Translate(翻訳):

【ソフトバンクホークス】中村晃の山岡泰輔と近藤大亮からのマルチホームランで交流戦明け初戦を白星で飾る!【プロ野球試合結果(対オリックスバファローズ10回戦)】

シェアもして頂けると嬉しいです!

当サイトの人気記事セレクション

当サイトの人気記事セレクション

今回は私の贔屓チームである

ソフトバンクホークスの試合結果と振り返りを

していきますね。

前回の試合結果と振り返りは

下記から参照してください。

では、さっそく。

試合結果

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
0 1 0 0 2 0 0 0 0 2 5 9 1
0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 3 11 0

勝 : モイネロ(4勝1敗0S)

負 : 近藤大亮(2勝3敗0S)

S : 森唯斗(0勝2敗16S)

【本塁打】

ソ : デスパイネ 17号(2回表ソロ)、中村晃 6号(5回表2ラン)、中村晃 7号(10回表2ラン)

オ :

【投手陣】

ソ : 石川(7回)、加治屋(1回)、モイネロ(1回)、森(1回)

オ : 山岡(6回)、吉田(1回)、山本(1回)、増井(1回)、近藤(1回)

【戦評】

2回表にホークスは無死走者なしからデスパイネ選手のソロホームランで1点を先制する。4回裏にバファローズは無死満塁から西野選手の犠牲フライ、一死一、二塁から内川選手のタイムリーエラー、一死一、三塁から安達選手のタイムリーヒットで3点を奪って逆転する。5回表にホークスは二死二塁で中村晃選手の2ランホームランで同点に追いつく。10回表にホークスは二死一塁から中村晃選手の2ランホームランで2点を勝ち越す。ホークスは中村晃選手のマルチホームランと中継ぎ投手陣の踏ん張りでリーグ戦再開初戦をモノにした。

試合の振り返り

試合の振り返りについては

ホークスの投手陣と野手陣について

それぞれ書いていきますね。

投手陣

石川投手はエラーも絡んで7回3失点でした。

それがなければというところですが

正直内容はそんなに良くなかったと思います。

結構上手く打たれて連打もありましたからね。

交流戦前のライオンズ戦から

あまり内容は良くないというのは

そんなに変わってなかったですね。

今日みたいに1イニングで3点などの

複数点を取られることが多いのが

気になるところですね。

せめて最小失点で抑えてくれれば

自ずと勝ち投手にもなれると思うので、

そこも心がけてほしいです。

オールスターまで残り2試合は

連戦のカードの頭に投げるので、

最小失点で抑えないと厳しいですから

次回は最小失点に抑えるピッチングを

期待したいですね。

加治屋投手は8回の同点の場面での登板と

厳しい状況ではありましたけど

三者凡退とナイスピッチングでした。

登板数はかなり多いですけど、

このまま頑張ってほしいですね。

モイネロ投手はサヨナラのピンチでしたが

よく抑えてくれましたね。

制球だけが不安な投手なので

そこがまとまっていれば

ある程度は抑えてくれますからね。

ナイスピッチングでした。

森投手はランナーは一人出しましたけど

ナイスピッチングでしたね。

野手陣

今日は中村選手に尽きますね。

中村選手が2本のホームランは

私の記憶だと初めてです。

失投を一振りで捕らえてくれたのは

今日の試合では本当に大きかったです。

普段はホームラン打者ではないですが

こういうパンチ力もあるので

やはりランナーいると頼りになります。

明日以降も勝負強い一打を期待ですね。

ただ、今日は3併殺にタイムリーエラーと

まずい内容もたくさんありました。

特に内川選手は今日は負けたら戦犯でした。

復帰して数試合ですけど

守備だけはきっちりやってほしいです。

守備は上手い選手ですから

タイムリーエラーだけはしないように

明日以降は心がけてほしいですね。

明日(6月23日)の予告先発

土曜日はほっと神戸で14時から

バファローズとの11回戦が

予定されています。

ホークスはバンデンハーク投手

バファローズはアルバース投手が予告先発です。

バンデンハーク投手は交流戦で調子を上げて

いい球が行き出しています。

元々バファローズ戦は非常に相性がいいので

無駄な四球だけは気をつけてほしいですね。

普通に投げれば十分抑えられると思いますから。

きっちり試合を作ってもらいたいですね。

バンデンハーク投手という人物については

下記記事を参照してください。

相手の予告先発はアルバース投手です。

今シーズン8勝1敗と非常に素晴らしい

助っ人外国人投手ですね。

高低を使うのが上手な投手で

典型的な打たせて取るタイプです。

左腕投手でチェンジアップが

非常にいい印象があります。

ホークスはあまり好きなタイプではないので

序盤でリズムに乗せたくないですね。

四死球も少なくて制球がいいので

粘って甘い球は確実に捕らえていきたいですね。

というわけで、今回は以上になります。

次回は明日の夜にホークスの記事は

更新しますのでお楽しみに!

私的ホークスの選手名鑑一覧はこちら。

では☆

PS.次回の試合の記事はこちら。