランにならなくて良かったです。

あの肩口からのスライダーで

今年も手痛い一本を打たれているので、

もっと制球をしっかりしてほしいですね。

加治屋投手も徐々に

失点が目立つようになってきましたね。

今の中継ぎ投手陣ではいいと言っても

経験は皆無な投手ですからね。

疲れが出てきているのか

四球も目立つようになってきました。

打球を足に当てて失点しましたが

それがなかったとしても

タイムリーにはなってたでしょうから

あれはしょうがないですね。

二保投手は打者一人を相手に

ナイスピッチングでした。

野手陣

結果的には石川投手の5失点が

大きく響いてはいますけど、

今日は打線も悪いですよね。

何度か書いてはいますけど、

スタメンを見た瞬間の絶望感ですよ。

何より上位打線がひどすぎます。

城所選手と高田選手の1番2番なんて

首脳陣が本気で勝つつもりがあるのか?

って言われても仕方ないです。

城所選手は選球眼もないし

1番は愚かスタメンで使うのも

私は違うとしか思えません。

それは見てても明らかなのに

それを首脳陣がわかっていないのは

ちょっと理解に苦しみますね。

ベンチの雰囲気も良くないし

明らかに首脳陣との壁があるのも

見ていてわかります。

采配も理解に苦しむのが多いので

選手も困惑することもあるでしょうし。

それではチームは勝てませんからね。

交流戦が終われば内川選手も復帰するでしょうし

厳しい戦いが続きますけど、

明日からのカープ戦はもっと本気で

勝つ野球をしてほしいですね。

まだ6月ではありますけど、

とうとうBクラスの4位に転落したので

ここからズルズルいかないように

もう一度気を引き締めてほしいです。

明日(6月15日)の予告先発

金曜日はヤフオクドームで18時から

カープとの1回戦が

予定されています。

ホークスは千賀滉大投手

カープは大瀬良大地投手が予告先発です。

千賀投手は前回は4回5失点と

精彩を欠いていました。

ここ最近の千賀投手は

スライダーを多投しすぎてるせいか

フォークの落ち具合が悪いです。

フォークが決まらないので

スライダーとストレートだけになり

痛打されている印象なので、

フォークをちゃんと使えるかが

鍵になるでしょうね。

打者を追い込んでからも

フォークをあまり使わないので

それだと投球が厳しくなってしまうので

フォークを上手く使ってほしいですね。

チームは最悪の状況ですし

ここでちゃんとしたピッチングをして

チームを鼓舞してほしいです。

千賀投手という人物については

下記記事を参照してください。

相手の予告先発は大瀬良投手です。

ここまでセリーグトップの9勝と

調子のいい投手ですね。

カープは先発には苦しんでますが、

大瀬良投手は防御率も良くて

ストレートが力強い投手です。

ただ、絶対的な投手ではないので

オーソドックスにストレートを

狙って生きたいところですね。

長いイニングを投げられると

カープペースになってしまうので、

なるべく早くマウンドから降ろして

不安のある中継ぎ投手を

引っ張り出していきたいですね。

というわけで、今回は以上になります。

次回は明日の夜にホークスの記事は

更新しますのでお楽しみに!

私的ホークスの選手名鑑一覧はこちら。

では☆

PS.次回の試合の記事はこちら。