Translate(翻訳):

【ソフトバンクホークス】中田賢一、笠谷俊介、岡本健が大炎上で二桁失点。九里亜蓮にプロ初完投を許して連勝ストップ。【プロ野球交流戦試合結果(対広島東洋カープ3回戦)】

シェアもして頂けると嬉しいです!

スポンサーリンク

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

前回の試合結果と振り返りは

下記から参照してください。

では、さっそく。

スポンサーリンク

試合結果

1 2 3 4 5 6 7 8 9
4 0 0 0 0 8 0 0 1 13 14 0
0 0 0 0 1 0 0 0 3 4 6 0

勝 : 九里亜蓮(2勝2敗0S)

負 : 中田賢一(4勝3敗0S)

【本塁打】

広 : バティスタ 9号(1回裏3ラン)、鈴木 9号(6回表2ラン)

ソ : デスパイネ 15号(5回裏ソロ)、塚田 3号(9回裏ソロ)、デスパイネ 16号(9回裏2ラン)

【投手陣】

広 : 九里(9回)

ソ : 中田(5 1/3回)、笠谷(0/0回)、岡本(2 2/3回)、寺原(1回)

【戦評】

1回表にカープは二死一、二塁から松山選手のタイムリーヒット、二死一、三塁からバティスタ選手のスリーランホームランで4点を先制する。5回裏にホークスは無死走者なしからデスパイネ選手のソロホームランで1点を返す。6回表にカープは無死満塁から野間選手のタイムリーヒット、一死満塁から笠谷投手のワイルドピッチ、一死二、三塁から菊池選手のタイムリーヒット、一死二塁から丸選手のタイムリーヒット、一死一塁から鈴木選手の2ランホームランで8点を追加する。9回表にカープは二死一、二塁から下水流選手のタイムリーヒットで1点を追加する。9回裏にホークスは二死走者なしから塚田選手のソロホームラン、二死一塁からデスパイネ選手の2ランホームランで3点を返す。ホークスは先発中田投手の大炎上が痛く九里投手にプロ初の完投勝利を許し連勝は2で止まった。

試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

中田投手は今日はさっぱりでした。

四球が見事に失点に絡んで

失投も見事に真ん中にいきました。

こういうことがある投手なので

本来は先発の中心というのは

考えづらいところなんですよね。

ただ、他に投手がいないので

切り替えて交流戦明けは

きっちり投げていってほしいですね。

笠谷投手は厳しい場面での

今シーズン初の1軍登板でしたけど、

アウトを一つも取れなかったのは

非常に厳しいですね。

ボールは悪くないんですけど、

決め球不足でしょうね。

チェンジアップとスライダーは

いいモノを持っているので、

あとは制球を磨いてほしいです。

こういう投手が出てこないと

ホークスの未来はないので、

次回登板は頑張ってほしいですね。

岡本投手も流れを止められなかったですね。

こういうところを抑えていかないと

いい場面では投げられない投手なので、

ホームランは避けてほしかったです。

次回登板は頑張ってほしいですね。

寺原投手は今季無失点でしたが

二死から四死球で失点というのは

いただけない内容ですね。

寺原投手も四死球が多いタイプなので

中継ぎではそれは命取りになりますから

次回からは気をつけてほしいですね。

野手陣

まずは今日も甲斐選手のリードですね。

相変わらず見ていて疑問でした。

もちろん中田投手の失投なので

中田投手が悪いんですけど、

なるべく大怪我をしない配球を

捕手はしないといけません。

そういうリードが今年は

全くといっていいくらい見られません。

強肩で貢献はしていますけど、

今年はリードが悪すぎます。

こちらが見ていてもそう思うので

とにかくリードをしっかりして

もっと引っ張ってもらわないと困りますね。

甲斐選手がマスクを被った試合は

5失点以上は当たり前のイメージしか

ありません。

これではキャッチャーにも責任があります。

市川選手がいいリードをして

バンデンハーク投手や攝津投手を

勝ちに導いているわけなので、

そこももっと見習ってほしいですね。

あとは守備で言えば川瀬選手も

やはりまだまだ厳しいですね。

今宮選手クラスとは言わなくても

球際の弱さというのが目立ちました。

記録はヒットではありますけど

2つ捌けるゴロはありました。

これから1軍で経験を積んでいって

慣れていくしかないでしょうから、

いい選手ではありますから

経験を積んで大きく成長してほしいですね。

右投手の時は川島選手を控えにして

上林選手を1番にしますけど、

これはやめてほしいですね。

上林選手1番では打てないので

6番や7番で自由に打たせてほしいです。

その方が打線は絶対に機能しますから。

セカンドの選手を1番固定か

中村選手を1番でセカンドの選手を2番で

固定してほしいですね。

しかし、9回裏の塚田選手のホームラン、

デスパイネ選手の2本のホームランは

良かったですね。

大敗ではありますけど、

デスパイネ選手はこれをきっかけに

調子を上げていってほしいですね。

明後日(6月19日)の予想先発

火曜日は神宮で18時から

スワローズとの3回戦が

予定されています。

ホークスは武田翔太投手

スワローズはブキャナン投手が予想先発です。

※違う場合もありますが、ご了承ください。

武田投手は今回の登板の結果が悪ければ

無期限で2軍降格と言われています。

そんなことにはなってほしくないですが

ここ最近の投球内容を見ると

今回も内容が伴わなければ

しょうがないと思います。

武田投手が降格すると

また先発投手陣が苦しくなるので、

何とか意地を見せて

結果を残してほしいですね。

投手という人物については

下記記事を参照してください。

相手の予想先発はブキャナン投手です。

2度目の対戦となりますが

いい投手であることに変わりはありません。

ただ、絶対に打てない投手ではないし

その時とは打線のメンバーも違います。

交流戦をいい形で終わるためにも

ブキャナン投手を打ち崩して

リーグ戦に戻りたいですね。

というわけで、今回は以上になります。

次回は明日の夜にホークスの記事は

更新しますのでお楽しみに!

私的ホークスの選手名鑑一覧はこちら。

では☆

PS.次回の試合の記事はこちら。