Translate(翻訳):

【ソフトバンクホークス】上林誠知の交流戦単独トップのホームランで逆転勝利!森唯斗が劇場を迎えるも無失点で15セーブ目!【プロ野球交流戦試合結果(対ヤクルトスワローズ3回戦)】

シェアもして頂けると嬉しいです!

スポンサーリンク

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今回は私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

前回の試合結果と振り返りは

下記から参照してください。

では、さっそく。

スポンサーリンク

試合結果

1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 2 1 0 0 0 0 2 0 5 10 2
0 0 0 0 0 4 0 0 0 4 7 0

勝 : 加治屋蓮(2勝0敗0S)

負 : 近藤一樹(1勝3敗1S)

S : 森唯斗(0勝2敗15S)

【本塁打】

ソ : 上林 10号(8回表2ラン)

ヤ :

【投手陣】

ソ : 武田(5回)、寺原(0/0回)、嘉弥真(0/0回)、モイネロ(1回)、加治屋(2回)、森(1回)

ヤ : ブキャナン(6回)、原(2/3回)、中澤(1/3回)、近藤(1回)、風張(1回)

【戦評】

2回表にホークスは一死二、三塁から川瀬選手の2点タイムリーヒットで2点を先制する。3回表にホークス一死二、三塁から柳田選手の内野ゴロで1点を追加する。6回裏にスワローズは無死一、二塁から青木選手のタイムリーヒット、無視一、三塁から川瀬選手のタイムリーエラー、一死二、三塁から畠山選手の2点タイムリーヒットで4点を奪って逆転する。8回表にホークスは二死一塁から上林選手の2ランホームランで逆転する。ホークスは終盤に粘りを見せて二死満塁のピンチを作るも逃げ切って交流戦最後の試合を勝利で飾った。

試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

武田投手は打球を受けたとはいえ

5回で降板したのはきつかったですね。

内容は悪くなかったですし

次もチャンスはあると思いますが、

結果的にはこれが痛かったです。

勝ち星も消されたということで

持ってもいなかったですね。

次投げる時は自力で長いイニングを投げて

勝ち星を挙げてほしいですね。

元はといえば、寺原投手から始まった

スワローズの逆転劇です。

最初の内野安打はまだしも

山田選手への四球はないですよね。

ベテランならベテランらしく

もっと冷静に投げてほしかったです。

次はきっちりとした投球を

してほしいですね。

嘉弥真投手も外一辺倒では

なかなか厳しいですよね。

シュートは持ってるでしょうけど

あまり投げないんですよね。

もっとインコースも使って

外のスライダーを生かしてほしいです。

ただ、インコースに投げると

コントロールミスもあるので

そこが難しいんですよね。

今後はその辺りも課題でしょうね。

モイネロ投手も悪い流れに飲まれましたね。

モイネロ投手は神宮では制球が悪く

あの状況では酷ですよね。

ただ、ワイルドピッチだけは

避けてほしかったです。

次回以降はもう一度

制球に気をつけてほしいですね。

加治屋投手は2イニングでしたけど

よく投げてくれましたね。

チームが逆転してからも

甲斐選手に助けられながら

よく凌いでくれました。

今一番信頼できる中継ぎ投手なので

交流戦明けも頑張ってほしいですね。

森投手は劇場すぎです(苦笑い)

3四球出しても1点差で逃げ切ったのは

良かったですね。

一時は嫌な逆転をされましたけど

森投手が抑えて勝てたので

今日は良しとしましょう。

次回からはまたピシッと頼みます。

野手陣

まずは川瀬選手でしょうね。

2回の粘っての2点タイムリーはお見事でした。

ただ、その2点を消してしまうレベルの

6回のエラーでした。

ライナーの打球を落として

判断ミスをしてしまいましたね。

カープ戦でもミスはありましたけど、

今日もモロに若さが出ました。

今日は普段守っているショートではなく

セカンドというポジションでもありましたが

これは日々勉強でしょうね。

結果的にはチームが逃げ切ったので

いい勉強で戦犯にならずに済みました。

どちらにせろ川瀬選手には

これから経験を積んでもらわなきゃいけないので

どんどん試合に出て経験を積んでほしいですね。

そして、チームと川瀬選手を救ったのは

上林選手でした。

8回に先頭の高田選手が出塁して

内川選手と柳田選手が打ち取られて

打順的にも上林選手のホームランしか

望みはなかったところですからね。

相手の近藤投手の唯一の失投を

一振りで捉えてくれたのは

本当に素晴らしかったです。

これで交流戦単独トップの

7本目のホームランですから、

この交流戦は大活躍でしたね。

上林選手のおかげで

交流戦も最後をいい形で終えられたので

リーグ戦再開後もいい戦いを

期待していきたいですね。

金曜日(6月22日)の予想先発

金曜日はほっと神戸で18時から

バファローズとの10回戦が

予定されています。

ホークスは石川柊太投手

バファローズは西勇輝投手が予想先発です。

※違う場合もありますが、ご了承ください。

22日の試合の展望予想については

明後日21日の記事に書きますね。

明日はホークスの交流戦の全日程が

終了したということで、

2018年のホークスの交流戦の振り返りや

交流戦明けの展望予想をしていきますね。

というわけで、今回は以上になります。

次回は明日の夜に

ホークスの交流戦の振り返り記事を

更新しますのでお楽しみに!

私的ホークスの選手名鑑一覧はこちら。

では☆

PS.次回の記事は下記からどうぞ。